1. トップページ >
  2. 部活動新着情報 > ラグビー部 新着情報 >
  3. 【ラグビー部】(株)明治による栄養講習会を行いました。

【ラグビー部】(株)明治による栄養講習会を行いました。

【ラグビー部】(株)明治による栄養講習会を行いました

2016年2月24日(水)に(株)明治による栄養講習会を行いました。

栄養

ラグビーは、多くの種目の中でも運動量が大きい競技です。そのため、食事の量や内容が乏しいと運動量が確保できなったり集中力が欠けたりして、自分のパフォーマンスの低下や怪我の発生の要因になります。更に高校生という成長期はよりしっかりとした量とバランスの良い食事をとることが求められます。

ラグビー部では、今年度すでに2回(株)明治の講師の方を招いて、基礎的な栄養素の話から練習や試合の時にはどのような食事をとるのが良いのか等を教えていただています。

今回は、よりラグビー選手としての求められる食事内容を教えていただくとともに、事前に各生徒が自分が食べた食事内容をレポートにまとめて写真を撮り、その内容や量を講師の方によりどのような食事を心がけるべきなのかを教えていただきました。

生徒は自分の今の食事内容をしっかりと把握し、よりよくするためには自分自身の食に対しての意識を高めることが必要であると感じたようです。

講師の方も非常に食事がバランスよく取れている生徒もいることや、不足している生徒がしっかりと改善しようと考えていることを誉めていただきました。

部活のみならず、充実した学校生活にはバランスと適正な量の食事が欠かせないことを学ばせていただきました。

栄養1  栄養2

講習の感想

〇1年 程田光輝 (一番バランスが取れていたと誉められました。)

「バランスが取れていたとはいえ、毎日続けるのは難しいところがあるので、朝昼晩に取れていない栄養は1日の内にうちのどこかでとれるようにしたいと思います。」

〇2年 青山慶弘 (食事レポートが一番しっかりしていていました。)


「今回の講習会によって食事の質・量・タイミングの大切さを知ることができました。それによって練習前後の補食や栄養フルコース型の食事を意識してとるようになりました。この食事の改善によって練習や、体作りの効率化をしていこうと思います。今回の講習を受けられて本当によかったです。ありがとうございました。」

〇2年 吉原佑香(マネージャー)


「今回は(株)明治さんに3回目の栄養講習をしていただけました。選手も段々と栄養の知識がついてきて、意識的に食事をとっている選手はやはり体も大きくなっているのがわかり、食事と体の成長は密接に関係していることを実感できるようになりました。私たちの体は食事で作られているので元気に学校生活を送るためにもバランスのとれた食事を心掛けていきたいと思いました。」

栄養4
▲講師の方に誉めていただいた4名

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.