1. トップページ
  2. 夏季休暇中の事故防止について

夏季休暇中の事故防止について

  • English
  • 日本語

夏期休暇をむかえるにあたり、旅行等レジャーの計画については、事故に巻き込まれないよう十分な計画と、心の隙を狙う犯罪行為等には一切関与することがないよう改めて責任ある行動を認識するよう注意喚起いたします。

海・川・山などへの夏特有のレジャーは、安全第一ゆとりのある計画により事故を防止に努めて下さい。

飲酒運転や未成年の飲酒は違法行為であり当然ですが、飲酒の強要やイッキ飲みは「絶対にしない・させない」こと。またアルコール・ハラスメント等も十分注意してください。
飲酒運転根絶(警視庁)
ハラスメント及び人権侵害の防止(東洋大学)
大麻等違法薬物の使用・所持等は法律で厳しく禁止されています。また、合法ドラッグと称される薬物についても同様の扱いです。
薬物乱用の恐ろしさ(警視庁)
悪質商法や宗教勧誘による勧誘トラブルに気をつけましょう。困った時はひとりで悩まず相談窓口に相談してください。速やかな対応が必要です。
東洋大学学生相談室
国民生活センター

海外渡航を計画する場合は、長期・短期にかかわらず、旅程・宿泊先・旅行会社等を保護者(ご家族等)に必ず伝え、連絡が取り合える体制を整えてください。また、渡航先国・地域については、外務省領事サービスセンター「海外安全ホームページ」等により最新の情報を入手し不測の事態に巻き込まれないよう十分注意し、自然災害、暴動、感染症等の危険情報・スポット情報が発出されている国・地域への渡航は見合わせる等、安全確保に努めて下さい。なお、渡航先で災害や事故が発生した場合は、速やかに保護者(ご家族等)に安否確認を連絡するようお願いいたします。
外務省海外安全ホームページ