<13>教員免許更新制について

   教員免許状には、免許状授与のための所要資格を得て(※)から 10 年後の年度末までの有効期間が付きます。免許状の有効期間を更新するためには、2 年間で 30 時間の免許状更新講習を受講・修了することが必要で、有効期間を更新した場合、次の有効期間は前の有効期間から 10 年後の年度末になります。
   免許状更新制の導入は、教員として必要な知識技能が日々変化するため、その時々で必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身につけてもらうことを目的としています。教職を目指す学生の皆さんは、取得する教員免許状に有効期間が付されることを知っておく必要があります。
   ※「所要資格を得て」…免許状の授与に必要な学位と単位を満たすこと。