1. トップページ >
  2. 東洋中だより(2016年9月アーカイブ)

東洋中だより(2016年9月アーカイブ)

東洋中だより

平成28年 9月30日

9月27日(火)に、全校生徒で東京国立博物館を中心とした芸術鑑賞に行ってまいりました。

010

目的を「我が国や他国の芸術作品を鑑賞し、日本及び海外の伝統文化を理解すると同時にグローバル人材の育成に資する。校外で活動することを通じて、社会的なルール・マナーを身につける。」とした校外学習は、現地集合で始まり、午前は東京国立博物館を、昼食から午後はグループで立てた計画に従って、国立西洋美術館や国立科学博物館を見学しました。

020

生徒は見学した施設で、持参したipadに映像や記録を残し、今後の学習でプレゼンやレポートに使います。

040

展示されている物に本物が多いことに驚き、1日の計画では見学しきれない施設の豊かさに今後の学習意欲をかきたてられ、現地集合で始まり現地解散した後の帰宅報告まで、目的に迫れる充実した芸術鑑賞でした。

平成28年 9月26日

全国中学生英語ディベートPre大会(2年生)

名古屋の中京大学で開催された「第6回全国中学生英語ディベートPre大会」に出場しました。

本校から2チームを編成、論題 "All secondary schools in Japan should stop providing school lunches for the students." に挑みました。

毎年出場している学校のディベーター達のレベルは高く、しかもほぼ3年生。
先週までの「英語で落語」から一転して「ディベートで英語」となり、出場の9名は大忙しでした。

010
020
新幹線に乗るや否や、すぐに資料を開き準備に余念がありません

 030040

結果は2チーム合わせて7戦2勝5敗。

英語を学び始めて1年半の中学生が英語で戦っている姿には、感慨深いものがありました。

050

平成28年 9月20日

9月17日に、創造祭(文化祭)の一般公開が行われました。

000

2年生『英語で落語』

010

2年生は、全員が「英語で落語」にチャレンジしました。
おなじみの「まんじゅうこわい」や「時そば」など有名な演目もありました。

020

生徒それぞれの個性が出ており、見ていてとても楽しめました。

来年のオーストラリア・アデレードのホームステイに向けて、それぞれ家庭へのお土産が、できたのではないでしょうか。

030

中学1年生 「教科プレゼンテーション&ワークショップ」

 中学1年生は4班に分かれて、国語・英語・数学・理科の教科発表を行いました。

国語「伝統文化を調べよう」

050

国語班は「平安時代の衣服」「平安時代の行事」「地域の伝統文化」について、6グループに分かれて調べました。

プレゼンテーションとポスター発表の2本立てだったので、どの班も苦労していたようです。
一般公開の日は緊張もしていたようですが、回を重ねるごとにどんどん良くなっていき、最後のプレゼンテーションはかなりの完成度でした。
ご来場の方々のあたたかい拍手に顔をほころばせていたのが印象的でした。

英語「レシテーション」

060

英語班はネイティブスピーカーが使用する子供向けの本の暗唱をにチャレンジしました。

入学後にアルファベットから始まった英語学習ですが、だんだん発音も英語らしくなってきたところでした。
子供向けの本とはいえ、難しい単語もたくさん出てきました。
まだ習ってない単語も何度も練習しました。
この発表を通じてさらに英語学習のはずみがついたことでしょう。

数学「数学に興味を持とう」

 090

各自で、数学・数字や東洋牛久に関することについて事前に調べ、その内容をクイズ形式にして出題しようという活動でした。
一筆書きや数字を使ったなるほどねとうならせる計算だったりと、たくさんの難問・珍問で来場者には楽しんでいただけたと思います。
ブースの後ろに展示した、数学に関するポスターは、生徒なりに調べ、工夫を凝らしたものでした。

理科「実験ワークショップ」

 060

理科は6班に分かれて、「5分で遊べる理科実験ワークショップ」を行いました。

「つかめる水Ooho!」「コインボウリング」「塩化アンモニウムの結晶」「水中シャボン玉」「空気砲」「アルコール大砲」と、自分で選んだ実験に工夫を重ねて、来場者が気軽に遊ぶことができるブースを作り上げ、意欲的なデザインを凝らしたポスターとともに発表しました。

小さな子どもたちも多く訪れ、来場した方はどなたも興味深そうに遊んで行ってくださいました。

ポスターコンテスト

080

これまでの「教養」の時間に作成した教科学習ポスターを掲示し、来場者に投票シールを貼ってもらうポスターコンテストも実施しました。

優秀作品には追加で貼る隙間もないほどの投票用「いいね!」シールが貼られ、生徒たちの努力も報われたのではないかと思います。

ご来場いただいた皆様に、あらためて感謝の意を表します。ありがとうございました。

平成28年 9月10日

『英語で落語』リハーサル(2年生)

本日は創造祭に向けて,第2学年は落語のリハーサルを行いました。
舞台を設置する生徒,演じる生徒,スクリーンを用意する生徒,それぞれが責任を持って準備に取り掛かっていました。

010 

リハーサルの出来はどうだったのでしょう。

安心して下さい。見事な落語でした。さすがワンダフル1期生。

020

030

創造祭の一般公開は9月17日(土)です。見応えたっぷりの落語になると思います。みなさまお楽しみに!

平成28年 9月6日

8月26日(金)から授業が始まり、生徒は各教科の夏休み課題を提出し、成果に対する確認テストや研究・調査の発表などを行っています。
写真は理科の博物館見学の発表の様子です。

010

課題確認テストでは、基準に達することができない者は再テストを受けています。

また、通常授業と文化祭の準備にも取り組んでいます。ちなみに、文化祭は、創造祭と称して16日(金)17日(土)に開催されます。楽しみにしていてください。

平成28年 9月2日

創作部活動報告

今回は創作部の活動についてです。

創作部の主な活動は,イラスト,小説,詩の作成・執筆です。部活動の中で,部員全員が各人の思いのままに作品を創作しています。特に詩に関しては,月に一回刊行されるJAの詩集「ひばり」への投稿を部員全員で継続的に行っております。

010 

今回,6月の梅雨の季節に,降りしきる雨に思いを馳せながら執筆した部員の詩が入賞し,「ひばり」8月号内に掲載されましたので,紹介したいと思います。 

雨が「パラパラ」降り始めてから「ザーザー」降りしきるまでの情景の移り変わりを、梅雨の風物を用いながらリズムよくいきいきと描写した詩です。

020

他にもイラスト,小説の作成も活発です。現在は,9月に本校で行われる創造祭への出展に向けて鋭意執筆中です。活動を通して,部員同士が先輩後輩の垣根を越えて互いに語り合う場ができています。