1. トップページ >
  2. 部活動新着情報 > ラグビー部 新着情報 >
  3. 【ラグビー部】平成29年度 国民体育大会関東ブロック大会 結果 ※成年の部にて本校教員が国体へ出場権獲得

【ラグビー部】平成29年度 国民体育大会関東ブロック大会 結果 ※成年の部にて本校教員が国体へ出場権獲得

【ラグビー部】平成29年度 国民体育大会 関東ブロック大会 結果

ラグビー


8月末に実施された国民体育大会の関東ブロック大会に、本校より少年男子の部に3年生の足名君が、
成年男子に本校の教員の関口先生が茨城県代表選手に選出され、出場しました。

少年の部にて出場した足名君は惜しくも決定戦にて負けてしまいましたが、
成年部に出場した関口先生は全試合に出場、勝利することができ、本国体への出場が決まりました。

 

大会概要

大会名:国民体育大会関東ブロック大会
期日:2017年8月24日〜27日
場所:群馬県桐生市陸上競技場、ユーユー広場

 

出場選手

少年男子 3年 足名匠吾
成年男子 本校教員 関口悠利

 

大会結果

少年男子(15人制)
  1回戦  茨城県  26-14  群馬県
  決定戦 茨城県 14-81 神奈川県

成年男子(7人制)
  茨城県  15-14 埼玉県
  茨城県  15-7   山梨県
  茨城県  15-14 千葉県

 


足名君は本校より1名の選出ですが、茨城県の中でも突出した身体能力を持ち味に、チームに貢献しました。
本校から少年の茨城県代表選手として選出されたのは約10年ぶりであり、素晴らしいことでした。

2試合とも先発での出場をして、持ち前のスピードとパワーでチームの先頭に立ち、貢献していました。
特に神奈川県との試合では60分間フル出場となり、全国トップレベルの高校を主体とするチームを相手に見事トライすることができました。

 

また、本校の体育科の教員である関口悠利先生は成年男子の選手として、大会に出場しました。

関口先生は本校の卒業生でもあり、本校に入学してからラグビーを始めた方です。
本校卒業後、日本体育大学でもラグビーを続け、本校の教員として教鞭をとりながらも、今回選手として茨城県代表になり、見事全試合に出場、勝利しました。

結果、10月より愛媛県にて行われる国民体育大会への出場が決定しました。
本校から成年の部での選出はもちろん、本国体への出場は長い歴史の中でもおそらく初めてだと思われます。

両名とも本校の誇りを胸に堂々と活躍してくれました。
関係する方々には多くのご声援、ご協力を感謝いたします。
ありがとうございました。

 

 

足名 匠吾 コメント

 私は一年生の時に、茨城県優秀選手として表彰されている茨城県代表選手たちを見て、自分も二年後には代表選手に選ばれたいと思っていました。

 そして、3年生の春には正直その目標に手が届きそうで届かないところにいましたが、たくさんの選考会や大分遠征などを通して自分の役割やチームに求められていることを全てやろうと努力しました。
その結果、正選手としての選出をしていただきましたが、まさか本当に高校から始めた自分が県の代表選手として出させてもらうことに驚きとともに本当に嬉しかったです。

 関東ブロック大会では、レベルの高い仲間と共に全国の強豪校と試合ができたことが、自分にとってとても素晴らしい経験になりました。

 結果は代表決定戦で神奈川に負けてしまい、本国体への出場権は得られなかったのですが、自分なりに楽しく、とても充実した時間を過ごすことができました。

 ここで学べた自分に足りない所や、強いチームに勝つために自分達がなにをしなければいけないのかをしっかりチームに還元していき、東洋大牛久高校のラグビー部をもっともっと強くしていき、秋の花園予選に向けて頑張っていきたいと思います。
応援ありがとうございました。

ら

 

 

関口 悠利 コメント


 愛媛国体関東ブロック予選に参加してきました。対戦相手は山梨、埼玉、そして昨年度全国三位の千葉県でしたが、結果は三連勝することができ、リーグ一位通過で全国大会である本戦に参加が決まりました。

 全ての試合が僅差で、埼玉と決勝の千葉は1点差での辛勝でしたが、チーム一丸となって走って守り勝った試合でした。
茨城代表という重みと、自身では久々の公式戦ということもあり、実際にグランドに立った時に心臓が鳴り、息が上がる等、緊張に包まれていました。
 しかし、その緊張感も楽しめる感覚もあったことが、勝利へと繋がったとも思います。
また、全力でラグビーが出来たこと、みんなで一つの目標に向けて一丸となって取り組めたことがなによりも楽しくもあり、嬉しくもあり、改めてラグビーをやっていて良かったと思いました。

次は10月の頭に愛媛にて試合があります。
何かと迷惑をおかけすることになると思いますが、全力で頑張って参りますのでよろしくお願いします。

ら ら

 

 

 

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.