MENUCLOSE

第18回「現代学生百人一首」入選作品

Read more

入選おめでとうございます!!

応募総数63,330首の中から選ばれた入選作品をここに発表します。たくさんのご応募ありがとうございました。
なお、学校全体で「現代学生百人一首」に取り組まれ、多数の優れた応募作品がある学校に贈呈します「学校特別賞」は下記の5校に決定いたしました。

  • 東京都 専修大学附属高等学校
  • 新潟県 東京学館新潟高等学校
  • 長崎県 県立長崎工業高等学校
  • 千葉県 県立麗澤中学校
  • 神奈川県 神奈川大学附属中学校
「現代学生百人一首」へのご感想等は、東洋大学広報課 mlkoho@toyo.jpまでお寄せ下さい。
過去の「現代学生百人一首」入選作品については過去の入選作品をご覧ください。

入選作品(作品は都道府県別に北から並んでいます)

本当は怒ってなんかいないのにとがったぼくはサボテンみたい

北海道 上富良野町立上富良野中学校 3年
行方 宏志

テレビから助け求める人達に何かできること無いのだろうか……

北海道 千歳市立向陽台中学校 2年
若林 克弥

目の前の進路と言う名の分かれ道受験と言う名の有刺鉄線

北海道 北星学園女子中学校 3年
片山 可奈

父の背を見上げて育ったぼくですが今は見下ろす父のうずまき

北海道 北海道釧路商業高等学校 1年
木原 涼太

泥まみれ敵のボールに食らいつけ才能の差は走って埋める

青森県 県立八戸西高等学校 1年
角濱 孝史

生きるのは死ぬことよりも難しいそう思わせる自殺のニュース

岩手県 県立一戸高等学校 2年
下舘 徹

気がつけばいつも後ろに君がいてそして変わらぬこの距離がある

岩手県 県立釜石南高等学校 1年
佐々木 泰子

手をかざし野菜見守る祖母の影夏の暑さにゆらりとゆれた

岩手県 県立水沢高等学校 1年
初貝 優衣

自転車の風を切る音聞こえればあなたが来たかと振り向く私

岩手県 県立山田高等学校 2年
五十嵐 遥子

白球を追いかけている君を見て充電される私の心

秋田県 秋田和洋女子高等学校 2年
渡邉 郁恵

白色の激しい光をマスクで隠し暑さと戦うアーク溶接

山形県 県立酒田工業高等学校 2年
髙橋 祐人

当てられずホッとしている授業中そんな自分を小さく思う

山形県 県立酒田工業高等学校 2年
齊藤 健太郎

正しいと言い張ったりしてみたものの後でこっそり辞書で確認

福島県 聖光学院高等学校 3年
荒木 良亮

ハンマーの一振りごとに語りかけ鉄の曲がりを素直にのばす

茨城県 県立下館第一高等学校 2年
剱持 志郎

秋桜とすすき仲良く風にゆれ双峰筑波は晴れて雲なし

茨城県 県立下館第一高等学校 3年
稲田 晴美

短期間世界史特講戦争は日没までに終わりそうです

茨城県 県立水戸第一高等学校 2年
君島 加奈

光る汗坊主頭のひと夏は打って終わるか打たれて終わるか

茨城県 東洋大学附属牛久高等学校 3年
本田 香奈子

何気なく過ごしてしまう日々だけど気づかぬとこに幸せいっぱい

群馬県 県立盲学校高等部 1年
野中 美保

数Aの基本例題解きながら片恋成就の確率計算

埼玉県 県立大宮高等学校 1年
鈴木 玲香

「がんばれ」と口では言わない母だけどトンカツ揚げる音で励ます

埼玉県 県立川越女子高等学校 1年
木村 文香

なんとなくずらした机の隙間から発掘された小さな「私」

埼玉県 県立川越女子高等学校 1年
西川 奈穂美

憧れのスイカで通る改札口ピッという音が癖になりそう

埼玉県 県立熊谷女子高等学校 1年
辻 理沙

ならなりになりなるなれなれ呟いて断定助動詞よし完璧だ

埼玉県 県立熊谷女子高等学校 2年
中島 ちひろ

一ミリのハンドルさばきの失敗で作品ただの固まりと化す

埼玉県 県立玉川工業高等学校 2年
名井 崇人

CAD製図柱時計を分解し世界で一つの図面が出来た

埼玉県 県立玉川工業高等学校 3年
小林 敏夫

満員のスタンド響く快音はストの前より大きく強く

埼玉県 県立松山女子高等学校 1年
木下 綾佳

三度目はもう直さない決意込め丁寧に書く志望理由書

埼玉県 国際学院高等学校 3年
鈴木 恵理

おばあちゃんオレオレ詐欺に気をつけて私の声は覚えていてよ

埼玉県 西武学園文理高等学校 2年
佐藤 千佳

脱ぎ捨てたくたくたのシャツ広げれば改めて知る父の大きさ

埼玉県 東京成徳大学深谷高等学校 3年
栗田 美和子

左肩ショルダーバッグがずり落ちるそれでも見入る今日の夕焼け

千葉県 佐原市立佐原中学校 1年
小沼 彩代美

大豪雨ここじゃなくてよかったと安堵したのをはずかしく思う

千葉県 麗澤中学校 3年
大川 紗季

亡き祖父をきゅうりの馬で出迎えてなすびの牛でゆっくり送る

千葉県 麗澤中学校 3年
大鶴 恵

青空に向かってあげたてのひらに透けた光はきっと夏色

千葉県 県立市川東高等学校 3年
神田 幸乃

こんなにもたくさんの人がいる中でたった一人を慕う不思議さ

千葉県 県立市川東高等学校 3年
鴇田 久美子

新潟の地震のニュース「退屈」と言い捨てた君を哀れに思う

千葉県 県立佐原高等学校 1年
髙野 彩

新札に替えてきたぞとハシャぐ父を冷静に見る樋口一葉

千葉県 県立幕張総合高等学校 3年
相川 遥平

人間の都合によって追いだされ逆襲してきた森の熊さん

千葉県 昭和学院秀英高等学校 1年
武藤 孝一郎

ハルウララ最後の最後走りぬくそんな姿に力をもらう

千葉県 西武台千葉高等学校 2年
安達 大輔

浮かばない浮かばないからしょうがないしょうがないからこんな歌書く

東京都 暁星中学校 3年
安 基徳

世の中の広さ知ろうとジャンプした金魚の目には世界がうつる

東京都 十文字中学校 3年
市川 文子

古池に蛙飛びこむその音のどこが良いのか教えてください

東京都 頌栄女子学院中学校 3年
見附 あかね

言っていい?そんなに大事アメリカは考えてみてイラクのことも

東京都 東京学芸大学附属大泉中学校 3年
佐藤 渉平

優勝旗津軽海峡越えていき思い届いた北の大地へ

東京都 足立学園高等学校 3年
中島 輝一

何がある何を求めるこの時代夢は切実有るは現実

東京都 学習院女子高等科 2年
福原 るみ

テスト前古文の授業思い出し徹夜して見た有明の月

東京都 暁星高等学校 1年
松崎 亘

テレビ欄とばして新聞読んだ時少し賢くなった気になる

東京都 星美学園高等学校 3年
鈴木 陽子

呆然とダイヤモンドに立ち尽くす今日の敗因僕の落球

東京都 専修大学附属高等学校 2年
高 嘉佑

「数学どう?」「よくはなかったな。」「何点だ?」「80点だよ。」コイツ嫌いだ

東京都 専修大学附属高等学校 2年
中島 大地

空をきり何をめざして飛び込むかカワセミの背に強い意志あり

東京都 都立小金井北高等学校 3年
越智 かのこ

プライドを捨てろ捨てろと言うけれど捨てる気持ちもまたプライドだ

東京都 都立両国高等学校定時制 4年
小須田 啓高

プレッシャーは重く苦しくのしかかるそれに打ち勝つイチロー強し

東京都 日本橋女学館高等学校 2年
竹前 友里

ぶつかっても何も言わない電車の中高齢化以前機械化の波

東京都 早稲田大学高等学院 3年
赤井 亮太郎

母さんが夜なべしてまで編んだのは冬のソナタの名場面集

東京都 早稲田大学高等学院 3年
長谷川 賢司

私にも言いたい言葉があったはずその他の中に紛れながらも

東京都 東洋大学 2年
浦部 寛子

生きている潰れた車内にいた子ども奇跡の瞬間涙あふれる

神奈川県 神奈川大学附属中学校 2年
星野 瑞枝

空を飛びスタンドに消えた白い球その一球に僕は恋した

神奈川県 神奈川大学附属中学校 3年
大谷 優樹

成績が返却されたその晩の夕飯の場の雰囲気決まる

神奈川県 慶應義塾普通部 1年
今村 直哉

無視という見えない暴力打ちあけずだまりこくった僕は弱虫

神奈川県 神奈川大学附属高等学校 2年
亀谷 篤美

どうしても金の瞬間見たくってアラーム時計アテネ時間に

神奈川県 神奈川大学附属高等学校 2年
中嶋 杏実

わからない自分の心が掴めない心の地図にナビはいらない

新潟県 東京学館新潟高等学校 1年
加藤 功弥

夕暮れの落ち葉の絨毯好きだから自転車降りて歩いて帰ろう

新潟県 東京学館新潟高等学校 2年
松本 菜三子

がんばれと試験前夜にあたたまるホットレモンは父の差し入れ

長野県 松本第一高等学校 3年
西山 瑛理子

見下ろせば紫陽花のごととりどりに駅に吸われてゆく傘の花

岐阜県 大垣日本大学高等学校 2年
中島 美穂

スコアーをつけていく手はふるえてる最後のシュートリングに入る

岐阜県 麗澤瑞浪高等学校 1年
久保田 智代

朝早く畑に向かう祖母の手はしわの分だけやさしさこもる

静岡県 県立御殿場南高等学校 1年
内海 桐子

人込みで手を擦り抜けし白杖(はくじょう)を拾う人なき淋しさ募る

愛知県 県立岡崎盲学校高等部 1年
石島 美奈

「得(う)まじかる(・・・・)女」だなんて古文には英語が潜む言葉の不思議

滋賀県 県立東大津高等学校 2年
乾 千紘

豚汁の味がいつもと違ってる母に何かあったのだろうか

京都府 南京都高等学校 2年
石橋 大

便利だが凶器にもなる使い方時代の先端インターネット

大阪府 清風中学校 2年
筒井 麟太郎

人生はこんなものよというけれど、こんなものこそ幸せなのだ

大阪府 聖母被昇天学院中学校 2年
小阪 真生

路地裏のやさしさ残る日溜りに僕を見つめる黒い猫の目

大阪府 大阪市立南高等学校 1年
高橋 まりや

三者懇マジメな夢を茶化されてヘコむ自分を無視する二人

大阪府 追手門学院高等学校 1年
山崎 高生

豊作を笑顔で語る農夫達実った稲を太い手で持つ

大阪府 清風高等学校 2年
小松 俊之

キカイタチワカッタヨウニシテルケドワカルワケナイタニンノココロ

兵庫県 県立明石北高等学校 2年
伊藤 豪

夜空 (そら)に浮く黄色いうさぎの住む星を部屋にまねいてふとんに入る

兵庫県 県立芦屋高等学校 2年
吉田 紘子

全身がふるえるんだココロって液体なんだなあふれそうだもの

兵庫県 県立長田高等学校 2年
桂井 朋子

そんな子に育てた覚えはあると言われ顔を見合わせ笑う母と子

兵庫県 県立姫路工業高等学校 1年
森脇 美津保

好きなんだそんな思いに気付かずに君は僕にも恋の相談

兵庫県 県立姫路工業高等学校 2年
米田 德

おおいなる宇宙のときに比べればたった五分の遅刻なんて

兵庫県 県立姫路別所高等学校 2年
渡邊 信二

「できる子やあんたはやればできる子や」言われ続けて十六年

兵庫県 県立姫路南高等学校 1年
福永 知晃

やられたらやりかえすだけの戦争をいつまで続ける世界の人々

兵庫県 神戸市立御影工業高等学校 3年
田中 健一

めずらしく勉強した日机にはわざと残した消しゴムのカス

奈良県 天理教校親里高等学校 1年
渡辺 弦

抗争と和解が地図を分割し赤ペンで染まる世界史年表

岡山県 県立倉敷青陵高等学校 2年
藤澤 恭行

朝早く電車の中で座る時ちょっとやましいナースの卵

岡山県 ベル総合福祉専門学校 1年
坂口 裕美

友人に聞くのが恐い事がある私たちって友達だよね

徳島県 県立徳島北高等学校 1年
三輪 稔朗

秋風が君と私の帰りみち手と手をつなぐ理由をくれた

香川県 県立三本松高等学校 3年
日比 さくら

大好きなあの曲だけを聞くためにドラマを見ている火曜日の私

愛媛県 県立新居浜西高等学校 1年
今久保 千世

弓と矢と心と体を一つとし的に向かいて雑念を射る

福岡県 県立西田川高等学校 3年
冨安 巧

葉桜のつかみ損ねた空青し背中あずけて明日をみつめる

福岡県 県立若松高等学校 1年
福島 眞希

黙祷の前に心が泣きだして言葉もでずに涙する祖母

長崎県 鹿町町立鹿町中学校 2年
太田 瑠架

数学のテストで百点取りましたそんな夢見た古典の時間

長崎県 県立大村高等学校 2年
木下 賢志

手袋の厚さの分だけせつなさを感じて歩く街灯の下

長崎県 県立豊玉高等学校 3年
小田 彩佳

作業服を着て電気科の顔になり回路図横につなぐ電線

長崎県 県立長崎工業高等学校 1年
三枝 竜也

悩んでも立ち止まったりはもうしないゆっくりゆっくり歩いて悩む

長崎県 県立長崎工業高等学校 3年
山下 朋也

文化祭、泣かんっち決めたに泣くんかい んならオレも泣きたくなるやん

大分県 県立三重高等学校 3年
田島 良平

がんばれと言われて勉強しているががんばれ言うながんばっちょっちゃが

宮崎県 県立日南高等学校 3年
濱田 真和

将来の夢は何だと尋ねられ生きていたいとアンゴラの子供

宮崎県 県立宮崎大宮高等学校 2年
日髙 智美

田畑にて灼熱の日に照らされてせわしく働く麦藁帽子

鹿児島県 県立鹿児島中央高等学校 2年
園田 和樹

夕焼けがとてもキレイで涙出た私は何をしていたのだろう

鹿児島県 県立指宿高等学校 1年
中川 真梨子

最後には泣かせるようなことを言う三年二組みんなずるいよ

沖縄県 琉球大学 4年
古家 士保

小学生の部

「クォークォー」みずうみいっぱい白いむれおかえりなさいオオハクチョウさん

北海道 苫小牧市立北星小学校 2年蓼沼 富貴子

アコーディオン心をこめてひきましたみんなの「木星」かがやくように

北海道 苫小牧市立北星小学校 4年蓼沼 阿由子

あのヘリがむかう先には新潟がたすけをもとめてみんなまっている

埼玉県 さいたま市立道祖土小学校 5年大澤 瑳夕里

あたまごちんジャングルジムでいたたたたおだんごみたいなこぶができたよ

東京都 西東京市立東伏見小学校 2年朴 優里佳

おひさまがこんなじかんにでてきたよ夕方ねるのがおそかったんだ

神奈川県 茅ヶ崎市立柳島小学校 4年須賀 汐里

文化の日天気がよくてつり日よりさおが折れそう大ものつれた

神奈川県 茅ヶ崎市立柳島小学校 5年栗田 友輔

ロボットが何でもかんでもできた時便利だけれど私はどうなる?

神奈川県 横浜市立釜利谷西小学校 3年渥美 和音

ドキドキだ父さん母さん見にくるよぼくの苦手なじゅ業さんかん

愛知県 東海市立加木屋小学校 4年杉山 拓也

まどの外ドッチボールだ楽しそう次のほうかにいれてもらおう

愛知県 東海市立加木屋小学校 5年加古 拓之

今の世のかんきょうおせんは問題だ小っぽけな私なにができるかな

愛知県 碧南市立西端小学校 6年原田 梨沙

入選作品集を希望される方へ

第21回~23回の冊子は在庫がございます。
ご希望の方は希望冊数により下記の切手代をご負担いただきます。
住所・氏名・電話番号・希望冊数を明記し、切手を同封の上、下記の宛て先までお送りください。
※本年度(第24回)の小冊子は2月中の発行予定です。何とぞご了承ください。(1冊 140円、2~3冊 240円、4~6冊 390円、7~12冊 580円)
〒112-8606
東洋大学広報課 「現代学生百人一首」冊子希望 係

Read more