卒業要件・修業年限・在学年限

◆◆卒業要件・修業年限・在学年限◆◆

  卒業するには、修業年限 4 年以上在学し、各学科が定めている卒業要件をすべて充足することが必要です。
   在学できる年数は最長で 8 年(休学期間を除く)と定められています。

卒業要件
    1) 修業年限を満たしていること。
    2) 各学科の卒業要件を満たしていること。
    3) 卒業要件に含まれる科目の単位を 124 単位以上修得していること。
    4) 4 年次に卒業単位として認められる科目を各セメスタ 1 単位以上履修していること。

◆◆卒業決定の通知◆◆

   教授会にて学部・学科の卒業要件と照合し、卒業可能かどうかを判定した後、卒業決定者を発表します。
   卒業単位充足者、卒業決定者は、 ToyoNet-G にて発表します。

卒業決定の通知の流れ
~修業年限を満たした学期~
履修した科目の成績評価が完了した後
「卒業単位充足者発表」
卒業要件と照合し、
卒業単位を満たした学生を発表
卒業要件を満たした学生 卒業再試験受験有資格者
卒業要件を満たしていないが、
各学部が定める所定の要件を
満たしている学生
卒業要件、卒業再試験受験資格要件のどちらも満たしていない学生










卒業再試験

卒業要件を満たした学生   卒業要件を満たしていない学生  


教授会での卒業判定の後
「卒業決定者発表」
学位取得(学位記の授与)
原級
卒業要件を満たすまで科目を履修します

学位の授与
   修業年限を満たし、学科ごとに定められている卒業要件をすべて充足することで、次の学位が授与されます。

法学部 第 1 部法律学科
法学部 第 1 部企業法学科 …学士(法学)
法学部 第 2 部法律学科

※ 各学科の卒業要件を必ず確認してください。