MENUCLOSE

第31回 東洋大学「現代学生百人一首」入選作品発表

Read more

第31回 東洋大学「現代学生百人一首」入選作品100首および小学生の部10首発表

入選おめでとうございます!!

第31回現代学生百人一首募集要項応募総数49,259首の中から選ばれた入選作品をここに発表します。たくさんのご応募ありがとうございました。
なお、学校全体で「現代学生百人一首」に取り組まれ、多数の優れた応募作品がある学校に贈呈する「学校特別賞」は以下の5校に決定いたしました。

  • 埼玉県  西武学園文理中学校
  • 神奈川県 鎌倉女学院高等学校
  • 新潟県  東京学館新潟高等学校
  • 長野県  伊那西高等学校
  • 鹿児島県 鹿児島県立大島高等学校

「現代学生百人一首」へのご感想等は、東洋大学広報課 mlkoho@toyo.jpまでお寄せください。
過去の「現代学生百人一首」入選作品については過去の入選作品をご覧ください。

第31回 東洋大学「現代学生百人一首」の特徴

【時事・社会問題】

一昨年から施行された18歳選挙権。高校生の大切な一票をどこに投票するか真剣に考える様子がうかがえる作品が寄せられました。
また、同世代に現れた将棋界のヒーローを詠んだ歌も。ミサイルの脅威とJアラート、トランプ大統領の動向、100メートル9秒台の日本新記録樹立など、今回も社会の動きから感じた気持ちを、学生ならではの視点で真剣に、時にユーモアを交えて詠んだ作品が集まりました。

【携帯電話・SNS】

日常のコミュニケーション手段としてすっかり定着したSNSをテーマに、2017年の流行語にもなった「インスタグラム」を通し、自分を表現したい気持ちがいつの時代も存在することをさりげなく伝える作品や、「LINE」のスタンプと実際の会話とのギャップを詠んだ作品、一方でスマートフォンに日常生活を支配されているかのような不安を詠んだ作品もありました。

【進路・未来】

人工知能(AI)の進化とともに、社会に与えるインパクトがさまざまな場所で唱えられた2017年。
これからの社会や自身の将来に不安を感じる作品があった一方で、農業高校、水産高校や工業高校の生徒からは前向きでさわやかな作品が寄せられました。

入選作品(作品は都道府県別に北から並んでいます)

何故違う遺伝子上は数%金ピカの君錆びついた僕

北海道函館中部高等学校 2年
齋藤 幹晃

姉が来て嬉しそうに見せた物世界に一つの内定通知

青森県立八戸工業高等学校 1年
細谷地 郁哉

月釣れたまさかと思う十五夜に本当に釣れた銀色の鯖

青森県立八戸工業高等学校 2年
川村 俊太

「おっはー」と台本無しの人生を笑顔で歩む僕を演じる

岩手県立盛岡第二高等学校 2年
林 陽帆

残業の光に向ける指鉄砲撃つは未来の自分の姿か

東北大学大学院1年
塚田 悠太

決まったよ喜ぶ私と温度差が寂しさが増す母のほほえみ

山形県立酒田光陵高等学校 3年
田中 日菜

ああ、これが表面張力というものか私の中の苦しみのコップ

福島県立会津高等学校 2年
秀島 由里子

札並べ詠まれる歌に耳澄ます千年前とつながるひととき

茨城中学校 1年
伊藤 成美

キャスターの三言で終わる死亡事故命の重さが分からなくなる

西武学園文理中学校 2年
清水 理沙

空きの無い電車で独り紙めくる薄闇の窓に数多の端末

西武学園文理中学校 2年
志村 朋厚

今日もまた父と二人で野球観るこの時間だけは素直なわたし

埼玉県立松山女子高等学校 1年
長尾 愛衣

平和ボケしてる私に祖母語る戦の恐怖静かな涙

埼玉県立川越総合高等学校 1年
ギラニ サラ

図書館に居すわり気づけば早二時間恋にケンカに冒険もしたな

埼玉県立南稜高等学校 3年
山岸 美祐

泣く君の力になりたいだけなのに、どうしてどんどん遠くへ行くの?

芝浦工業大学柏中学校 3年
阿部 紗也香

「次期部長」言われたときのしょうげきよ空前絶後の夏休みかな

麗澤中学校 2年
大竹 風音

PKを背中を向けて見守れば地面がゆれて終了の笛

千葉市立打瀬中学校 2年
村上 雄梧

海岸のゴミ拾いして思うことだから地球が死んでいくんだね

昭和学院秀英中学校 2年
重田 彩菜

すれ違うその瞬間さえ意識して気にしないふり前髪いじる

昭和学院秀英中学校 2年
山本 花奈

ふつふつと教室の中声の波広がっていき私はクラゲ

西武台千葉高等学校 1年
中原 桃子

知能増え機能も増えた機械達人の個性は絶滅危惧種

西武台千葉高等学校 2年
岸澤 真帆香

朝七時あふれかえった柏駅改札口は巨大掃除機

千葉県立小金高等学校 2年
丸山 梨緒

ツイッターたった一言炎上しその後の自分消えてしまった.

千葉県立泉高等学校 1年
岩谷 和斗

無愛想ラインと電話でキャラ違う口から出ないラインスタンプ

千葉県立泉高等学校 1年
澁谷 伊織

若者はどんな文にも(笑)つける喜怒哀楽を失い探す

千葉県立流山南高等学校 2年
蛭間 美妃

手強いぞ言ったら引かぬ更年期言われて聞かぬ私思春期

芝浦工業大学柏高等学校 1年
河邊 仁紀

身長をやたら気にする君だけどおんなじ目線が私は嬉しい

千葉商科大学付属高等学校 2年
 里咲子

お見舞いの我が子にみせるその笑顔いつか看護の私に向けて

香取郡市医師会附属佐原准看護学校 1年
篠塚 真穂

十五才記録ぬりかえ一番にどこまで伸びる将棋の力

国分寺市立第五中学校 3年
川上 悠太

日本初桐生祥秀九秒台さらに活躍高まる期待

国分寺市立第五中学校 3年
山崎 凜

大陸をコンテナのってやってくるすさまじいかなヒアリの恐怖

国士舘中学校 3年
鎌田 輝希

少しだけ働く祖父に近づいた十五の夏の腕時計の跡

女子学院中学校 3年
菊地 愛佳

軽やかに長細い脚をくり出して駆け抜けていく神運ぶ鹿

大田区立東調布中学校 3年
天保 菜々子

ミサイルが日本を通過しましたと今日の私のモーニングコール

星美学園中学校 3年
岩田 花

液晶の架空の君に恋をするそんな自分が好きで不思議で

東洋大学京北中学校 2年
髙橋 彩良

合宿所せみの鳴き声聞きながら体休める至福の時間

専修大学附属高等学校 3年
角一 峰昭

いとをかし平成女子はインスタにほうじ茶キャラメルフラペチーノ

和光高等学校 3年
長野 天音

文化祭ライブの前の緊張感後ろに見えるは仲間の笑顔

東京都立江戸川高等学校 2年
岸 夏美

一面に広がる白に全員で想いを一つに墨をのせてく

東京都立小松川高等学校 2年
上島 空

汗流し家族のために家事こなす働く祖母は私のヒーロー

東京都立大森高等学校 3年
深谷 まの

図書室で出合った本の貸し出し欄、十年前の君とも出逢う

東京都立府中高等学校 2年
加藤 楓花

甲子園高校球児の戦いに怪物が生む新記録あり

東京都立府中工業高等学校 3年
相川 雅典

祖父からの便りふと読み疲れとれ文字で伝わる優しさふわり

学習院女子高等科 1年
岡部 はな

下駄箱にラブレターがね入ってた顔面真っ赤プチトマトだね

京華商業高等学校 3年
平石 健太

「意地っぱり」母が笑ってそう言った私も笑う「親ゆずりだよ」

貞静学園高等学校 1年
小野塚 琴弓

石川でひとりはたらく父の家部屋にあふれる家族の写真

東京学芸大学附属高等学校 1年
二宮 由美花

マウンドで輝く彼は同級生「あと一球」と拳を握る

東京学芸大学附属高等学校 1年
原田 理帆

機械化で消えてなくなる仕事知り将来の夢決められずいる

東京農業大学第一高等学校 1年
粟野 夏乃子

めのまえのバーをこすぞと踏み切った私の視界一面青空

横浜市立平戸中学校 2年
渡部 七海

クラスの子話してみたくて手をのばし勇気がなくて空気をつかむ

横浜市立六ツ川中学校 2年
佐藤 こころ

不安だなそんな自分をシャーペンが一人じゃないと見守っている

鎌倉市立手広中学校 3年
島井 杏里沙

スカートの長さで決まる女子力とクラス内での自分の居場所

神奈川大学附属中学校 1年
荻原 菜七

田舎町一人で暮らす祖父を見て次の休みの予定を空ける

神奈川大学附属中学校 2年
堀田 夏生

いつまでも手から離れぬスマートフォンどんどん時間を吸い取ってゆく

慶應義塾普通部 1年
山口 洸明

押しよせる漢字と年号耐えきれず頭の中で徳政一揆

慶應義塾普通部 3年
森川 慧

微生物培養したら可愛くて愛着がわく農業ガール

神奈川県立平塚農業高等学校 3年
小林 真歩

通じ合う「よう」と「じゃあな」で帰り道いつもでてこない二文字の言葉

鎌倉女学院高等学校 3年
大河原 咲良

覚えてる偉人は全てゲーム内個性が強くて面白いキャラ

鎌倉女学院高等学校 3年
武部 美海

この時代生きた心地がしないのだなにをするにも指先ひとつ

神奈川大学附属高等学校 1年
中村 優太

電車内本を立ち読みする人がいるとなんだかほっとするんだ

中央大学附属横浜高等学校 2年
小笠原 咲

制服で皆に紛れているけれどなないろのぞう描いてみたい

中央大学附属横浜高等学校 2年
関 結月

夕立に蝉の声がとけこんで夏の青田にしみこんでゆく

新潟県立燕中等教育学校 2年
高野 弘太郎

「生きている」そう言うように道端に転がる蝉が一声上げた

新潟県立国際情報高等学校 2年
眞島 幸音

育ててた子牛を出荷せりに出す母に聞かすとドナドナ歌う

新潟県立長岡農業高等学校 3年
長野 汐莉

Jアラート鳴った朝でも教室であくびしている僕らの未来

東京学館新潟高等学校 1年
野上 凌

大人しい君が歴女と知ってから好きになってる織田信長も

東京学館新潟高等学校 1年
本間 凪

カラカラと心の不安が鳴っているマーブルチョコを奥歯で噛んだ

東京学館新潟高等学校 3年
風間 千晶

マニフェスト所属政策どれもみな信用できずにポスター睨む

東京学館新潟高等学校 3年
小林 楓

さわやかな鳥の声よりトランプのツイート気になるアラートの朝

金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校 1年
土谷 孟暉

将棋さす祖父とアニキの背中にはプロとは違うやさしい沈黙

伊那西高等学校 3年
福澤 愛実

「いい人」と思われたくて見栄を張る鏡にうつる「ワタシ」は誰だ

伊那西高等学校3年
松浦 菜々子

入学時むすべなかったネクタイが今ではしっかり一人前だ

上田西高等学校 3年
宮坂 康平

授業中楽しんでいる僕がいる地理の授業旅行のように

静岡県立下田高等学校 3年
望月 俊範

水高生鮪も鰹もさばけます自信あふれる就職試験

静岡県立焼津水産高等学校 3年
向坂 友里

友達にとつぜんされた呼びすてに気づいたらもうドキドキしてる

沼津中央高等学校 2年
國島 柚月

数Ⅰの問題解く手が動かないコップの氷カランと響く

光ヶ丘女子高等学校 1年
近田 晴菜

帰宅して猫のふーちゃんひざに乗せあんたはいいねとついついボヤク

光ヶ丘女子高等学校 1年
間瀬 満優子

なにもかも中途半端な君だけど私にとっては一等賞さ

帝塚山学院高等学校 3年
濵村 紗也果

書道とは自分の心写しだす心の鏡に嘘はつけない

大阪府立狭山高等学校 1年
野筋 槙一郎

車道側歩いていたのに気づいたら逆になってる君の気遣い

近畿大学附属高等学校 1年
中川 未来

新学期ノートに綴る一文字目なぜかいちばん緊張してる

橋本市立紀見北中学校 2年
尾上 浩太郎

定期券ピッと鳴ったら始まるよ昨日と違う新しい日が

ノートルダム清心中学校 2年
福田 陽向美

電車内Jアラートが鳴りひびく君の笑顔がゆがんで見える

ノートルダム清心中学校 2年
佐々木 瑠奈

一ミリが命を奪う線になる妥協しないで大切に書く

広島県立広島工業高等学校 1年
岡本 美典

木材に適した加工をしてみるとその木が喜ぶような気がする

広島県立広島工業高等学校 1年
小泉 和樹

とび作業単管触るとじわじわと伝わってくる太陽の温もり

広島県立広島工業高等学校 3年
福 正真

土砂災害祖父母を亡し哀しんだあれから家族絆は強し

広島県立総合技術高等学校 1年
末永 星花

測定の初日患者を目の前に聞こえてきたのは私の脈拍

広島市医師会看護専門学校医療高等課程 2年
引地 佑香

かすみ草込めた気持ちは照れかくし母への手紙にそっと押し花

山口県立岩国商業高等学校 2年
竜口 ひかる

漫画読みピンチのあなたを救ってるヒーローになる夢を見ていた

徳島県立脇町高等学校 2年
三木 秀真

ザーザーと気づいてやれない友からの「助けてほしい」の大雨警報

香川県立三本松高等学校 2年
三好 玄人

矢をつがえ聞こえる音は何もない空気を変える矢が当たる音

福岡県立稲築志耕館高等学校 2年
大田 心

実習で沢山作るイチゴジャム匂い天国作業は地獄

福岡県立福岡農業高等学校 2年
髙田 華山

実習着物干し竿で迷ってる就職進学私の未来

福岡県立福岡農業高等学校 2年
松岡 美里

初夏に泳ぎたりないこいのぼりそして優雅に天を仰いだ

佐世保市立清水中学校 2年
浦 祐誠

先輩と呼ばれて走る緊張感春光そそぐ体育館で

佐世保市立清水中学校 2年
田川 千晴

現実味おびてしまった原爆を今年の夏は考えていた

佐世保市立清水中学校 2年
安井 七星

ミンミンと鳴くせみの声変わらずに少しだけ高い奄美の秋空

鹿児島県立大島高等学校 3年
立山 陸

縁側でアカショウビンの音を聞きつ祖父の隣で寝たあの夏よ

鹿児島県立大島高等学校 3年
水野 あかり

寮生活一歩歩けば友の部屋喜び悲しみ持ち込みOK

慶應義塾ニューヨーク学院〔高等部〕 12年
福島 安也奈

国境を越えて聞こえる母の声どんなときでも大切な人

慶應義塾ニューヨーク学院〔高等部〕 10年
越川 櫻

 

小学生の部

海行けばキラキラガラス落ちてると海も輝き宝石のよう

コロンビアインターナショナルスクール 6年
井田 真綾

同点だおのれの力しぼり出せ残り8秒フリースローで

印旛郡栄町立安食台小学校 6年
倉木 遥都

プールでてゴーグルはずすと目がパンダみんなが笑うパンダの国を

堺市立新浅香山小学校 6年
桑田 晟

ぼくの家鬼も魔王も住んでいる父母弟なかなか強い

堺市立深井西小学校 6年
井土 遥空

だんじりだ今年も汗がにじみだす声をからしてオーリャソーリャ

堺市立深井西小学校 6年
向井 虎太郎

友人に毛布をとられかぜひきだそれがだいごみ学年キャンプ

大村市立三城小学校 6年
松葉瀬 亜紀

熊本へお城を見に行きおどろいたドミノみたいに崩れてる

大村市立放虎原小学校 6年
堺 菜央

運動会組み体操の逆立ち練習世界がさかさまコウモリみたい

大村市立放虎原小学校 6年
林 百絵花

お母さん私の名前呼びすぎて、声がかれるよ大丈夫かな

大村市立放虎原小学校 6年
森 楓月

夏休み魚つりし遊んでたへんな魚がつれてうれしい

大村市立放虎原小学校 6年
吉川 和希

 

都道府県別応募作品数(順不同)

都道府県 応募作品数 都道府県 応募作品数 都道府県 応募作品数 都道府県 応募作品数
北海道 585 千葉県 6,560 愛知県 1,289 徳島県 210
青森県 1,051 東京都 14,084 三重県 95 香川県 21
岩手県 407 神奈川県 4,414 滋賀県 14 福岡県 571
宮城県 136 新潟県 989 京都府 252 佐賀県 9
秋田県 234 富山県 16 大阪府 2,337 長崎県 1,907
山形県 1,074 石川県 65 兵庫県 352 大分県 73
福島県 1,118 福井県 33 奈良県 122 鹿児島県 215
茨城県 919 山梨県 14 和歌山県 202 沖縄県 112
栃木県 187 長野県 1,336 岡山県 18 アメリカ 333
群馬県 440 岐阜県 124 広島県 2,140 中国 129
埼玉県 4,217 静岡県 389 山口県 466  

合計49,259首(小学生を含む)

◆ 第31回入選作品を収録した冊子は平成30年2月中旬に完成する予定です。
入選作品収録冊子申し込み

 

Read more