法学部ゼミ紹介(早川ゼミ)

専門演習 行政判例研究

コース20 教員:早川 和宏

ゼミの内容

本ゼミでは「自分で読み、調べ、まとめ、報告する」能力を養うことを目的に、『行政判例百選(第七版)Ⅰ・Ⅱ』所収の判例についての報告、発表を行っています。2022年度は、以下の要領で、基本的に対面でゼミ活動を行なっています。

(1) 『行政判例百選(第7版)I(有斐閣 2017)より判例を選択
(2)
報告者が、要約・評釈のない原文そのままの判決文を読み、事件概要、各判決(第一審・第二審・最高裁判決)及び私見について、Word2枚のレジュメを作成
(3)
1回目の報告
(4)
報告者以外のゼミ生全員が、その事件に対する質問をする
3.4
人のグループに分かれて各グループで質問を出し、「後日回答となった質問又は各々の個人的な疑問点」を授業終了後にToyoNet-ACEに書き込む
(5)
ゼミ生、先生からの質問への回答をまとめたレジュメを次週までに作成し、第2回目報告を行う(回答に必要な資料は基本的に自力で探しますが、相談すれば先生が協力してくださいます。)

 
 

特徴・雰囲気・特別活動等について

本年度は対面形式でのゼミ活動となっており、先生や4年生のフォローにより、初学者も安心して課題に取り組める環境が作れています。判例研究では、先生やゼミ生から学問的・実務的な質問がされ、それらに答えるべく報告者は判例・文献を用いて徹底的に調べ上げます。そして、報告者だけでなく、ほかのゼミ生からも見やすく理解しやすいレジュメ作りに励んでいます。これらの活動を通して、行政法のより細かく幅広い知識を得ることができます。さらに、ただ報告書を作成するだけでなく、報告終了後には先生がレジュメに対して個別にコメントをしてくださいます。そこで今後の報告に向けた振り返りができます。

そして特別活動として、このゼミでしか体験できない貴重な体験ができます。早川先生が公文書管理の研究を専門とされていることもあり、過去には有志による釜石市・常総市における公文書関連のボランティアや国立公文書館に訪問・見学を行いました。また、令和3年度・4年度には、早川ゼミOBの方にお招きいただき、歌舞伎の観劇に有志で行くことができました。早川先生をきっかけに、密にOBの方と繋がれることも早川ゼミの大きな魅力となっています。

さらに、早川ゼミでは、ゼミ生の意見を活動内に反映させるという特徴もあります。ゼミ生から出た意見を尊重し、不可能と却下するのでなく、実現する方法について話し合いを行います。上記の特別活動もゼミ生の意見を取り入れたものの一部であり、常に新しいことにチャレンジすることができるゼミとなっています。

ゼミの雰囲気としては、先生が優しくゼミ生に寄り添ってくださり、ゼミ生も和気あいあいとした雰囲気で楽しくゼミ活動を行っています。授業内で実施しているグループワークも積極的に意見が言いやすい空間です。
昨年度まではコロナウイルスの影響もあり、活動が思うようにできなかったので、今年度はさまざまな活動を企画したいと考えています。
 

ゼミの学生に望むこと

以上の記載は、現役ゼミ生に書いてもらいました。

私は、「ゼミはゼミ生が作るもの」だと考えています。そのため、教員が先頭に立って引っ張っていくことはしていません。相談には乗りますし、考えるためのヒントを与えたり、提案をしたり
することはありますが、最後に決め、動くのはゼミ生です。

そのような教員のスタンスから、「ゼミでこんなことをしてみたい」という気持ちのある学生が集まってくれないと、ツマラナイゼミになってしまいます。
しっかり勉強したい学生さんはもちろんですが、ボランティアや見学会など、ゼミ生発案で色々と動いてみたい学生さんも集ってくれるとオモシロイゼミになると思います。

その他

スクリーンにタイマーが表示されている写真は、グループに分かれて質問を考えているときのものです。毎回15分程度、講義室はこんな風景になります。