MENUCLOSE

法学部ゼミ紹介(大森ゼミ)

専門演習 民法の財産法と法の適用

コース35 教員:大森 文彦

ゼミの内容

民法の財産法に関する諸問題について、判例の事案を題材にして、原告役、被告役及び裁判官役に分かれ、原告の主張と被告の反論をもとに裁判官役が判断する、という仕組みのもと、三段論法を使って、具体的に法を適用する(事実を規範にあてはめて結論を出す)ことを学びます。
こうしたトレーニングを積むことで、本質的かつ多面的な物の見方、考え方が育成されることを狙いとしています。
なお、本ゼミは、ディベート技術や裁判の勝ち敗けにはこだわっていないことを念のため付言します。

特徴・雰囲気・特別活動等について

本ゼミは、「明るく、楽しく、元気よく」を大切にしていますが、その前提として、ゼミ生同士の信頼関係を大切にし、学年の分け隔てなく、お互いを尊重し合うことを大事にしています。

ゼミの学生に望むこと

ゼミでの勉学を通じて、本質的かつ多面的な物の見方、考え方ができる人材が育ってくれることを目標にしていますので、毎回の課題に対し、真摯に取り組むことを望みます。