MENUCLOSE

経営学部ゼミ紹介―李 炅泰ゼミ

テーマ
「グローバル時代の消費者行動とマーケティング」

担当: マーケティング学科/李 炅泰(い きょんて)教授

ゼミの概要

近年、保護主義的な政策を強める国もありますが、これまで世界市場はグローバル化傾向を着実に歩んできました。グローバル化傾向は、消費者の価値観やライフスタイルの多様化に一助するとともに、国境を越えたマーケティング・ミックスの展開を促しています。さらに、SNSを含むICTの進展と相まって、消費者行動とマーケティング活動には次々と新しい事象が生まれています。このような環境は、消費活動を通じた生活満足と幸せの追求にアプローチの多様性をもたらし、それに伴う新たなマーケティング機会も生み出しています。イ・ゼミでは、このような現状を踏まえたうえで、グローバル時代における消費者行動とマーケティングについて研究します。その主たるゴールは、「消費者のウェルビーイング(幸福感)」に資することでマーケティング目的を達成するための示唆と知見を得ることです。

 

テーマ例

「女子旅への観光動機が経験満足に与える影響」
「食品のパッケージカラーが商品イメージおよび購買意欲に与える影響」
「日本のカレッジスポーツにおける観戦動機・要因について~大学野球の事例研究~」
「音楽産業の漸進的変化に向けての選択と集中」
「書籍のポップ広告の形と筆記具が書籍への態度に与える影響」
「リツイート意図に有効な影響を与えるインセンティブの考察」
「地域密着型ご当地アイドルのあるべき姿について~仲間意識が多方面に与える影響~」など