MENUCLOSE

経営学部ゼミ紹介―大瀬良伸ゼミ

テーマ
「広告やインターネットに関連する消費者行動」

担当: マーケティング学科/大瀬良 伸(おおせら しん)准教授

ゼミの概要

  

 本ゼミでは広告やインターネットに関連する消費者行動について研究します。

 消費者は広告やインターネット上のレビュー情報などを参考にしつつ、自らのニーズに合う商品を購買します。自分の好きな有名人が登場する広告を見てそこで紹介されている商品を買おうという気持ちになったり、どのような商品であるかを知るためにインターネット上のレビューを参考に買うべき商品の絞り込みをしたりします。

 ゼミでは、広告をはじめとする企業のマーケティング活動やインターネット上の書き込みといった消費者が受けとる様々な刺激(情報)が購買意思決定にどのような影響を及ぼすのかについて研究します。わかりやすく言うと、消費者は様々な情報をどのように取捨選択し、処理しているのか、そして、どのようにして「欲しい」「買いたい」という気持ちを高めていくのかということについて研究します。 

 
テーマ例
【2年生】グループ研究
・インスタグラムで魅せグラム:知って得するPR方法教えます
・レトリックを使った歩きスマホのマナー啓発広告
・ショッピングサイトにおける商品画像の影響

【3年生】グループ研究
・食べ残しを削減するために:心理的要因が消費者の食行動に与える影響
・寄附意向を高める広告手法:制御焦点理論を用いて
・「環境問題」に対する意識と行動:ポイ捨てへの意識を高めるために

【4年生】個人研究(卒業論文)
・乗車ストレスが車内ビジョン広告の評価に及ぼす影響(4年生 卒業論文)
・接客サイテー料理サイコー:ネガティブなクチコミの信憑性(4年生 卒業論文)
・広告におけるレトリックが広告評価及び購買意欲に与える影響(4年生 卒業論文)