生活支援学科教員紹介(岡村 泰敬)

氏名
岡村 泰敬
Okamura Yasuhiro

自己紹介

私は大学卒業後、民間企業に勤めました。職場で仕事と子育てを両立している方々と働いていくうちに、子育てや保育に興味を持ちはじめました。その後、民間企業を退職し、保育に携わるようになり、これまでに保育所での勤務、地域子育て支援の活動、海外での子育て支援ボランティアを行ってきました。海外での子育て支援ボランティアでは、現地の親子と日本で人気のダンスを一緒に踊って楽しんだのが良い思い出です。
これらの経験を経て、現在は保育者養成に携わり、子育て支援に関する研究に取り組んでいます。

受験生へのメッセージ

私は、大学生の時に海外への研修に参加しました。ホームステイ先では、現地の大学生と語り合い、日本について気になっていることなども質問されました。そのときに自分との価値観や考え方、生活状況などの違いを実感し、物事をあらゆる角度から捉えて、探求していくことが重要だと気づきました。この気づきや経験は、今もとても大切にしています。
これからは、みなさんが気になったこと、興味や問題意識を持ったことについて、共に探求し、学ぶことが出来るようにお手伝いできればと思っています。

専門分野・研究テーマ

父親への子育て支援・子育て支援

主要業績

  • 『多文化理解・国際理解への学び  多様性の尊重を目指して』 共著 大学図書出版 2019年
  • 『海外研修ハンドブック』 共著 大学図書出版 2020年

研究キーワード

父親,子育て支援,保育,保育者