井上円了記念博物館 常設展示のご案内

井上円了記念博物館の常設展示

 現在、当館では、「井上円了 その生涯と教育活動」のテーマのもと、常設展示を行い、教育者としての側面から円了の業績を紹介しています。当館の展示が、東洋大学の歴史の原点を振り返り、創立者・井上円了の活動と理念について理解を深める一助となれば幸いです。

常設展 井上円了 その生涯と教育活動 (展示室内)

 東洋大学の原点である創立者井上円了(甫水、1858-1919)の生涯をたどります。

◆展示構成

1.生い立ちから青年期  

2.哲学館の創立と発展 

3.哲学堂の設立と社会教育への挑戦

4.南船北馬の日々 井上円了の晩年

 

ロビー展示コーナー (5号館エントランスホール側)

 明治時代から現代にいたる東洋大学の歴史を、グラフィック展示とスライドショーによりダイジェストで紹介しています。常設展「井上円了 その生涯と教育活動」とあわせて、ぜひご覧ください。

 

塩川正十郎記念展示コーナー (5号館エントランスホール側)

 平成27年度は、当館が開館してから数えてちょうど10年目にあたります。この節目の年に、「塩川正十郎記念展示コーナー」が、当館の一画に新しくオープンしました。 
「塩川正十郎記念展示コーナー」では、胸像と写真、著書を展示することで、塩川先生の顕彰を行います。 

総長展示全体  総長著書