ライフデザイン学部 人間環境デザイン学科

教育目標


建築、生活機器、プロダクト。生活に関わる、あらゆる環境におけるユニバーサルデザインについて、ものづくりを通じて学びます。デザインの知識や技術を身につけるとともに、「すべての人に使いやすい環境」をデザインするため、人の営みを総合的に考える視点を養います。


概要


「人間環境デザイン学」とは、人と生活に関わる環境について、誰にでも使いやすいデザインを追求する学問です。快適な暮らしをつくるデザインの本質を学び、建築やまちづくり、高齢者や障害者のためのデザイン、より快適な生活へと導く製品の創造など、「人を幸せにする」ためのデザインの知識や技術の習得はもちろん、使う人のことを考えるデザインへの姿勢を追求します。 1・2年次には、建築やまちの分野とモノやコトの分野について、広範に学べる授業編成により、デザインに関する幅広い知識と基本的な技術を学びます。そして3・4年次には、私たちを取り巻く環境を建築やまちという視点で考える「空間デザイン」、さまざまな人の暮らしという視点で考える「生活環境デザイン」、製品や情報という視点で考える「プロダクトデザイン」の3つの選択コースに分かれ、演習などを通して専門的なスキルを身につけます。全員が卒業研究・制作に取り組み、4年間の集大成として発表を行います。


3つの専門コース


空間デザインコース

私たちを取り巻く環境を建築やまちという視点で考えるコースです。建築意匠、建築計画、建築構法など建物のデザイン、さらには都市計画、まちづくり、バリアフリーなど、人々を取り巻くすべての生活空間にまで視野を広げて、豊かな暮らしの環境を考えていきます。


生活環境デザインコース

私たちを取り巻く環境をさまざまな人の暮らしという視点で考えるコースです。住居学、福祉住環境計画、子ども環境、障害のある方のための道具のデザインなど、利用者の参加による使い手の顔が見える人間中心設計や、ユニバーサルデザインによる、生活者の視点に立ったデザインを学びます。

 

プロダクトデザインコース

私たちを取り巻く環境を製品や情報という視点で考えるコースです。製品のデザイン、情報デザイン、インタラクションデザイン、メカトロニクスなど広い分野にわたって、「モノ」や「コト」のデザインから人々の暮らしを考えていきます。


 

人間環境デザイン学科 公式Instagram