MENUCLOSE

経済学科長メッセージ

東洋大学経済学部 第1部経済学科長 澤口 隆  

Takashi Sawaguchi

「経済学の思考方法」で世の中を考える

 

私たちは普段の生活の中で日々、様々なモノやサービスを生産し、消費をしています。経済学は社会科学の一領域であり、社会を構成する個人や企業、政府といった経済主体の活動を主な研究対象としています。「経済」の語源は、中国の古典に出てくる「経世済民(けいせいざいみん)」にあることはよく知られています。経済学では「世を治め、民を済う」ために、有限な資源をどのように配分し、活用するかを考えます。経済学を学ぶことは、社会の仕組みを理解し、人々が生活するこの世の中をより良くするための方法・道筋を科学的に考えることに他なりません。

このような視点に立ち、経済学科では体系立てたカリキュラムでの教育を行っています。1・2年次には、現代経済学の基礎理論であるミクロ経済学とマクロ経済学、およびその理解に必要な経済数学の確実な習得を目指し、講義と少人数での演習科目を連携した学習を進めます。3・4年次は、理論・政策・実証といった経済に関する専門科目の学習を通じて、幅広い知識と洞察力を身につけるとともに、各自の問題意識にしたがってそれぞれの専門教員と対等に議論できる能力を養います。

「ゼミナール」は1年次から4年次まで設置されています。1年次には主体的な問題解決力やコミュニケーション力、ディベート技法を磨き、2年次以降の専門ゼミでの活発なゼミ活動を通じて、客観的情報に基づいた本質的な考察を行える思考・判断能力や、社会の本質的な課題に自主的・主体的に取り組む姿勢を身につけます。最後の4年次に、大学での学習生活の集大成として「卒業論文」をまとめます。

経済学科では、4年間の有意義な大学生活を通じて学生が「経済学の思考方法」を習得し、社会に出てからも専門的領域を越えて問題を探究し続け、「世を治め、民を済う」ことに貢献できる人を育てています。