MENUCLOSE

経営学部ゼミ紹介―大瀬良伸ゼミ

テーマ
「広告やインターネットに関連する消費者行動」

担当: マーケティング学科/大瀬良 伸(おおせら しん)准教授

ゼミの概要

  

 本ゼミでは広告やインターネットに関連する消費者行動について研究します。

消費者は広告やインターネット上のレビュー情報などを参考にしつつ、自らのニーズに合う商品を購買します。自分の好きな有名人が登場する広告を見てそこで紹介されている商品を買おうという気持ちになったり、どのような商品であるかを知るためにインターネット上のレビューを参考に買うべき商品の絞り込みをしたりします。

ゼミでは、広告をはじめとする企業のマーケティング活動やインターネット上の書き込みといった消費者が受けとる様々な刺激(情報)が購買意思決定にどのような影響を及ぼすのかについて研究します。わかりやすく言うと、消費者は様々な情報をどのように取捨選択し、処理しているのか、そして、どのようにして「欲しい」「買いたい」という気持ちを高めていくのかということについて研究します。 

 

テーマ例

【2年生】グループ研究
・モバイルクーポンの利用促進に関する研究
・買い占めを抑制するために
・フードデリバリーサービスを持続させるためには

【3年生】グループ研究
・行動先行と条件付けがプラスチック環境問題の意識に及ぼす影響
・プレミアム消費で心に蜜を:ストレス社会と消費者心理

【4年生】個人研究(卒業論文)
・車内環境が車内ビジョン広告および商品評価に及ぼす影響:地上と地下の違いに着目して
・ロボットを活用したサービス提供に関する消費者の評価
・タッチスクリーンデバイスが衝動購買に及ぼす影響
・行動ターゲティング広告が消費者の広告態度及び媒体態度に与える影響
・消費者の個人特性が健康食品の購買行動に与える影響
・個人の制御焦点の違いが防災食品の備蓄行動意図に与える影響:防護動機理論を用いて
・音楽によって生起される鳥肌感・涙感が広告態度およびブランド態度に及ぼす影響