1. 東洋大学TOP
  2. 教育
  3. 学部・学科
  4. ライフデザイン学部
  5. ライフデザイン学部教育研究上の目的

ライフデザイン学部教育研究上の目的

ライフデザイン学部

1.人材の養成に関する目的

(1)人間の生活を総合的に捉え、幅広い人間価値の受容と個人や社会のニーズに的確に応えられる人材
(2)専門分野のみならず、多方面にわたる分野の関係性とその必要性を理解できる人材
(3)専門的な職業観に基づく柔軟かつ的確な実践対応能力を発揮できる人材
(4)新たなライフスタイルの創造を志向できる人材
(5)国際的視点で判断し、表現し、コミュニケーションできる人材

2.学生に修得させるべき能力等の教育目標

(1)問題探求能力と課題の抽出及び提案能力
(2)課題解決のための目標と解決までの作業プロセスを的確に企画し開示できる能力
(3)他者とのコミュニケーションの必要性を理解し実行できる能力
(4)参加者の規模にかかわらず、異なる思考をもつ多様な人々との対話を重視できる能力
(5)失敗を恐れず継続的改善を目指して自己を検証できる能力
(6)母国語以外の国際的言語によるコミュニケーション能力

3.その他の教育研究上の目的

学生、教職員が一体となり、共に物事を探求し、具体的に表現できる教育研究体制の確立

 

卒業の認定及び学位授与、教育課程の編成及び実施並びに入学者の受入れに関する方針

1.卒業の認定及び学位授与に関する方針

学部の教育課程に定められた科目を履修し、本規程に定める卒業要件を満たした、以下の能力を備えた学生に対して、卒業を認定し、学位を授与します。
(1)人権を尊重する倫理観を身につけ、社会貢献を行う高い意欲を有する人材。
(2)系統的な知識と実践力を備えた専門家となりうる人材。
(3)社会的支援が必要な人を含むすべての人びとの豊かな生活を支援できる人材。
(4)分析力、発想力、創造力、コミュニケーション力、そして実践力を磨き、社会で求められる指導力を身につけ、社会のさまざまな分野でイノベーションの起点となる人材。

2.教育課程の編成及び実施に関する方針

「教育目標」、「ディプロマ・ポリシー」を踏まえて、専門的な知識及び技術をもって教育を行います。
また、正課内および正課外授業によって、学士および社会人として身につけるべき能力を培います。

1.教育課程編成の体系化
(1)学部共通の必修科目を設定して、学部の教育内容を明解にする。
(2)基礎的な学力と豊かな教養を身につけるための基盤教育科目を配置する。
(3)幅広い知識の修得を踏まえ、各学科・専攻における特色を生かした専門分野やコースを設定する。
(4)実社会への適応力を養うため、諸資格取得に対応した教育課程の編成および実践的な科目を配置する。
(5)実践的力量形成が求められる分野・領域については演習科目を、技術修得が必要な分野・領域については実習・実技科目を、適宜配置する。
(6)キャリア形成を支援するため、社会人基礎科目を配置する。
(7)グローバルに活躍できる人材を育成するために、留学支援科目と海外実習科目を配置する。
2.教育方法、教育充実の取り組み
(1)学部・学科の専門領域の学修を教員と学生とが一体となって行ない、その成果を積極的に社会に還元する。
(2)アクティブラーニング等の参加・問題解決型授業を展開して、学生の自立性や創造性を培う教育を実践する。
(3)学科・専攻の専門領域の学修とともに、他学科・専攻への理解を持ち、広い視野と高い見識を有することができる教育を行う。
(4)実習・実技を踏まえた、資格養成等の実践的な教育を行う。
(5)実社会への適応力を養うため、インターンシップ等の社会と直結した教育方法を積極的に取り入れる。

3.入学者の受入れに関する方針

「人材の養成に関する目的」、「教育目標」を踏まえて、専門性を修得する意欲、資質など、求める人材像等本学部の学生受け入れの基本方針を明示します。
(1)現代人にとっての価値あるライフ(生命、生活、人生)を探求するために、生活・健康・環境に軸足を据えて理論と実践をバランスよく学び、人間の豊かな生活の創造を目指す学生。
(2)専門的であり、実践的な教育を求める学生。
(3)人びとの暮らしをより豊かにするための基本的な考え方や技術を学び、社会に貢献したいという目標を持った学生。

 

ライフデザイン学部生活支援学科生活支援学専攻

1.人材の養成に関する目的

生活支援学専攻では、社会福祉学を基礎とし、介護福祉、精神保健福祉、医療福祉などの関係分野に関する専門的知識や実践的技術を培い、高い見識をもって、相談やケアを必要とする人々の支援に携わる人材とともに、少子高齢化、グローバル化など、社会経済の構造変化が急速に進んでいる国内外の幅広い分野において活躍し、やがてはそれぞれの分野において指導的立場を担える人材を養成することを目指している。

2.学生に修得させるべき能力等の教育目標

生活支援学専攻では、ライフデザイン学という新しい学問体系の中で、さまざまな人々のそれぞれのライフステージにおいて見出される生活支援に関する課題の解決に向け、課題を個人、家庭、行政など異なる水準において系統的、論理的に整理し、自ら考え、対処の方向を見出し、関係者と連携して、行動することができる能力を培うことを教育上の目標とする。

3.その他の教育研究上の目的

ライフデザイン学部の他の2学科の教育とも相俟って、自らの専門領域にとどまらず、現代社会の諸事象を深く理解し、信念と社会の一員としての自覚をもって行動できる人材を養成する。

 

卒業の認定及び学位授与、教育課程の編成及び実施並びに入学者の受入れに関する方針

1.卒業の認定及び学位授与に関する方針

生活支援学専攻は、地域共生社会実現の観点から、様々な生活問題を解決しコミュニティづくりを主導する福祉系専門職や国内外の多種多様な課題に対峙できる人材を育成するという教育目標のもとに、次の基準を満たす学生に卒業を認定し学位を授与します。
(1)知識・理解
相談やケアを必要とする人々の支援、コミュニティづくり、社会資源の調整・開発などの社会福祉学に関する体系的知識を修得している。
(2)思考・判断
様々な生活問題への鋭敏な感受性と深い洞察力を有し、課題解決に向けた支援の方策を検討することができる。
(3)関心・意欲
少子高齢化やグローバル化により複雑化する社会構造の中で、リーダーシップをとる自覚を持ち、課題の解決に積極的に取り組む意欲を有している。
(4)態度
ソーシャルワークの根源的思想に基づいて、人権と個人の尊厳を守る倫理観を有し、自らがたてた課題に向けて努力することができる。
(5)技能・表現
多様な社会問題の解決に資する論理的思考力と、グローバル社会で協働していくことのできるコミュニケーション能力を有している。

2.教育課程の編成及び実施に関する方針

生活支援学専攻では、地域共生社会の実現に貢献するという教育目標およびディプロマ・ポリシーに求める学修成果の修得を実現するため、以下の方針でカリキュラム(教育課程)を編成します。
(1)社会福祉学、ソーシャルワーク、ケアワークなどの学問領域を主軸に置き、専門性を高めるよう「社会福祉政策系」「福祉社会開発系」「福祉臨床系」といった3つの系(コース)を編成し、基盤教育の履修により、地域共生社会の実現に関連する幅広い知識を修得することができるよう編成します。
(2)外国語コミュニケーション能力の習得を目指し、英語については英語習熟度別クラスを編成し英語コミュニケーション能力の養成を目指すだけでなく、アカデミックスキル育成のための英語選択科目を配置し、英語による専門教育を実施します。
(3)1年次よりゼミナール科目を配置し、学問分野における基礎的な学習方法を理解させるとともに、2年次には、3つの系を設定し、さらには、3年次以降では、各系をそれぞれの分野に分けて、理論的、実践的課題について発展的な学修ができるように科目を配置します。
(4)「洞察力」「実践力」といった現場実践能力を高度に修得するよう、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士の国家資格の取得や医療福祉へも対応する科目を、学生の興味関心に応じて複数資格の履修も可能となるように配置します。
(5)自らの問題意識で物事を解明する力を身につけるために、「卒業論文」の執筆を推奨します。

3.入学者の受入れに関する方針

生活支援学専攻では、学士課程教育を行うにあたり、次のような学生を受け入れることとします。
(1)現代社会が直面する課題の解決に自ら取り組もうとする主体性と学習意欲をもつ学生。
(2)人間と社会について深い洞察力を持ち、思考力と表現力に富む学生。
(3)人間の成長・発達に深い関心を持ち、すべての人々を包摂する実践を通して地域共生社会の実現に貢献する意欲のある学生。

 

<入学までに修得すべき学習等への取り組み>
社会福祉の専門性を身につけようと志望する者として、特に次の4点について常に意識的に学習することを求めます。
(1)社会福祉の専門性は、広範な知識と教養、人間性によって裏打ちされるものであるため、机上の学習だけでなく、社会的活動、文化・芸術活動などにも自主的に取り組むこと。
(2)多様な考え方や意見に対して、一定の距離を置くスタンスを身につけるため、論説文などの論理的文章を十分に理解し、自らの考えを論理的に表現できるスキルの習得を目指すこと。
(3)現代社会における政治・経済など、地球規模の社会諸事象について、歴史的観点を含めて、関心を持ち、基礎的知識を獲得しておくこと。
(4)グローバルな支援活動も視野に収めることを踏まえ、外国語や外国文化に興味・関心を持ち、外国語を用いた積極的なコミュニケーション能力の向上に努めること。

 

ライフデザイン学部生活支援学科子ども支援学専攻

1.人材の養成に関する目的

子ども支援学専攻では、子どもと保護者を支援するための専門的知識や技術の習得を基本とし、グローバルな視点を持ちながら地域社会の保育・幼児教育・子ども家庭福祉をリードしていく人材を養成することを目的とする。合わせて多文化共生保育・教育に関わる理解と実践力、保育等の質向上に向けた情報機器活用能力を備えた人材を養成することを目的とする。
専門職の資格としては、幼稚園教諭1種免許状、保育士資格を得ることができる。希望者は、社会福祉士国家試験受験資格も得ることができる。

2.学生に修得させるべき能力等の教育目標

子ども支援学専攻では、保育、幼児教育、子ども家庭福祉などの分野に関する高い専門的知識を学び、子どもを支援するために必要な具体的な技術の修得と関連づけていくことのできる能力を養うことを目標とする。そして、さまざまな分野において課題に直面した際に、自らで考えてそれらの課題を解決していける能力を培うことを教育の目標とする。

3.その他の教育研究上の目的

子ども支援学専攻で養成する人材は、その専門性から、子どものみならず、子育てをしている保護者を支援する力量も必要とされている。そのためには、さらに、社会的に広い知識と、人間への尊敬を基本とする深い思慮が必要であり、それらの育成も目的とする。

 

卒業の認定及び学位授与、教育課程の編成及び実施並びに入学者の受入れに関する方針

1.卒業の認定及び学位授与に関する方針

子ども支援学専攻では、子どもと保護者を支援するための専門的知識や技術の習得を基本として、グローバルな視点を持ちながら地域社会の保育・幼児教育・子ども家庭福祉をリードしていく力の習得、合わせて多文化共生保育・教育に関わる理解と実践力、保育等の質向上に向けた情報機器活用能力の習得を教育目標として、以下の要件を満たす学生に対して学位を授与します。
(1)知識・理解
保育学、幼児教育学、子ども家庭福祉学に関する基礎的知識を体系的に習得していること。
(2)問題解決能力・協同性
保育・幼児教育・子ども家庭福祉の課題に対する科学的探究心を持ち、他者と協同しながら主体的に問題を解決する能力を身につけていること。
(3)子どもの人権、主体性
子どもの人権や主体性を尊重し、多様な育ちや幸福を支えていくための倫理観を基盤とした保育・教育を行う姿勢と技能を身につけていること。
(4)多文化共生理解
多様な価値観や文化への関わりを通して、ローカル及びグローバルな視点から保育・幼児教育・子ども家庭福祉における多文化共生の意義や方法を理解していること。
(5)ICT活用能力
保育・幼児教育・子ども家庭福祉の質の向上に向け、ICTを活用して情報を共有、管理、分析する能力を身につけていること。
(6)幅広い教養
多角的な視野から幅広い教養を身につけ、さまざまな知見を活用・統合する能力を身につけていること。

2.教育課程の編成及び実施に関する方針

(1)基礎的な学力と豊かな教養を身につけるための基盤教育科目を配置する。
(2)さまざまな子どもや保護者を支援する力を備えるための専門科目を配置する。保育士・幼稚園教諭の資格取得に必要な専門科目を配置する。保育士・幼稚園教諭の資格取得に必要な専門科目を必修・選択として設定し、学びの系統性に配慮しながら順次履修できるよう配置する。
(3)諸資格取得のための学外実習は、実習毎に事前・事後学習を徹底し、専門科目との関連に配慮して教育課程を編成する。
(4)子ども支援学専攻に関連する今日的課題を主体的に見出し、問題解決能力の育成を図るために1年次から4年次のゼミナール配置を行う。
(5)幼稚園教諭1種免許・保育士資格取得のみならず、社会福祉士受験資格取得が可能なカリキュラムを編成し、高度なソーシャルワーク技能を併せ持つ人材育成をはかる。
(6)グローバルに活躍できる人材を育成するために語学・文化教育にも力を入れ、海外研修に関する科目を設定する。
(7)多文化共生社会を実現する力を持った人材養成を目指し、1年次から継続的なカリキュラムを編成する。
(8)保育・幼児教育・子ども家庭福祉の分野におけるICT活用能力の習得を目指し、実践的な学びを実現する科目配置を行う。

3.入学者の受入れに関する方針

以下のような点を入学者の条件として求めます。
(1)子どもの成長発達や保育・教育の問題に深い関心を持ち、それを学ぼうとする知的好奇心と強い意志があること。
(2)入学後の修学に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有していること。
(3)対人援助専門職者は援助の過程で他者との連携が求められる。よって、積極的に他者とかかわり、対話を成立させ、対話を通して相互理解に努めようとする態度を有していること。

 

ライフデザイン学部健康スポーツ学科

1.人材の養成に関する目的

少子・高齢化社会、福祉社会に生きる現代人の「生活の質(Quality of Life)」の向上を目指し、身体活動やスポーツの機能的、社会・文化的側面に関する教育研究を行う。健康、身体、福祉に関する幅広い知識や技術の修得を通して、子どもから高齢者、障がい者の健康の維持・増進の支援に寄与できる人材を育成する。

2.学生に修得させるべき能力等の教育目標

理論と実践を有機的に連携させた健康やスポーツに関わる知見を総合的かつ系統的に教授することにより、健康に関わる幅広い理論的根拠や実践的能力を身に付け、子どもから高齢者、障がい者の身体活動能力の確保や健康の維持増進を実現する能力、各種施設や地域社会において健康づくりをマネージメント、プロモートする管理能力などを修得させる。

3.その他の教育研究上の目的

ライフデザイン学部の他学科の教育を横断的に組み合わせることにより、既存のスポーツ指導者に「福祉」、「保育」、「まちづくり」などの概念を加えた新しい健康スポーツ人材の育成を目指す。

 

卒業の認定及び学位授与、教育課程の編成及び実施並びに入学者の受入れに関する方針

1.卒業の認定及び学位授与に関する方針

健康スポーツ学科の教育課程に定められた科目を履修し、本学学則に定める卒業要件を満たした以下の能力を備えた学生に対して、卒業を認定し、学位を授与します。
(1)健康や身体活動、スポーツに関する正しい知識のうえに思考判断できる。
(2)健康づくりの専門家として指導力、実践力を有し社会貢献できる。
(3)全てのライフステージや生活状況にある人々を理解して健康づくりを支援する意欲がある。
(4)文化・社会と自然に関する学術的・実践的な基本知識を身につけ、世界の多様性を尊重し、異文化・多文化を理解する態度を身につけている。
(5)社会のグローバル化に向けた、ICTスキル、言語運用能力、コミュニケーション力、論理的思考力からなる汎用的技能を身に付けている。
(6)身体活動、スポーツに携わる(「する」、「みる」、「ささえる」)専門家として、健康科学、スポーツ科学、身体教育学に関連する基本知識を体系的に身につけている。
(7)身体活動、スポーツに関する基本知識のうえにすべてのライフステージや生活状況にある人々の健康課題やスポーツに携わるための専門知識を身につけている。
(8)上記の基本知識、専門知識をもとに主体的に課題を把握し、課題の解決策を見つけ、他者と協働してそれを実行し、解決することができる。

2.教育課程の編成及び実施に関する方針

健康スポーツ学科では身体活動やスポーツを通じて人々の健康づくりに貢献できる人材を育成するために、以下のカリキュラムポリシーに従い教育内容を構成しています。
(1)身体活動やスポーツを通じた健康づくりを企画し実践できる専門家として必要な科目を必修として設定する。
(2)指導力、実践力を養成するために講義と演習または実習を組み合わせて設定する。
(3)社会貢献の基盤づくりのため、ボランティア、フィールドワーク、インターンシップなどアクティブラーニング科目を設定する。
(4)全てのライフステージや生活状況にある人々の健康づくりを実践できるよう専門性に応じた5つのコース制(ヘルスプロモーション・スポーツサイエンス・グローバルスポーツ・ユニバーサルスポーツ・アスリートサポート)を取り入れ、対象者別の幅の広い専門科目を設定する。
(5)グローバルに活躍する発想を持つ人材を育成するため、海外の健康やスポーツを実践的に学ぶ科目を設定する。

3.入学者の受入れに関する方針

健康スポーツ学科では乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層かつ健常者から障がい者まで様々な人々を対象とした健康づくりに貢献できる人材を育成するために、以下のようなことを考え、実行できる学生を受け入れます。
(1)身体活動やスポーツを通じた健康づくりを熟知し、世の中に広めていく意欲をもっている。
(2)人に対する愛情と関心を持ち、コミュニケーション能力をそなえている。
(3)全てのライフステージや生活状況にある人々に対する関心や理解をもっている。
(4)健康スポーツ学を学ぶための充分な基礎的学力を有する。

 

ライフデザイン学部人間環境デザイン学科

1.人材の養成に関する目的

ユニバーサルデザインの考え方を根底にした教育研究を行い、建築、まちづくりからプロダクトデザイン、生活支援機器デザインに至る知識、技術の修得を通じて「幅広い分野の知識を持ったデザイナー」「多様なデザインの企画及び運営に関わる人材」「デザイナーと使用者双方の支援者もしくは理解者」として、次代の社会的役割を担うことの出来る人材を育成する。

2.学生に修得させるべき能力等の教育目標

講義と演習を通した教育により、理論を理解した上で実践に反映できる力、さまざまな考え方をつなぐことができるコミュニケーション力を修得させる。
1~2年次では基礎力の養成のため、デザインに関する幅広い知識を得るとともに、スケッチ、モックアップ、模型、CAD、CG等の制作を通して、デザイン及びそのプレゼンテーション等に関わる基本的な技術を身につける。
3~4年次はコース別カリキュラムに分かれて、それぞれの分野の専門知識・技術を修得する。

3.その他の教育研究上の目的

人間環境デザインに関わるあらゆる可能性を探求する。
ユニバーサルデザインの考え方を背景として、地域・関連分野の諸施設・他大学等との共同研究を積極的に進めると共に、建築・まちづくり・生活支援機器・住宅改善・プロダクト・インタラクション等に関する教育研究を通して社会に貢献する。
また、インターンシップを活用した、より実践的、実務的な教育を進める。

 

卒業の認定及び学位授与、教育課程の編成及び実施並びに入学者の受入れに関する方針

1.卒業の認定及び学位授与に関する方針

人間環境デザイン学科では、身の回りの製品のデザインから、私たちの暮らしの基盤となるまちづくりまでの幅広い分野を対象に、当学科で得た知識や能力を生かして、私たちを取り巻く環境をより良いものに変えていくという意欲を持った、以下のような能力を備えた学生に対して卒業を認定し、学位を授けます。
(1)知識の修得
デザインや構想に関する広範かつ専門的な知識を修得した学生。
(2)デザインに関わる技術の修得
デザインや構想を表現する具体的な技術や方法を修得した学生。
(3)発想力の獲得
デザインや構想に関する着想を発見し、それを形にする能力を獲得した学生。
(4)コミュニケーション能力の修得
デザインや構想を検討する際に他者と議論を交わしたり、あるいは自分のデザイン(や構想)を伝えるためのコミュニケーション能力を修得した学生。
(5)表現力の獲得
デザインや構想を精度の高い作品として表現したり、プレゼンテーションする能力を獲得した学生。
(6)哲学の確立
社会情勢や地球環境を理解し、デザイナーとしての哲学をもって社会と関わる能力を獲得した学生。

2.教育課程の編成及び実施に関する方針

人間環境デザイン学科では4年間を通して以下の3点を重視したカリキュラム構成とします。
1.デザイン演習を主軸とした基礎の徹底から専門への展開
2.モノとコトのデザインスキルの修得
3.理論(講義)と実践(演習)を関連付けた学修内容の深化
各学年での学修段階については以下のように設定する。
(1)1年次は、モノとコトのデザインをするために必要となる基礎知識・スキルを、講義・演習を通じて徹底して学ぶ。
(2)2年次は、講義を通じてより幅広いデザイン対象(プロダクト、生活支援機器から建築・都市まで)の基礎知識を深めると共に、1年次に学んだデザインの基礎スキルをもとにしたデザイン手法を修得する。
(3)3年次以降は、より専門的な知識と実践的な技術を学ぶ。学生の希望を尊重しつつ、設定された三つのコース、空間デザインコース(※1)、生活環境デザインコース(※2)、プロダクトデザインコース(※3)の各分野で、より高度なデザイン表現と、その背後にある理念や知識について学ぶ。
(4)3年生秋学期からプレゼミに所属し、4年生春学期から研究室に配属することで、さらに高度なレベルの学びを深める。

 

(※1)空間デザインコース:私たちを取り巻く環境を建築やまちという視点で考えるコースである。建築意匠、建築計画、建築構法など建物のデザイン、さらには都市計画、まちづくり、バリアフリーなど、人々を取り巻くすべての生活空間にまで視野を広げて、豊かな暮らしの環境を考えていく。
(※2)生活環境デザインコース:私たちを取り巻く環境をさまざまな人の暮らしという視点で考えるコースである。住居学、福祉住環境計画、子ども環境、障害のある方のための道具のデザインなど、利用者の参加による使い手の顔が見える人間中心設計や、ユニバーサルデザインによる、生活者の視点に立ったデザインを学ぶ。
(※3)プロダクトデザインコース:私たちを取り巻く環境を製品や情報という視点で考えるコースである。製品のデザイン、情報デザイン、メカトロニクスなど広い分野にわたって、「モノ」や「コト」のデザインから人々の暮らしを考えていく。

3.入学者の受入れに関する方針

人間環境デザイン学科は、人間を取り巻く環境を「デザイン」という視点から学びを深める学科である。
デザインに関わる分野は幅広く多様な人材が参加している世界であり、知識と意志があれば、誰でもデザインの世界の中で活動できる可能性がある。
特に、これからの社会ではモノを生み出す行為と共に、コトを創り出す能力も求められ、モノ・コトのデザインは人の暮らしを取り巻く環境のすべてに影響を及ぼす行為だと柔軟に理解した上で、
(1)自分の可能性を信じ、探求する意欲を持つ学生
(2)自分のデザイン能力を磨こうとする意欲のある学生
(3)問題の本質を探り、柔軟な解決方法を発想しようとする熱意をもった学生
を受け入れる。