MENUCLOSE

東洋大学で介護福祉士になろう

1 東洋大学に介護福祉士になれるコースがあることを知っていますか?

東洋大学で介護福祉士になることができるのは、朝霞キャンパスの、生活支援学科、生活支援学専攻だけです。東洋大学ライフデザイン学部(朝霞キャンパス)生活支援学科生活支援学専攻には、大学教育として介護福祉士を養成する特別コース(定員40名)があります。生活支援学専攻に入学した学生の中から、1年次の4月「介護福祉士コース」所属を決めることになります。介護福祉士になるための履修カリキュラムを学び、卒業時に国家資格「介護福祉士」受験資格を得て、介護福祉士国家試験を受験し、合格すると、「介護福祉士」になります。

2 介護福祉士コースに所属すると、将来は介護職に限定されるのか?

福祉に興味がある学生、介護福祉士になって介護の仕事をやりたい、という人にはもちろん、最高の道です。でも、介護福祉士を学ぶこと=介護職になるという限定で考える必要はありません。日本の高齢化率は世界トップです。介護のことをよくわかる人材、認知症や障害を持つ人のニーズ把握ができる人材、は、どの業界でも求められています。介護実習で、コミュニケーション力が格段とアップします。あなたの就職の幅が広がります。

3 どうやって、介護福祉士コースに所属するのですか?

 入学後、説明会を行います。介護福祉士コース希望登録票を出した人に面接を行います。1年次の最初だけが介護福祉士コース所属のチャンスです。途中で介護福祉士コースを辞めることはできますが、途中から入ることはできません。(厚生労働省の決まりごとのため)介護福祉士を受験できる生活支援学専攻に入学したら、人生のチャンスと思い、介護福祉士コースに所属をおすすめします。

4 社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士 の国家資格をいくつまで取得できますか?

介護福祉士コースでは、介護福祉士だけをめざす人もいますが、介護福祉士と社会福祉士の2つの国家資格取得をすすめ、めざせるように応援しています。
介護福祉士と精神保健福祉士のダブル資格はとれません。大学に入学したからには、国家資格取得をめざしましょう。例年、介護福祉士コース学生の社会福祉士の国家試験合格率は50%を超えています。(全国平均は約30%)

5 大学で介護福祉士になるとは?

大学で基本から幅広く学べることが、あなたの将来の基盤を作ります。日本には68の介護福祉士養成を行う大学があります。東洋大学は大学で介護福祉士を学ぶことの意味を社会に投げかけ、介護福祉士養成大学連絡協議会の創立メンバー大学の一つです。

介護福祉士になるには、学校現場経験3年と実務者研修(450時間)を経て国家試験受験資格を得るルートと、介護福祉士養成施設(学校)で学んで国家試験を受けるルート、高校福祉で受験資格を得るルートがあります。現場経験者はそこで実際に行われている介護はよく知っていますが、現場にないことは学べません。専門知識を積み上げるには相当の自助努力が必要となります。

4年制大学では、基礎から、丁寧に、系統立てた学びを知識や技術を積み上げていく教育を受けることができます。教科書に載っていない新しい介護の知識や技術についても、教科書をつくっていく立場にある大学教員から最先端を学ぶことができます。現場で行われていることがすべてではなく、あるべき介護の姿を描くことができるようになります。

時間的猶予があることも大きいです。大学は4年間で、積み上げながら学ぶことができます。また、総合大学には多様な科目があり、それぞれの専門分野を持つ教員がそろっています。大学生としての幅広い教養、自分の裾野を広く持つことで、その上に自分の夢を形にする力を重ねていくことができるでしょう。

6 介護福祉士コースの教育内容PR

小人数です。1年生から仲良くなって勉強も実習もいっしょに行います。絆が深まり、ともに頑張れる仲間ができます。教員との距離が近いです。大学の授業で、手話や点字も学べます。(ある学生の体験ですが、アルバイト先のレストランに聴覚障害の方が来店し、手話で対応できたので、店長に驚かれ、ほめられたそうです。)料理や家事についても、基本から学べます。食中毒を起こさないための衛生、お弁当づくり、しみの抜き方、ミシンの使い方や裁縫、昔のか活を知ってどんな生活をしていたか、はたきの使い方、なども学びます。

介護技術は基本から、介護実習室で、丁寧に、くりかえし、やりながら、学びます。教科書にかいてない、最新の技術、例えば体を抱えずに移動するための道具の使い方、なども学びます。

7 介護実習

介護実習は、1年次から4年次まで、4つの実習が60日間プログラムされています。東洋大学の介護実習は、夏休みや春休みにはありません。授業期間中に、実習が行えるようになっています。実習施設を豊富に確保しています。1年次では小規模多機能型居宅介護に行き、認知症の人のグループまたは、デイサービスで実習します。2年次は老人ホームで実習します。3年次は障害者施設で実習します。4年次は在宅実習を行ないます。すべての学生が、5種類の実習先に行くことになります。これだけ多くの実習種別を確保し、全学生が異なる実習を行なうことができるのは、他にない強みです。(別途、ほとんどの介護福祉士コース学生は社会福祉士実習を24日間行います。)

8 就職先

東洋大学の介護福祉士コースでは過去5期生が卒業しました。就職先は、介護職として福祉施設や在宅事業所や福祉機器などが多いですが、それだけではありません。介護の知識と技術をもった、介護を必要とする人と通じることばを持った人材は、どの業界でも求められています。

介護の知識を持つホテルマンとして、一流ホテルに採用された人もいます。服飾の販売でも、お客様の要望ニーズを聞いて対応する会話力に、介護実習で培ったコミュニケーションが役立ったということです。大学卒業後大学院に進学し高齢者や障害者などパソコン使用が不便な人でも使いやすいデザイン、を考えるITデザイナーの仕事をしている人もいます。住宅メーカーに採用される人もいますし、介護を必要とする人向けの住宅市場が広がり、介護知識のある人材が求められています。

9 キャリアアップ

介護福祉士として、または、社会福祉士として5年間の経験を経ると、ケアマネージャーになる道が開かれます。大学卒業の介護福祉士の多くは、3年から5年経つと、サブリーダーになったり、指導員職に配属異動になることが多いです。実習指導者として、後輩の実習担当を担う人もいます。介護事業所を立ち上げ運営管理することも夢ではありません。

大学院に戻ってくる道もあります。介護の教員になるには、介護福祉士としての5年間の経験が必須です。朝霞キャンアスには大学院があります。現場経験を経て、大学院に戻ってきてください。介護の教員・研究者となり、次の介護を担っていく、次世代を育成する道をめざしてください。

あなたの将来のために、そのための第一歩を、介護福祉士コースではじめましょう。