1. トップページ >
  2. モンゴルからの短期留学生が来校しました

モンゴルからの短期留学生が来校しました

平成24年11月9日(金)、10日(土)、11日(日)にモンゴルからの短期派遣団89名が来校しました。
一行は、アジア大洋州地域及び北米地域との青少年交流(青少年キズナ強化プロジェクト)高校生招聘授業の一環で来日したもので、3泊4日の被災地訪問プログラムとして、福島での震災復興のボランティア活動等をした後、本校を訪れたものです。



本校では、ホームステイを含む2泊3日の滞在でした。

9日(金)は、歓迎式の後、書道の授業体験をし、午後にはモンゴル出身の東洋大学生、院生と先輩交流、本校1年生と歓迎交流会を行いました。
交流会では、団の代表生徒による被災地訪問の感想や日本への激励を日本語で話してくれました。さらに、国立モンゴル音楽舞踊カレッジに通う9名の生徒さんの、民族楽器による演奏を披露して頂きました。今回来日したメンバーは、モンゴルで開催された「東日本大震災チャリティー公演」でも演奏していたということです。

10日(土)は、終日ホームステイ先の本校生徒の家庭で過ごし、日本の生活を体験しました。
11日(日)は、14時00分より本校でホームステイ先の家族を交えての歓送会を開催しました。歓送会には300名近い皆さんが集まりました。ここでも、音楽舞踏カレッジの皆さんによる「北国の春」等日本の楽曲の演奏を披露して頂きました。
歓送会では、本校校長よりモンゴルの高校生にむけて、君たちには日本に新しいお父さんお母さんができました。私達は君たちがまた日本にやってくることを楽しみに待っています。と挨拶がありました。