1. トップページ >
  2. 東洋中だより(2016年11月アーカイブ)

東洋中だより(2016年11月アーカイブ)

東洋中だより

平成28年 11月29日

定期考査直前になりました

定期考査前で、生徒達は学習活動に頑張っています。

010

11月30日から第4回定期考査が始まります。授業は、7限まで行われますが、生徒達は放課後も教室や学習室に残って学習しています。

写真は、教室で教え合い学習をしている生徒や黒板を掃除している者などのほほえましい光景と、会話厳禁の学習室の少し緊張した雰囲気のものです。

020

職員室に質問に来た生徒には、職員室の質問コーナーや生徒の教室・ポケットという少しリラックスできるコーナーで指導しています。

努力の成果に期待しています。

平成28年 11月26日

ブリティッシュヒルズ報告(2年生)

遅くなりましたが、別にトピックでも上がっていますが、2学年の国内語学研修についても報告いたします。

030

3泊4日という長期間で実施をしました。
日を追うごとに、British Hillsの講師との距離が縮まっていき、研修後半では、積極的にコミュニケーションを取っていました。
詳しくは、トピックのページをご覧ください。

030

次年度は、いよいよ豪州アデレードへの海外語学研修です。
今回の経験を活かし、残り1年間、さらなる英語力を身に付け臨んでほしいと思います。

平成28年 11月24日

校舎と試験管に降る雪

秋も深まってきて、中学校教室の廊下から眺めるケヤキの大樹も美しく色づいてきています。

010

さてそんな晩秋の折、11月24日の関東地方は季節外れの大雪に見舞われ、観測史上初の11月の積雪となりました。

020

グラウンドの中央には銀杏の樹がありますが、黄金色に色づいた銀杏の樹に雪が降り積もるのも、本校の創設以来初めてではないでしょうか。

珍しく、そして美しい光景でした。

また折しもこの日に行われた理科実験も、「雪」にかかわりのある実験でした。

020

塩化アンモニウムの再結晶の実験です。

雪のような結晶が試験管の中に降り積もっていくさまはまさに幻想的で、生徒たちは自分たちのiPadを手にして、結晶の降り積もる様子を動画で撮影していました。

050

くしくも「雪」つながりとなったこの日。

どちらの記憶もいい思い出となって生徒の心に残ればうれしいと思います。

 

平成28年 11月22日

All English Day(1年生)

11月18日(金)はオールイングリッシュデイ(All English Day)が行なわれました。

000

この日は特別に外国人講師を招き、少人数で1限から6限まで1日中英語のレッスンを受けました。すべての授業は英語で行われ、まさにALL English の1日となました。1限は事前準備をして、2限はマルチパーパスホールに全員集合し、開会式、ワープアップアクティビティを行いました。

010

少々緊張している様子でしたが、インストラクターの愉快な自己紹介を聴いたり、みんなでアクティビティーをしてリラックスでき、英語でのレッスンの準備ができました。

020

3限~5限は少人数でのグループレッスンを行いました。様々なテーマでの自己表現活動にチャレンジしました。

030

6限は再びマルチパーパスホールに集まり、インタビュー活動をしました。英語のシャワーをたくさん浴びるような1日となりました。
この経験を日頃の学習に活かしてください。

平成28年 11月19日

筑波山史跡登山(1年生)

11月16日は標高25mから877mまで旧参道を歩ききる「筑波山史跡登山」が実施されました。

010

元気いっぱいに先頭を走る男子、紅葉を楽しみながらゆっくりと登っていく女子、最後尾でもあきらめずに山頂を目指す生徒たち、どの班も自分たちのペースと気持ちを大切にしながら山頂まで到達することができました。

020

ほとんどの生徒は一度は筑波山に来たことがあると思いますが、今回のコースと自由行動の登山でまた新たな筑波山の楽しさを見つけることができたのではないかと思います。

040

特に印象的だったのは、他の登山客の方とのあいさつです。
ふだん、学校生活の中では照れてうまくあいさつできない生徒も、つぎつぎとすれ違う登山客の方と道の譲り合いをするなかで、ごく自然にあいさつをすることができていました。
この姿勢はこれからも、学校の中でぜひ続けてほしいと思います。

030

平成28年 11月14日

グローバル探究「教養」~手紙の書き方~(1年生)

今、1年生の教養の時間では「手紙の書き方」「データ収集の基礎~資料写真の撮り方~」「英語で話そう~自己表現の仕方~」「表計算ソフトNumbersを使いこなそう」という4つの課題に取り組んでいます。今回はその中のひとつ、「手紙の書き方」をご紹介します。

010

今は電子メールやSNSで気楽にメッセージが送れる時代になりました。
手紙は、届くのに時間がかかるし手間もかかるので、出したことがないという生徒もいました。
この時代、確かに面倒くさいことかもしれません。ですが、その手間や時間がかかっている分、かえって気持ちが伝わるのではないでしょうか。
いまや手紙は連絡手段ではなく、気持ちを伝えるツールに変化しています。
そして、きちんとした手紙が書けることは周囲から信頼され、社会的な信頼を得られる人なのです。
そんな話をしながら、実際に手紙を書くことを実践していきます。

まずは、手紙文の基本をワークシートでしっかりと学びます。
書き出しと結びの言葉、時候の挨拶などの一般的なルールも、初めて知ったという生徒が数多くいました。
そのあと封筒や葉書の宛名の書き方を練習し、一通りの知識を身につけます。

そして、実際に手紙を書きます。
手紙を出す相手はお世話になった方々です。部活の先輩、おじいちゃんおばあちゃん、親戚のおじさんおばさん、お友達……。
相手の好みを考えて便せんや封筒を選び、ペンで丁寧に清書をします。普段手紙を書かないので、ここまでたどり着くのが大変そうな生徒もいました。
ですが、手紙が完成し切手を選ぶ段になると、これまでの苦労も吹き飛んで楽しそうでした。
 
今回学んだことを活かして、いろんな場面で手紙を書ける人になってほしいと思います。

 

平成28年 11月12日

グローバル探究「国際理解」の授業(2年生)


今年度、東洋牛久には、3人のネイティブスピーカーの先生に加え、フィリピンから2人の先生、Jane先生とRose Ann先生が加わりました。

010

今日はお二人の母国についてお話を聞きました。Food, Clothes, Culture,Tourist Spotsについて、日本とフィリピンを比較しながらのワークショップです。

020
 
共通点や相違点について、先生方に質問しながらシートを埋めていきました。
独特の料理やダンスについての楽しい話が聞けました。
自分の母国について語る際のお手本になったことと思います。
来週からはブリティッシュヒルズでの英語研修に出かける2年生。さらに多くの国籍の先生方とのコミュニケーションが待っています。

平成28年 11月10日

British Hills国内語学研修に向けて(2年生)

010
「BH語学研修に向けたポスター」

 いよいよ、British Hills(BH)における国内語学研修が来週に迫ってきています。
2年生61人が4チームに分かれて、4チームが互いに競い合うレース形式での事前活動を頑張っています。

4つのチームが集って行われたプレゼンテーションでは、各チームとも自分たちの特徴やイメージなどから考え出したユニークなチーム名の紹介がありましたが、「たしかにこの人たちにはこのチーム名が合っているな~」と、くすっと笑えるようなチーム名もありました。
各チームのモットーもよく考えられており、例えば”Let’s work together and get over the wall.”というモットーを掲げたチームからは、みんなで協力してBH語学研修を成功させたいという純粋な想いが伝わってきました。

020 
「プレゼンテーションの様子」

事前活動の中には、ネイティブの先生へのインタビューを行ってポイントを獲得するという項目があります。
これはBHに行ってからも現地の先生に行いますが、感動したのは、英語があまり得意ではないという生徒も積極的にインタビューに訪れポイントを取りに行く姿勢を見せてくれたことでした。
「自分もチームのために貢献するんだ!」という姿勢の表れであり、早くもこの語学研修を通して生徒の成長した姿を見ることができ、とても感激しています。

他にもBHで行うスピーチの原稿を「ああでもない、こうでもない」と今現在の英語力をフルパワーで発揮して書いていたり、他のチームよりも格好良いネームプレートを作成しようとしていたりと、残りわずかな時間の中で生徒たちは精一杯準備を頑張っています。

平成28年 11月8日

入試説明会プレゼンテーション練習(1年生)

第2回、3回の入試説明会では昨年同様、中学1年生による生徒プレゼンテーションが行われます。
発表内容は創造祭での研究成果についてです。
創造祭で発表した内容を元にして、各教科代表は日々特訓を繰り返し、本番に備えました。

010
放課後に練習するようす

そして11月5日の発表本番。
結果、みごと100点満点の大成功!
全員が発表原稿をしっかり頭に入れ、来場された観客の皆さんの目をしっかり見てしゃべることができました。

020

「外部の方の前で発表する」という体験は、生徒にとって一段上に進むためのまたとないチャンスです。
今後も、様々な発表活動に取り組んでほしいと思います。

生徒会選挙が実施されました

生徒会中学役員改選の時期となり、中学校エリアの廊下には立候補者による選挙のためのポスターが貼りだされています。

030

11月7日には中学校の1・2学年の全生徒が集合して、中学役員候補者による立会演説会が行われました。

050

1年間の実績をアピールする候補者、新たな風を吹き込みたいと訴える候補者、新鮮さを感じさせる1年生の候補者、それぞれに個性がある演説会であり、どの生徒たちからも学校生活を自らの手で良くしていきたいという強い意気込みが感じられました。
選挙の宿命とはいえ、惜しくも役員に選ばれなかった生徒も出てしまったようでしたが、また新たな1年間、生徒会行事をどんどん盛り上げていってほしいと思います。