1. トップページ >
  2. 東洋中だより(2016年10月アーカイブ)

東洋中だより(2016年10月アーカイブ)

東洋中だより

平成28年 10月26日

English Marathon スタート!(1年生)

010

10月24日から11月25日までの1ヶ月間は英語学習強化月間とし、集中的に学習し英語力向上を図ります。
この期間は英語マラソン期間になり、様々な課題をクリアーして42.195kmを完走します。
例えば、英語の音読部門、暗唱部門、ライティング部門、英検部門などいくつかの部門を万遍なく学習し、4技能をバランスよく伸ばします。

全員完走しよう。

牛久市民文化祭 作品展

 020

10月19日(水)~23日(日)の5日間、牛久市生涯学習センター・多目的ホールで小・中学生の絵画・書写展が開催されました。わが東洋中も書写の部で初参加です。1年生も2年生も制服を汚しながら、頑張って毛筆の作品を仕上げました。
クラス数で出品数が決まっているため、他の学校より出品数は少ないものの、堂々とした作品たちでした。どの作品も起筆がしっかりしていて、字が大きく伸びやかに書かれています。
1年生は自分の好きな四字熟語を楷書で書きました。生徒の作品には「一石二鳥」や「虎視眈々」などおっとと思うものもあり、それぞれの個性が出ていて面白いと思いました。
2年生は先輩らしく、行書の作品です。筆遣いの流れを感じさせる行書を書くのは大変なことですが、上手に書けています。また、漢字とかなの作品は配列に気をつけないとバランスが崩れてしまうところが難しい点です。

これからもたくさん作品を書いて、書の世界を堪能してほしいと思います。

平成28年 10月25日 

グローバル探究」教養2のようす(2年生)

本日の6・7限目は教養の時間でした。2クラスはそれぞれ2つの班に分かれ,それぞれの講座を受けました。
下の写真の班は,情報の検索方法,情報の活用法やインターネット利用の際のリスクを学びました。

010

こちらの班は,iMovieで動画を制作しました。
写真は,自ら制作した動画をみんなに発表しているところです。
動画のテーマは生徒それぞれに任されているため,アイディアが詰まった動画が多くありました。

020

次の班は,インタビューの仕方を学んだ上で,実際にインタビューにチャレンジし,その内容を記事にまとめるまでを行います。
下の写真は,インタビュー後の内容をまとめているところです。
どのような記事に仕上がるのでしょうか。とても楽しみです。

030

8限と放課後の学習(2年生)

8限は「English Race」を行いました。
各クラスがそれぞれ2つの班に分かれ,計4つの班で単語調べや速読のタイムを競いました。
生徒たちはみな真剣モード。負けたくない気持ちが教員まで伝わってきました。
生徒たちの真剣な姿は,何度見てもいいものです。

040

最後に,土曜日に行われた学力推移調査の国語の振り返りを放課後に行いました。
生徒は意欲的に取り組んでおり,講座の内容をしっかりと自分のものにできたのではないでしょうか。
放課後講習の依頼をしてくるような意欲的な生徒がもっともっと増えることを期待しています。

050

平成28年 10月18日

筑波山史跡登山・下見(1年生)

定期考査1日目も終わり、生徒たちが早々に下校したのち、午後から、中学校1学年の教員+αで、11月に実施する筑波山登山の下見に行ってまいりました。

 010
登山道の休憩所にて

旧登山道をふもとから登る中距離の登山コースはやや厳しいですが、伝統ある登山コースは地域の歴史を体感するのに最適のコースです。
昨年度は惜しくも雨天で中止となり代替で国立歴史民俗博物館の見学となりましたが、今年度はぜひ登山を実施したいと考えています。

400
山頂駅チェック地点にて

幸い降り続いていた雨も下見前にぴたりと止み、無事に行程を終えることができました。
本番も、本日と同じような好天に恵まれ、生徒たちが存分に登山の楽しさを味わうことができることを祈っております。

平成28年 10月14日

国語『走れメロス』を題材にして(2年生)

 テストも間近に迫り、第3期の勉強も仕上げにかかってきている今日この頃です。本日は、本校の国語科の授業の一端を紹介したいと思います。
扱った教材は『走れメロス』。言わずと知れた太宰治の名作です。
今回は、本文の内容を踏まえたうえで『走れメロス』の二次創作を作ろう、という目標を立てました。

010 

いわば、「小説を書いてみよう」という今回の課題に対し、「案ずるよりも産むが易し」と筆をひとたび走らせると、生徒全員が小説執筆に熱中している様子でした。
今回はより小説家の気分になってもらおうという目的で、ペンネームも自由につけさせました。
それぞれが思い思いの筆名を考えている様子が、授業外でも見られました。

020

各場面における人物の行動を表で整理し、「どの場面を自分で補うか?」を定めた後、本格的に執筆を開始します。
登場人物の人物像や各場面の概要を整理すれば、小説執筆も存外難しくないと体感してくれたことと思います。
描写にあたり、当時の時代背景をiPadで調べる等して、各人が力作を執筆してくれました。 

030

今回取り上げた『走れメロス』も、ドイツ古典主義の文豪シラー(シルレル)の譚詩『人質』をもとにしており、いわばシラーの詩に感銘を受けて書かれた太宰治の二次創作ともいえます。
さらにシラーも、古代ローマの伝説をもとにして『人質』を書き上げました。
そうして書き継がれていった作品の一列に参与することは、生徒にとって重要な言語体験です。
そのような、知識の受容のみにとどまらない経験をみんなで共有する場となってくれればと思います。

平成28年 10月8日

授業参観・PTA懇談会、研修会

10月8日に授業参観並びにPTA懇談会・研修会が実施されました。

授業参観では、生徒はいつもより緊張していたように見えましたがいかがだったでしょうか。
どのクラスも積極的に授業に取り組み、真剣に先生の話を聞く態度を見られました。
保護者のみなさまも安心して授業をご覧いただけたのではないかと思います。

010030
 中学1年生の授業参観の様子

040050
 中学2年生の授業参観の様子

参加くださった保護者のみなさま、お忙しい中、お足元の悪い中お越しいただきましてありがとうございました。

英検を実施しました

夏休みが終わるとすぐに創造祭、休む間もなく芸術鑑賞と立て続けに行事が行われました。
普段は明るく元気な表情の東洋生の顔にも疲れが見え始めているように感じます。
そんな中、本日は英検が実施されました。
今日も午前中の授業が終わり放課後になると、生徒はぎりぎりまで試験勉強を頑張っていました。
一人ひとり受験した級は違いますが、全員が合格していることを願います。

060
英検や定期考査の学習のようす(LHR)

最後に、第3回定期考査まであと10日となりました。
各自学習計画を立て、同時に目標が明確になっていることと思います。
それぞれ目指すところは違うと思いますが、各自が目標を達成できるように学習を進めてほしいと思います。