1. トップページ >
  2. 東洋大学との連携 > 東洋大学との連携 新着情報 >
  3. 1学年対象東洋大学白山キャンパス見学会

1学年対象東洋大学白山キャンパス見学会

1学年対象東洋大学白山キャンパス見学会

2016年5月10日(火)、高大連携教育の一環として、本校1年生を対象とした東洋大学白山キャンパス見学会を実施しました。

この見学会は、新入生が東洋大学とはじめて接する機会であり、これからの高校生活の在り方や将来の進路について考える出発点となる大切な行事として、毎年実施しています。

1
▲白山キャンパス内、創立者 井上円了の銅像前

スケジュール

開会

09:50

本校校長挨拶(遠藤 隆二 校長)
10:00学長講演(東洋大学 竹村 牧男学長)
10:15キャンパス見学&ECZ説明会
11:35休憩
11:50大学概要説明
12:10東洋大学教授講演(国際地域学部 島川 崇准教授)
12:50閉会
13:00学食で昼食
  

学長講演で竹村学長は、「東洋大学は11学部44学科、学生数が約3万人という、大変大きな総合大学です。ここでは皆さんもよく知っている、創立者 井上円了の建学の精神に基づいて、哲学する心を持ち、自分自身で考え、判断し、主体的に行動する人間を育成しています。また、来年度には創立130周年を迎え、新学部が誕生します。皆さんが入学する頃には、ますます環境が充実していることでしょう。本日はぜひ、東洋大学の雰囲気を十分に堪能していってください」と歓迎の言葉をおくりました。

1  1
▲竹村学長による学長講話          ▲ECZ説明会で、積極的に挙手する本校生徒

その後、大学生等引率によるキャンパスツアー、ECZ(正式名称はEnglish Community Zone 詳細はこちら)の説明を経て、島川 崇准教授(国際地域学部)による講演会が実施されました。

講演の中で、「附属牛久高校を卒業した多くの先輩たちは、東洋大学でやりたいことを見つけてさらなる成長を遂げ、大学卒業後も社会で活躍しています。大学に入ってから何をしたいか、今のうちから考えておいてください。そして、皆さん方には、井上円了の意志を社会に発信する伝道者になって欲しいと思います。3年後、皆さんとともに学ぶことを楽しみにしています。」と、本校生徒への期待を込めて熱く語りました。

1  1
▲キャンパス見学中(図書館前)        ▲島川教授による講演会

講演会終了後、白山キャンパスの学食で昼食後、解散となりました。

参加した生徒からは、「自分の将来を具体的にイメージすることができた」「施設がとても充実していて驚いた」と意見があり、早い時期に大学進学を意識し、将来への進路選択の意識を高めていた様子でした。