1. トップページ >
  2. 東洋大学附属牛久高等学校創立50周年記念事業に対するご支援のお願い

東洋大学附属牛久高等学校創立50周年記念事業に対するご支援のお願い

学校法人東洋大学は、昭和39年4月、当時の牛久町の協力を得て旧牛久町岡田中学校の跡地に附属牛久高等学校を開校しました。以来、東洋大学附属牛久高等学校は、地元牛久市や周辺市町村並びに各中学校の皆様のご期待とご支援に支えられ、学祖井上円了博士の建学の精神「護国愛理」と、教育理念「諸学の基礎は哲学にあり」を基に地域に根差した教育活動を展開し、茨城県南地区の中心校としての地位を確立しました。これまで実に2万有余の卒業生を輩出する学校に成長し、平成26年には創立50周年を迎えます。

現在、我が国においては、あらゆる分野でグローバル化が進展し、社会が大きく変化しています。将来の社会を予想することは容易ではありませんが、確実に言えますことは、多くの人々と協力をしながら「自分の力」で生きていかなければならない社会だということです。先行き不透明な社会において、本校の建学の精神と教育理念を踏まえた「哲学」をはじめ、様々な学問を学ぶことはとても有益で大切なことだと考えます。「哲学」等の授業で深く考え、その考えに基づく実践や行動を通して本質を見抜く力を身に付けた生徒たちは、将来、社会の難局や人生の隘路を粘り強く切り拓いていくものと信じています。

東洋大学附属牛久高等学校は、創立50周年を節目に更なる充実と発展を期し、新校舎の建設など教育環境を整備して一層教育効果を上げていく考えです。今後とも生徒たちの優れた知性と感性、そして、健やかな身体を備えた豊かな人間の育成に努め、地元牛久市や周辺地域の皆様から信頼され、期待され、愛される学校に発展するよう、努めて参ります。

皆様には、今度とも本校の教育活動に一層のご理解とご協力、ご支援を賜りますとともに、大変厳しい社会経済状況ではありますが、趣旨をご理解いただきまして、「東洋大学附属牛久高等学校創立50周年記念事業募金」にご賛同とご協力を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。