東洋大学オンラインライブ保育講座

本講座は、子ども支援学専攻の地域貢献事業・ICT利活用推進事業・リカレント教育の一環としておこなわれています。
東洋大学オンラインライブ保育講座は、2020年秋から始まったオンラインによる新しいカタチの保育講座です。
保育関係者であれば、保育者、学生、行政関係者、研究者などどなたでも参加いただけます(無料)。
保育の質向上にむけた個人や園での研修にぜひご活用ください。

子ども支援学専攻は、「保育の質向上の取り組み」や「保育者の働き方改革」を応援します。

 

第3回東洋大学オンライン公開保育のお知らせ 新着

 

参加のお申し込み(2月1日まで)

 

第19回東洋大学オンラインライブ保育講座のお知らせ 新着

参加のお申し込み(1月15日まで)
 

2022年度後期 東洋大学オンラインライブ保育講座のお知らせ 新着

参加のお申し込み(複数回用)

 

第1回東洋大学オンライン公開保育in出雲崎こども園の報告

(写真1)
2022年3月10日に第1回東洋大学オンライン公開保育が出雲崎こども園(新潟県出雲崎町、園長松延毅先生)のご協力をいただき開催されました。
3歳児クラスの多様な素材、モノが配置された環境での遊びや片付け、集まりでの遊びのふり返りの場面などが公開されました。また、子どもの姿を保育者がふり返る保育カンファレンスの様子も公開されました。
午後の協議会では、遊びと片付けとの関係、3歳児クラスの対話(遊びのふり返り)や保育カンファレンスの意義などについて協議することができました。
本公開保育では、保育と共にマネジメント(ノンコンタクトタイム)の場面も公開いただけたことで、同僚との連携や子ども理解の共有などについても深く考える機会になりました。
本公開保育にご協力いただいた出雲崎こども園の保育者の皆様、また年度末のお忙しい時期にご参加いただいた皆様にお礼申し上げます。(報告:高橋健介)

 
本公開保育のダイジェスト版(約1時間)を限定公開しています。
ぜひご覧いただけますようお願いします。
ダイジェスト版の視聴をご希望の方は高橋健介(takahashi_k@toyo.jp)までご連絡ください。

  

第12回東洋大学オンラインライブ保育講座の報告

  

2022年2月26日(土)に、第12回東洋大学オンラインライブ保育講座が開催されました。
講師に港区立港南幼稚園園長の青山伸子先生をお迎えして保育における Twitter での情報発信-子どもの育ちや学びをみつめて-」と題してご講演いただきました。
港区立港南幼稚園では、日々の園での子どもの姿、育ち、学びを伝えるため、個人情報に配慮しながら、Twitter で情報発信をされています。 Twitter 等の SNS による情報発信は、その簡便性から、場面と場面とをつなぎ、子どもの連続した経験のプロセスを伝えることに長けていることがうかがえました。さらに、子どもや保護者とともに、保育者間においても子どもの姿を共有し、日々保育をふり返る機会になっていることが考えられました。また、子どもの主体性を重視した保育・幼児教育の意義や魅力を地域や広く社会にも伝えていくツールとして大きな可能性を感じることができました。
青山伸子先生をはじめ、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
港区立港南幼稚園の Twitter もぜひご覧いただければと思っています。(報告:高橋健介)
 

 
本講座を収録した動画を、ご連絡いただいた方に限定公開しています。
ご希望の方は高橋健介(takahashi_k@toyo.jp)までご連絡ください。


第13回東洋大学オンラインライブ保育講座の報告

 
 
2022年5月21日(土)に、第13回東洋大学オンラインライブ保育講座が開催されました。
講師に現在スウェーデンで保育者をされている吉澤貴子先生をお迎えして「スウェーデンの保育-子どもの主体性や参加を支える制度と実践-」としてご講演いただきました。
スウェーデンの保育では、子どもの権利として、一人ひとりが当事者として保育に参加することを大切にしていることを知ることができました。そのための子どもの声(意見)を尊重する取り組みについてうかがい知ることができました。また、講師の吉澤貴子先生が現在ご担当されている1~3歳児クラス(異年齢クラス)のプロジェクト活動についてもご報告いただき、子どもの興味関心から探求や学びにつなげていく実践について知る機会になりました。日本の保育・幼児教育においても学びが重視されようとしている中で、たいへ示唆に富むお話でした。
参加者からの様々な質問にもお答えいただき、多くのことを学び、考える機会になりました。吉澤貴子先生をはじめご参加いただいた皆様に改めて感謝申し上げます。(報告:高橋健介)
 
 
 
本講座を収録した動画を、ご連絡いただいた方に限定公開しています。
ご希望の方は高橋健介(takahashi_k@toyo.jp)までご連絡ください。

第14回東洋大学オンラインライブ保育講座の報告 新着

 
2022年6月18日(土)に、第14回東洋大学オンラインライブ保育講座が開催されました。
講師に愛泉こども園(新潟市)副園長の中村知嗣先生、アトリエリスタの有坂はるひ先生をお迎えしてアートが保育に在ることの意味-子どもが遊び込み、自分らしく表現することを目指して-」と題してご講演いただきました。
遊び環境に、作って表現する場(アトリエ、製作コーナー)があることで、子どもが安心、安定して過ごす場となり、じっくり自身の表現や遊びを広げ、深めていくことが考えられました。また、先生方のお話や実践例から、遊びの中で作って表現することは社会とつながり、学びを広げていくことであることも考えられました。改めて、保育にアートがある意味を深く考える機会となりました。
講師の先生方をはじめご参加いただいた皆様に改めて感謝申し上げます。(報告:高橋健介)
 
 
本講座を収録した動画を、ご連絡いただいた方に限定公開しています。
ご希望の方は高橋健介(takahashi_k@toyo.jp)までご連絡ください。

 

東洋大学オンラインライブ保育講座アーカイブ

これまでの東洋大学オンラインライブ保育講座

 

オンライン公開保育の実施に向けたICT技術の支援

子ども支援学専攻ではICT利活用推進事業の一環として、保育の質向上を目的とするオンライン公開保育の実施について、ICT技術の支援をおこなっています。
ご関心のある方はぜひお問い合わせください。

子ども支援学専攻:高橋健介(takahashi_k@toyo.jp

 

オンライン公開保育のお知らせ 新着

向山こども園(仙台市)の2022年度のオンライン公開保育のお知らせです。
6月、9月のオンライン公開保育は、5歳児クラスの園庭での協同的な遊びがテーマとなっています。集まりでのふり返りの場面も公開される予定です。
子ども支援学専攻は、本オンライン公開保育の運営に協力します。
参加のお申込み


オンライン公開保育のダイジェスト版動画の公開について 新着

佐野市子ども・子育て国際フォーラム2021(2021年10月24日~25日、主催:佐野市子ども・子育て国際フォーラム2021実行委員会、共催:佐野市、東京大学Cedep)にて行われた認定こども園あかみ幼稚園の公開保育(テーマ:主体的・対話的で深い学びとAgency)がダイジェスト版動画として限定公開されることとなりました。
本動画のご視聴を希望される方は、高橋健介(takahashi_k@toyo.jpまでご連絡いただけますようお願いします。
本動画(約75分)には、認定こども園あかみ幼稚園5歳児クラスの保育、保育者の方々のふり返り(協議会)、東京大学Cedepの先生方の講評等が収録されています。多くの保育関係者にご視聴いただけましたら幸いです。
なお子ども支援学専攻(高橋健介)は、本フォーラムの実行委員として、本公開保育の運営に協力しました。

 

オンライン公開保育へのICT技術支援の報告

子ども支援学専攻は、以下のオンライン公開保育の技術支援等をおこないました。

第6回佐野市子ども・子育て市民フォーラム オンライン公開保育 in 認定こども園呑竜幼稚園(2020年11月20日)

令和3年度 茨城大学教育学部附属幼稚園研究会(2022年2月10日)

宇都宮大学共同教育学部附属幼稚園 第98回保育を語る会(2022年2月5日