1. トップページ >
  2. ご挨拶

ご挨拶

創立50周年記念校舎竣工・記念式典・附属中学校開校(設置計画承認済・認可申請中)

遠藤隆二校長先生

校長 遠藤 隆二

 昭和39年4月、東洋大学が当時の牛久町の協力を得て、旧町立岡田中学校の跡地に附属高等学校を開校して以来、東洋大学附属牛久高等学校は、平成26年に創立50周年を迎えます。この間、本校は、東洋大学や牛久市をはじめ、地元市町村並びに各中学校、地域の方々のご支援を得ながら、茨城県南地区の中心校としての今日的地位が確立することができました。これもひとえに皆様の本校に対するご協力、ご支援の賜物と感謝しております。
 本校は、この創立50周年を節目に、これまで本校が築きあげた歴史と伝統を基に「更なる飛躍」をめざし、今、様々な改革・改善の取組みを行っています。
 平成24年度には、外務省の絆プロジェクトに参加して126名の生徒をアメリカや中国、シンガポール等に派遣する一方、136名のアメリカやモンゴル等の高校生を受け入れるなどして国際理解教育を積極的に推進しました。平成25年度には外務省高校講座を実施する傍ら、特別進学コース、進学コース及びスポーツコースの3コース別の教育課程を編成し、学力・個性・技能等を伸長させる「特色ある教育」のできる態勢を整えました。平成26年度には、南オーストラリアの州都アデレードにおいて、特別進学コース130名全員が一人一家庭のホームステイの下で海外語学研修を実施します。今後も国際理解教育を積極的に展開してグローバル人材育成に力を入れるとともに、週当たり6時間増の授業を行い、学力向上と進学実績向上のための取組みを行います。
 現在、創立50周年事業として「校舎一号館の建て替え南棟工事」を行っています。この工事の竣工予定は平成27年1月末日、5月には北棟の2期工事に入ります。3号館の改修工事を含め、グランド等の周辺環境の整備等の完了予定が平成28年8月となっています。太陽光発電やシャワーレットトイレ、人工芝等を備えた快適な学習環境が整う予定です。
 平成27年4月には、男女共学で1学年70名の附属中学校を開校し、中学校と高等学校の6年間を一貫して教育するなど、本校の教育を一層充実させていきます。
 なお、創立50周年記念式典は、「校舎一号館の建て替え南棟工事」が竣工し、引っ越しが終了した平成27年3月を予定しています。
 卒業生の皆様や地域の方々のご期待に応え、「東洋大牛久」として大きく飛躍できますよう、ハード面もソフト面も更に充実させるなど全教職員一丸となって取組んで参ります。
 今後とも皆様の変わらぬご理解とご協力、ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。