1. トップページ >
  2. 部活動新着情報 > ラグビー部 新着情報 >
  3. 【ラグビー部】全国7人制大会茨城県予選ベスト8

【ラグビー部】全国7人制大会茨城県予選ベスト8

【ラグビー部】全国7人制大会茨城県予選べスト8

2016年6月17日(金)、18日(土)と水戸市のツインフィールドにて全国7人制大会茨城県予選が行われました。

ラグビー

本校ラグビー部は1日目(17日)の予選リーグを1位で通過し、2日目に1位トーナメントへ出場しましたが、1回戦にて茗渓学園に敗れ、その後の順位決定戦においても勝田工業高校に惜しくも敗れベスト8となりました。

昨年度の同大会でも茗渓学園と対戦しましたが、今年は昨年度と違う戦い方で挑みましたが、全国でもトップレベルの技術を持つ、相手に敗れてしまいました。

1年生が多く入部したこともあり、日々の練習でも実践的な練習が行え、例年よりも非常にミスが少なく戦えたのはメンバー以外の努力もあってのことだと思います。

また、Mgや怪我で出れない選手も試合以外のところでも非常にサポートをしてくれました。

遠方にも関わらず多くの保護者が応援に来ていただきました。

応援ありがとうございました。

ラグビー1 ラグビー2 ラグビー3

戦績

大会名:全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会茨城県予選

期日:2016年6月17日(金)~18日(土)

会場:水戸市ツインフィールド(サッカー・ラグビー場)

結果: 1日目(17日)予選リーグ
       1回戦     東洋 〇 48ー0  ● 水戸農業高校
       2回戦     東洋 ○ 50-0  ● 牛久高校
     …予選リーグ1位

    2日目(18日)1位トーナメント
       1回戦      東洋 ●  0-43 ○ 茗渓学園
       順位決定戦  東洋 ●  7-19 ○ 勝田工業高校
     …ベスト8(7位)

ラグビー4 ラグビー5 ラグビー6

生徒感想

Fw(主将)玉村浩太朗(3年:我孫子市立布佐中学校出身)

この大会二日間は学校を公欠させてもらい、大会へ出場しました。

初日は牛久高校と水戸農業高校との試合にともに勝つことができ、予選を1位で通過しました。
しかし、2日目の茗渓学園には大差で負け、勝田工業との試合では僅差で負けてしまい、とても悔しい気持ちでいっぱいです。

去年の同じ大会で、私は7人制のメンバーに入れずにすごく悔しい思いがありました。
以来、技術面での向上を頑張って今回メンバーに入ることができ、大会へ参加しました。

今年は1年生もたくさん入ったこともあり、昨年よりもメンバーになることは大変だったと思いますが、たとえメンバーに入れなくとも、セブンスを見ることができたのはすごくいい経験になったと思います。
2年生は全員ベンチに入り、試合に出ていい経験になったと思うので、来年にはしっかりとベスト4以上を果たしてほしいです。

この大会が終わり、私たち三年生は残すは花園予選のみとなりました。
悔いが残らないことはもちろんですが、大会を常に意識して日々の練習や夏合宿などに一生懸命取り組み、花園予選では勝利を重ねていきたいと思います。

Bk 遠藤剛(2年:我孫子市立我孫子中学校出身)

決勝トーナメント1回戦の茗渓学園戦では、足の速いウイングをどうすることもできずに悔しかったです。
しかし、今後同じような選手が来た時にどう対応したらいいのかを改めて学ぶことができ、いい経験になったと思いたいです。

勝田工業戦ではトライをとることができ、嬉しさもありましたが、その後タックルに入ってもうまく繋がられてしまったり、14分間全力で走り続けることができずに、負けてしまいました。

7人制での試合でしたが、この2日間ででた反省を踏まえて秋の15人制大会の花園予選に向けて練習に取り組んでいきたいと思います。

Fw 足名匠吾(2年:牛久市立牛久第二中学校出身)

 この七人制大会に出場できたことは今後の僕にとってとても貴重な体験でした。

昨年には着れなかった東洋大牛久高校ラグビー部のユニフォームを着てこの大会に出たことが何よりも嬉しかったし、「やってやろう」という気持ちがすごく高まりました。

決勝トーナメントの茗渓学園との試合では試合前に自分の力がどれくらい通用するのだろうかと考えていました。
しかし、その試合でわかったことは自分の力のなさでした。
1トライも取れなかったことはとても悔しかったです。
しかし、茗渓と戦えたことは今後の収穫だった思い取り組んでいきたいと思います。

勝田工業戦では試合後に『もうちょっと自分でもいけたんじゃないか?』と考えさせられる場面がたくさんありました。
自分の気持ちの弱さだと思い、自分にとって大きな課題を見つけられたので今後の15人制で挽回していくつもりです。
これからの夏を乗り越えて最後にはみんなで最高の結果を残していきたいと思います。

Bk 渡辺響介(1年:つくば市立谷田部東中学校出身)

大会二日間で感じたことは、強いチームほど基礎プレーがしっかりしていることです。
強いチームほど反則がなく、プレーヤー全員が声を出して、コミニュケーションがとれていました。

試合を外から見て学んだ事はたくさんあります。
どうしたらトライを決めることができるか、どう守ったら相手にプレッシャーをかけれるかなど、多くの事をこの2日間で学びました。

初めて7人制ラグビーで先輩と一緒に試合に出てとても緊張しました。
だけど、徐々に緊張がほどけ、自分らしいプレーができました。
声だけはたとえ先輩でも負けないようにしました。そのおかげでトライを決めることができました。

普段の練習でやるトライと違って公式戦でのトライはとても気持ちよかったです。

この経験を15人制のラグビーにもいかし、これからも自分らしいプレーができるように練習から努力していきます。

ラグビー7 ラグビー8 ラグビー9
※写真はすべてマネージャーの撮影によるものです。

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.