MENUCLOSE

生活支援学科教員紹介(吉田 光爾)

氏名
吉田 光爾
Yoshida Koji

自己紹介

 わたしたちの社会で困っている人を助ける仕組みは、「当人が助けを求める」ということが前提になっています。しかし、メンタルヘルスの問題で悩んでいる人たちは、問題の中で苦しんでいたり、社会の偏見を恐れているなど様々な事情で、声をあげられず「助け」を求められないということが知られています。この社会の中では、本当に困っている人たちが、地域や社会の中で、誰にも知られずにひっそりと困窮している、ということがよくあるのです。

そのような人たちに、どのように支援を届けていったらいいでしょうか。私は「アウトリーチ」という手法に着目しています。アウトリーチとは、困っている人の家を訪ねたり、あるいは、困っている人と一緒に活動をすることで、その人たちがより暮らしやすくなるようにする手法です。精神科病院やクリニックで困っている人を待っているだけではなく、オフィスから一歩出て活動をしていくことが、本当に困っている人への助けの1つとなりうると考えています。

 こうしたアウトリーチではどのような支援ができるのか、また、その支援がどのような効果をあげられるのか、それを支えるための必要な制度や政策的な基盤はどのようなものか、などについて活動や、それらを数量的に表現する研究をしています。また、日本の精神保健福祉医療の各自治体の整備状況について閲覧できるデータベース(ReMHRAD: 地域精神保健医療福祉資源データベース:https://remhrad.ncnp.go.jp/)の開発などもしています。

受験生へのメッセージ

 「精神保健福祉士」や「精神障がい」への支援というと、少しイメージがつきにくいかもしれませんが、こころの病気に悩む中で、生きることに戸惑ったり、悩んでいる人に、生活上のサポートをしながら支援していく資格です。受験生の皆さんも持っていてもおかしくない「生きづらいな」という気持ちや、それを乗り越えてきた事柄も、大変役に立つ仕事ではないかと思います。「生きづらさ」をどう支えあいながら生きていけばいいのかを、一緒に勉強していきましょう。

専門分野・研究テーマ

●精神保健医療福祉領域のアウトリーチ支援の評価・分析

    精神保健福祉領域でのアウトリーチ支援(訪問などの活動)を、どのように日本で定着させていけるかについて、研究を進めています。

●精神保健医療福祉領域の「評価」・「見える化」

    見えにくく隠れてしまいやすい精神保健医療福祉領域の活動について、「評価する」「見えるようにする」仕組みを作っています。

主要業績

『訪問による生活訓練事業の進め方 暮らしの中に届ける福祉』品川眞佐子, 吉田光爾, 武田牧子 編著 2012.

Assertive Community Treatmentにおける診療報酬の観点から見た医療経済実態調査研究』吉田光爾, 前田恵子, 泉田信行ら, 臨床精神医学 2012.

重症精神障害者に対する地域精神保健アウトリーチサービスにおける機能分化の検討;Assertive Community Treatmentと訪問看護のサービス比較調査より』吉田光爾, 瀬戸屋雄太郎, 瀬戸屋希ら, 精神障害とリハビリテーション, 2011.

就労における精神障害者の障害の開示状況の実態 ~(社)大阪精神科診療所協会 地域精神保健委員会 就労調査アンケートの結果から~』吉田光爾, 田川精二, 伊藤順一郎ら, 精神障害とリハビリテーション,2007.

公的機関における支援を受けた社会的ひきこもり事例に関する1年間の追跡調査から』 吉田光爾, 小林清香, 伊藤順一郎ら, 精神医学, 2005.

ReMHRAD: 地域精神保健医療福祉資源データベース:https://remhrad.ncnp.go.jp/

研究キーワード

アウトリーチ

精神障害者福祉

Evidenced Based Practice

プログラム評価