1. トップページ >
  2. 附属牛久高等学校創立50周年記念式典を行いました

附属牛久高等学校創立50周年記念式典を行いました

50周年記念式典

2015年3月13日、春の訪れを感じさせる穏やかな晴天の中、茨城県教育関係者、学校関係者、地元ご協力者、50周年記念校舎建設関係者をはじめとするご来賓、同窓会、PTA、元教職員などの方々をお迎えし、創立50周年記念式典及び祝賀会を挙行いたしました。

式典は、午前10時から本校体育館において、第一部・第二部に分け執り行いました。第一部は、学校法人東洋大学理事長福川伸次、校長遠藤隆二による式辞の後、橋本昌茨城県知事(代読)、大窪範光茨城県私学協会会長、池邊勝幸牛久市長によるご祝辞、木村綾乃生徒会長による生徒代表慶詞、全員での校歌斉唱をもって終了いたしました。

続く第二部は、~創立100周年へ、新たな旅立ち~と題し、ダンス部による演舞、空手部による演武、生徒代表による英語での「未来宣言」が行われ、第一部の厳粛な雰囲気と打って変わり、躍動感ある生徒発表の場となりました。

祝賀会は、会場をオークラフロンティアホテルつくばに移し、東洋大学長竹村牧男による挨拶、本校創設に携わられた坂本市郎東洋大学名誉教授、本校隣接の柏田神社氏子総代表中村安様による祝辞の後、樽酒鏡開きにより開宴となりました。和やかな歓談の途中、本校教頭高瀬修、武藤真樹の解説により、50年前の第一回入学式や開校当初の写真がスクリーンに映し出され、会場は当時からこれまでの思い出話に花が咲きました。

最後に、校長遠藤隆二によるお礼のことば、学校法人東洋大学常務理事松尾友矩による手締めで終宴となりました。

50年周年にあたり、ご尽力を賜りましたたくさんの皆様に深く感謝申し上げます。

東洋大学附属牛久高等学校は、次なる50年、100年に向けて着実に歩みを進めていく所存です。今後とも、末永くご協力・ご支援の程、よろしくお願いいたします。