MENUCLOSE

法学部ゼミ紹介(早川ゼミ)

専門演習 行政判例研究

コース20 教員:早川 和宏

ゼミの内容

本ゼミでは「自分で読み、調べ、まとめ、報告する」能力を養うことを目的に、『行政判例百選(第7版)Ⅰ・Ⅱ』所収の判例について報告、発表を行っております。
ゼミの進め方は以下の通りです。(2020年度春学期はオンライン上で行っていますので、現在のゼミの内容を掲載します。)

(1) 行政判例百選の中から判例を選ぶ。

(2) 要約されておらず、かつ、評釈等のついていない判決文を読み、事実の概要、第1審判決、第2審判決、最高裁判決及び私見をまとめたレジュメを作成する。

(3) 当該レジュメに基づき、ToyoNet-ACE上で報告する。(第1回報告)

(4) そのレジュメに対する疑問点などの質問を、報告者以外のゼミ生全員が掲示板に書き込む。

(5)先生があげてくださる質問への回答に必要な資料(論文など)を参照し、次週までに、再度レジュメを作成し、ToyoNet-ACE上で報告する。(第2回報告)

 

特徴・雰囲気・特別活動等について

オンラインでのゼミ活動となってはいますが、対面授業とほぼ変わらないことを行っていますので、ゼミの活動の質は落とさずに活動できています。また、先生やゼミ生から出される質問は学問的な内容にとどまらず実務的な質問にまで及ぶため、それらの質問に答えるべく判例研究の報告者は判例や先生があげてくださる文献を徹底して調べ、報告者自身だけではなくゼミ生全員が理解できるように工夫してレジュメを作成しています。それにより、行政法の知識を細かいところまで幅広く得ることができます。また、判例報告後には先生がレジュメについて個別にコメントをくださり、自分自身の判例報告を今後のために振り返ることができます。

そして、特別活動で貴重な体験ができることです。過去には有志を募り釜石市と常総市において公文書に関するボランティアに参加しました(詳しくはこちら)。ほかにも国立公文書館を訪問・見学するなど、公文書管理の研究を専門とされている早川先生ならではの体験をすることができました。

さらに、ゼミ生の意見を活動の中に反映させるという特徴もあります。ゼミ生から出た意見を尊重し、早川ゼミでは不可能と却下するのではなく、どのようにしたら実現することが出来るのかを話し合います。上記の特別活動や見学もゼミ生の意見を取り入れて実現したものが多く、常に新しいことにチャレンジすることができるゼミとなっています。

 

ゼミの学生に望むこと

以上の記述は、現役のゼミ生に書いてもらいました。
本年度は、新型コロナウイルス感染症の関係から、対面でのゼミを行うことができていません。コンパ・合宿・ボランティアなどの課外活動もできず、寂しい限りですが、ウイルスに文句を言ってもどうにもなりませんので、この状況だからできることを工夫し、実施していければと思います。
ゼミは、学問の場であると同時に、自分を成長させる場です。どのような状況にあっても、自分にできる「何か」を探し、やってみる。うまくいかないかもしれないけど、まずはやってみる。ゼミ生には、そんな姿勢を持ってほしいと思っています。