学校設備

主な施設

  • 1号館(鉄筋コンクリート4階建 4,529.90平方メートル)
  • 2号館(鉄筋コンクリート3階建 1,744.77平方メートル)
  • 3号館(鉄筋コンクリート4・5階建 7,811.63平方メートル)
  • 4号館(軽量鉄骨2階建 526.50平方メートル)
  • 体育館(3,817.29平方メートル)、相撲部屋(115.02平方メートル)、弓道場(121.46平方メートル)
  • 野球場(21,327平方メートル)、自転車置場(収容台数1,164台)
  • 30周年記念会館(1,442.45平方メートル)、外便所(27.50平方メートル)

画像:施設・設備
700名収容の講堂(3号館)

本校では、東洋大学の附属高校として大学建学の精神を根底に本校の教育目標の具現化を図るための教育施設の充実・整備を行っています。

確かな学力向上を図るのための普通教室・演習室。物理・化学・生物・視聴覚・パソコン・書道・被服等の実験・実習用特別教室。蔵書数3万冊を超える図書館。

進路指導の充実を図るための進路指導室の他、進路に係る書物・資料を所蔵し、個人学習用のキャレルデスクの配置した図書館。

心のかよう生徒指導の深化と徹底を図るため、学校生活を心豊かにするためのサポートとしてのピアルーム。

画像:施設・設備
参考書から小説まで
さまざまな本がそろう図書館(3号館)

画像:施設・設備
オーラルやリスニングの授業で活躍する
LL教室(3号館)

画像:施設・設備
情報の授業では必須の設備が整った
PC教室(3号館)

特別教育活動の充実を図るため、授業のほかバレーボール部・バスケットボール部・バトミントン部・卓球部が活動している体育館、相撲道場・空手道場・弓道場・剣道場・・レスリング場・柔道場、軟式・硬式テニスコート、甲子園への道を目指し、練習に励んでいる専用野球場、サッカー部・ラグビー部・陸上競技部が併用している屋外運動場。いずれもの部活動においても、これらの学校施設を効率的に使用して、県大会は勿論のこと全国大会での活躍を視野に入れての練習を通じて、研鑽し、その成果として、県レベル以上の実績を持つクラブも多く、全国制覇を実現しているクラブもある。また、軟式野球部は、県代表の実績を持つ。

画像:施設・設備
トレーニングルームと
シャワー室を備えた体育館

画像:施設・設備
サッカー部・ラグビー部・陸上競技部が
併用する屋外運動場

画像:施設・設備
屋根付きのブルペンと
ナイター設備をもつ野球場

画像:施設・設備
ナイター設備をもつ
7面砂入り人工芝のテニスコート

茶道部、文芸部、写真部・美術部、華道部、囲碁将棋部、無線部、演劇部・英語部はそれぞれの施設を使用。本校の文化部の中で最も歴史のある吹奏楽部・歴史部やダンス部は、地域へ貢献する活動をしている。軽音楽部は、近隣への騒音を考慮し、防音設備を備えた部屋で活動している。

創立30周年記念で建てられた記念会館は3階建て、1階に200人が同時に昼食できる食堂。2階・3階では、会議・宿泊ができ、食堂を利用した朝食・夕食付きの宿泊ができる施設として、勉学・部活動や国際交流の充実に寄与している。

画像:施設・設備
さまざまな標本がそろった
生物室(3号館)

画像:施設・設備
調理実習で活躍する
食物実習室(3号館)

画像:施設・設備
防音設備の整った
音楽室(2号館)

画像:施設・設備
日替わりで選べるランチが人気の
生徒食堂(30周年記念会館)

画像:施設・設備
お弁当やパンを豊富に取りそろえる
購買部(3号館)

画像:施設・設備
畳と床の間をもつ
本格的な書道室(3号館)

また、近隣から通学が容易にできるよう最大収容1,164台の駐輪場を用意している。

なお、教職員・生徒においては、これらの校内各施設の設置目的を確認し、積極的に活用するよう創意工夫を促し、さらに美化保全に努め、学校事故防止に努めるとともに常に自他の安全に配慮することを教育目標としており毎月「学校安全・清掃の日」を設けている。