1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 産学連携プロジェクト「タブレットPCを使った佐賀県武雄市スマイル学習(反転授業)の実証検証研究」

産学連携プロジェクト「タブレットPCを使った佐賀県武雄市スマイル学習(反転授業)の実証検証研究」

  • English
  • 日本語

社会貢献活動「社会貢献活動「産学官連携によるICT教育の推進・充実をめざす」

対象者・・・・・・・・武雄市立山内西小学校の1年生
事業実施主体・・・・・佐賀県武雄市・株式会社ディー・エヌ・エー・東洋大学
              

佐賀県武雄市は、2014年4月に全小学生にデジタル教育用のタブレットPCを配布し、5月からはタブレットPCを使った「スマイル学習(反転授業)」を始めました。その実施支援や検証を武雄市と共同で行っているのが、現代社会総合研究所の「ICT教育研究プロジェクト」です。
本プロジェクトでは、学内外のメンバー約30名で構成される研究会を立ち上げ、産学連携での研究会を行っています。2015年度は、武雄市教育委員会と東洋大学現代社会総合研究所の間で締結された「武雄市ICT教育に関する覚書」に基づいて、報告書を作成し、その成果を公表しています。
2014年度、2015年度は武雄市の小学校、中学校での反転授業(スマイル学習)、プログラミング教育などの検証作業を中心に研究を進めてきましたが、それらの検証結果などを踏まえて、2016年度は、大学の講義における反転授業の実証研究も進めていく予定です。

2014年5月16日(金)検証研究会についてはこちら

2014年6月25日(水)実証研究記者会見についてはこちら

2015年2月12日(木)プログラミング教育の最終回と作品発表会についてはこちら

事業の様子

▼平成26年度 記者会見の様子

▼平成26年度 授業の様子
記者会家の写真授業の様子
▼平成26年度 作品発表会の様子(1)▼平成26年度 作品発表会の様子(2)
作品発表会の様子作品発表の様子2