MENUCLOSE

センター長挨拶

センター長ご挨拶

小林先生顔写真

 

小林 秀年

 

「東洋大学井上円了哲学センター(以下「哲学センター」という。)」は、創立者井上円了の建学の精神の一つである『諸学の基礎は哲学にあり』を踏まえ、名称に「哲学」を冠するとともに、創立者井上円了の理念承継のための教育、研究、社会連携等井上円了に係る事業全般を一元的に管理し、合理的な業務の推進に資することを目的として2021年4月に新たに設置されました。

哲学センターは、創立100周年(1987年)を迎えるにあたり、1978年からの創立100周年事業(創立者研究と百年史編纂の準備等)に始まり、1990年4月に法人立として設置された「井上円了記念学術センター」を研究機関として改組した「井上円了研究センター」を発展的に包括する形で発足いたしました。

哲学センターにおいては、旧「井上円了研究センター」における事業を「研究部門」として位置づけ包括する形で事業展開を図ることにより、その研究成果を井上円了の理念承継に係る教育(自校教育)に反映させるほか、創立者井上円了の建学の精神、教育理念、思想及び事績の研究を推進することにより東洋大学の存在理由を検証し、それらの継承と普及を図ります。

また、哲学センターに2005年4月に設置された井上円了記念博物館を附置する形で研究部門との連携強化を図るとともに、井上円了哲学センター事務室を設置して哲学センターのサポート体制を整備確保することにより合理的に業務を推進いたします。

これにより、東洋大学における哲学館以来の建学の理念を内外に示して、その歴史と伝統に基づく理念を発展させて日本文化の向上を図るとともに世界への発信に貢献いたします。

今後は、創立150周年に向けた年史編纂、自校教育に係るコンテンツの作成、学祖祭や哲学堂祭などの法人主催行事の実施支援、井上円了所縁の地域等との社会連携及び広報など幅広い活動を展開してまいります。

 

 

事業内容

① 井上円了の理念承継に係る教育(自校教育をいう。)に関する事業

② 井上円了に係る資料の調査及び研究に関する事業

③ 井上円了に係る資料の収集、整理、保存、公開、展示及び提供に関する事業

④ 井上円了の建学の精神、教育理念、思想及び事績の研究並びに東洋大学史等に係る研究に関する事業

⑤ 井上円了に係る社会連携、地域連携及び広報に関する事業

⑥ 井上円了記念博物館に関する事業

⑦ 井上円了に係る大学出版物及び大学史編纂に関する事業

⑧ 井上円了に係る諸行事に関する事業

⑨ その他センターの目的を達成するために必要な事業