1. トップページ
  2. 武雄市・DeNA・東洋大学の産学官連携 初等教育でのプログラミング教育実証研究の授業最終回を公開

武雄市・DeNA・東洋大学の産学官連携 初等教育でのプログラミング教育実証研究の授業最終回を公開

  • English
  • 日本語

集合写真2015年2月12日(木)、山内農村環境改善センターにて産学官連携の実証研究として、佐賀県武雄市、株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)、東洋大学が行っているプログラミング教育の最終回の授業でその模様と児童が制作した作品発表会を公開しました。

武雄市、DeNA、東洋大学の3者は2014年10月20日(月)より、今回の最終回を含めこれまで全8回の授業を山内西小学校の1年生40名に実施し、児童は自身の考えたゲームの制作を行ってきました。当日は、模擬授業に加えて児童が教材を用いて制作した自身の作品を発表。武雄市長小松政氏、DeNA取締役ファウンダー南場智子氏、竹村牧男学長の3者からそれぞれ児童の作品へ表彰も行いました。

松原先生記者会見