1. トップページ >
  2. 東洋中だより(2016年4月アーカイブ)

東洋中だより(2016年4月アーカイブ)

東洋中だより(2016年4月アーカイブ)

平成28年 4月28日

ホームルーム合宿 3日目(1年生)

小雨のため、セミナーホールで朝礼を行いました。朝食では、食事係の当番の生徒たちが、準備も後片付けもよく働きました。

010

食事の後は、自分たちが使用した寝具や施設の掃除をしました。その後の閉校式の中で、オリエンテーリングの優秀班が表彰されました。オリエンテーリングでの生徒の様子は、ご家庭の話題にしてください。

リニア見学センター

さあ、いよいよリニア見学センターへ出発です。

020

センターでは、車体が10㎝ほど浮き時速500㎞で走れる仕組みなどの説明を受け、その後の体験では、本物と同じシステムのミニチュアの列車に乗り、車体が超電導磁石の力で浮き、リニアモーターの力で進む体験もできました。

030


実際の中央新幹線のコースを試験車両が走る場面は見られませんでしたが、線路や架線が無い実際のコース、飛ばないようにデザインされた車体を見ることで近未来の科学に強い興味を持ったことでしょう。

050

3日間の合宿で、

1.友人との理解を深め、2.集団の中で自分の役割を意識し、規律を守って自主的に活動し、3.他のクラスの友人とも交流が広げられる、ことができたことでしょう。この体験から学んだことを今後の成長に生かしてほしいと思います。

保護者の方々もいろいろとご協力を頂きありがとうございました。

平成28年 4月27日

ホームルーム合宿 2日目(1年生)

HR合宿二日目は6時20分起床です。
朝礼は6時50分からですが、早めに集まって朝の散歩を楽しむグループもありました。
お天気が心配でしたが、富士山もきれいに顔を出しています。

010

77人全員が元気に朝礼を行いました。富士山を正面にして朝の体操です。体をほぐして、今日の活動に備えます。この後朝食を食べました。

グループごとにカレーを作りました

020

自分たちで薪をくべ、お米をとぎ、野菜を切ります。
最初は戸惑う様子も見受けられましたが、次第にコツをつかんできたようで、全員が上手に役割分担をして活動できました。

030

男子は主に薪担当で、薪の煙と火の熱さに負けまいと大奮闘です。
女子は野菜を上手に切っていました。みんなで声を掛け合いながらの活動です。

040                                                                                                             

できあがったカレーです。全員がほぼ時間通りにカレーを完成させ、おいしくいただきました。ご飯がちょっとこげてしまったグループもありましたが、それもまたよい思い出となることでしょう。 

オリエンテーリング

080

飯ごう炊飯からバスで移動して、今度はオリエンテーリングです。
行動班の班長が、休暇村の方からコンパスと地図を受け取り、全員で説明を聞きました。

060

富士の樹海を歩くので、みんなとても真剣に聞いています。オリエンテーリングではグループ全員の協力が必要です。

090

コースを歩く生徒たちです。みんなで一歩ずつしっかりと歩いて行きます。

090

オリエンテーリングの途中で、動物の骨を発見しました。これには先生方も大変驚きました。
なんの動物の骨なのか、今はまだ謎ですが、理科担当でもある学年主任の加藤先生が「理科室に保存しよう」と持って帰ってきました。
学校へお越しの際は是非ともご覧ください。

110

こちらは松ぼっくりを拾ってきました。
たくさん拾ってきた中で、これが一番形が整っていたそうです。カメラマンさんに写真を撮ってもらい、会心の笑顔です。

120

早めに帰り着いたグループはゴール近くの芝生で休憩です。この日は気温が低く、寒いのではないかと心配していましたが、6キロ近く歩いてきた生徒たちはたっぷり汗をかいたようで、半袖の生徒もいました。

コースの途中では氷穴にも入りました。氷穴から出てきた生徒たちは興奮して中の様子を話してくれました。

グループで協力し、時間を考えながら、地図とコンパスを上手に使って無事にゴールできました。グループ内で意見をまとめることの難しさやコミュニケーションの大切さ、思いやりの心などを学んだのではないかと思います。

セミナーハウスに向かうバスの中では疲れて眠ってしまう生徒も多かったようですが、みんな充実した顔でした。生徒たちの成長した姿に、頼もしさを感じた一日でした。

平成28年 4月26日

ホームルーム合宿 1日目(1年生)

 ホームルーム合宿が4月26日~28日の3日間にわたり、東洋大学河口湖セミナーハウスにおいて、以下の教育目標を達成するために実施されました。

  1. 寝食を共にすることにより、互いの理解を深め、思いやりの心を育てよう。
  2. 諸活動を通して、集団の中での自分の役割を意識し規律や秩序を守り自主的に活動する態度を育てよう。
  3. 学級の輪から学年の輪に広げ、友人関係を広げよう。

開校式

010

富士山の見える自然環境豊かなセミナーハウスで、天候にも恵まれ、HR合宿が始まりました。
開校式では様々な注意点や心構えを学びました。

河口湖畔散策

 020

光り輝く河口湖の水辺を散策しました。気温が上昇して、汗ばむ陽気でした。
友達と語らいながらのとても気持ちのよい散策となりました。

アクティビティ

 040

お互いを知ろうという趣旨で、いくつかのアクティビティを行いました。
一言も言わずに誕生日順に並ぶバースデーリングやコールネームというカードゲームをして仲良くなり、友達の輪が広がりました。

校歌練習

050

レクリエーションの後は校歌練習を行いました。
バスの中でCDを聞いて、歌詞の意味を学びました。
その事前準備が功を奏し、すぐに上手に歌えるようになりました。
これから様々な機会で大きな声で歌いましょう。この後、夕食、入浴をして1時間の自習をしました。

また、しおりに今日の日記と短歌をつくりました。

平成28年 4月25日

熊本地震の被災者を想い 

020

各メディアで報道されておりますが、4月14日以降熊本県を中心に地震が相次いで発生しています。この一連の地震では4月25日現在、関連死(避難生活でのストレスやショックによる間接的な要因によるもの)も含めて60名もの尊い命が犠牲になりました。

この甚大な被害状況を受けて、2年生の生徒が発起人となり、募金活動を行うことが決まりました。
「熊本募金」活動が決まってから、放課後に生徒会の生徒を中心に募金箱作りが進められました。
空の段ボールを集めるところから始まり、周りに紙を貼ってペイントを施すなど毎日コツコツと作業を進め、合計8個の募金箱が完成しました。

010
「手作り募金箱」 

熊本募金は4月25日の朝から始まっており、昇降口などで募金を呼びかけていました。中学生だけでなく、高校生や先生方も募金をしてくれました。放課後は朝に比べて足を止めてもらうことができませんでしたが、その中でも募金に協力してくれる人がいると、「ご協力ありがとうございます!」と募金をしてもらえるありがたさを実感している様子でした。

030
「募金活動の様子」

 2年生は今、理科の授業で火山と地震の勉強をしています。
日本は地震や火山の噴火などの自然災害が多い国だと再確認した直後の出来事だったため、生徒の気持ちは複雑かもしれません。
思い返してみると、5年前の東日本大震災ではこの茨城県も甚大な被害を受けました。
鬼怒川の決壊による災害もありました。
日本はいつどこで自然災害が発生するかわかりません。
東洋牛久の「熊本募金」が、一人でも多くの被災者に貢献できることを願うとともに、今回の地震で犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。

平成28年 4月22日

平常授業が始まって1週間(1年生)

15日から通常授業が始まって1週間が経ち、新入生も徐々に授業に慣れてきたように思います。

010
英語の授業

 月曜日に行われた理科の「学校付近の植物観察」では、校内及び校外を一周ぐるりとめぐり、春の草花や、枯れ木に生えるキクラゲ、日陰に生えるウラシマソウ、喧嘩をする雄キジなど、豊かな生物を観察しました。

020
草花の記録をする生徒たち

中でも生徒たちを驚かせたのは、部室棟の前にいたアオダイショウです。

030
およそ180cmはあろうかという特大サイズ!

部室棟の前の植え込みでひなたぼっこをしていたところをA組の生徒に発見され、クラスは大騒ぎとなりました。ヘビの方も驚き、あわてて部室棟の隙間へと逃げていきました。

授業後の感想では、このことを書いてくれた生徒が多く、良い体験になったのではないかと思います。

ホームルーム合宿に向けて準備中(1年生)

来週に行われるホームルーム合宿に向けて、両クラスでは着々と準備が進んでいます。

050
合宿のしおりを作る生徒たち

行動班、および宿泊班の係分担も無事に決定し、あとは本番での晴天を祈るばかりとなりました。
合宿では、新入生が「知徳兼全」なる本校生となるための特別指導や体験カリキュラムを予定しております。

生徒、教員、ともに充実した気持ちで過ごせる合宿になるよう、精一杯力を尽くしていきたいと思います。

平成28年 4月19日

今日は2年生の春休みの宿題ノートをご紹介します。

010

春休みは単語習得についてノートにリストアップしてくることが宿題でした。
とある女子生徒のノートの表紙には英語の格言がいくつか書かれていました。
“虹が見たけりゃ雨は我慢しなきゃ”“今日という日はここから先の人生における第一日目”などなど、どこか心惹かれて書き写したようです。

020

習っていない文法もありますし、書き写し損ねた文字も。
しかし、英語に目が向いていることが確実に伝わってくる嬉しいノートです。
いつの日か合点のいく英語となり、中学一年生だった自分を懐かしく思い出す日が少し先に待っていることでしょう。

平成28年 4月14日

初期指導4日目 学力推移調査 (1年生)

040

今日の1~3時間目は学力推移調査でした。1時間目国語、2時間目算数。
みんな真剣な表情で取り組んでいました。慣れないマークシートの答案に四苦八苦。
名前を書き忘れたり、番号を書き漏らしたり、マークし忘れたり……。
出席番号順に集めるのもたどたどしい感じでしたが、きっと、あっという間に慣れてしまうんでしょうね。

交通安全講座 (1年生)

050

午後はLL教室で学年集会です。
何度も行っている場所ですが、なんと今日は先生の案内なしの各自での移動です。
みんな迷子になることなく、時間通りに集合できました。すばらしいことです。

060

交通安全講話では、牛久警察署交通安全課の沼田講師から自転車の安全な乗り方や交通ルールについてお話を聞きました。
自転車点検の合言葉「ぶたはしゃべる(ブレーキ・タイヤ・ハンドル・車体・ベル)」をみんなで確認しました。
自転車は静かな車ですという言葉に深くうなずきました。
加害者にも被害者にもならないように、みんなでルールやマナーを守って楽しい学校生活を送りたいですね。

情報安全講座 (1年生)

070

加藤先生が「東洋大牛久で本当にあった3つのケース」と題して、情報安全についての講話を行いました。
違法行為はしない。プライバシーに関わるものを撮らない、撮らせない、拡散しない。悪口にあたる内容を送らない。

情報化社会と言われる現代で、情報に触れない日はありません。
身近にあるものだけに、あまり考えずに使ってしまいがちです。
「これは本当に大丈夫かな」と、普段から意識して使える人になってほしいものです。

新聞紙タワー表彰式

080

4月12日に行われたアクティビティー「新聞紙タワー建設ゲーム」の表彰式が行われました。
優勝チームはなんと、1m92㎝!
班のみんなで協力してがんばった甲斐がありました!
途中でタワーが崩れてしまった班は残念でしたが、そのがんばりは明日につながっていきます。

平成28年 4月13日

初期指導3日目 教科ガイダンス (1年生)

010

本日は初期指導3日目です。
午前中は教科ガイダンスを行い,各教科の勉強法などを学びました。
生徒は真剣なまなざしで教員の話を聞き,必要な情報についてはメモを取っていました。

生徒会からのプレゼンテーション (1,2年生)

020

午後は第2学年によるプレゼンテーションとレクリエーションでした。
2年生は定期考査のアドバイスやさまざまな検定の内容などを丁寧に説明していました。

030

こちらはレクリエーションの写真です。
先輩の用意したゲームに新入生は大喜びで,本当に盛り上がった時間になりました。
今回の企画により,先輩と後輩の仲は一層深まったのではないでしょうか。

平成28年 4月12日

初期指導2日目 学年集会 (1年生)

1時間目の学年集会では学年主任の話、保健室、ピアルームの利用について、学校生活を送る上でのルールなどの説明がありました。
生徒たちは初期指導のしおりにメモをとりながら真剣に話を聞いていました。
2時間目は1学年の職員の自己紹介を行いました。
少し先生方の個性が分かったのではないでしょうか。

010

エンカウンター「みんなの知恵を結集して、一番高いタワーを作ろう!」 (1年生)

ホームルームの時間に友達の輪を広げるために、4~5人のグループになり、新聞紙1日分だけでできるだけ高いタワーをつくることに挑戦しました。

025

みんないろいろなアイディアを出して、協力して取り組みました。1メートル以上のタワーを作ることができたグループもあれば、せっかくいいところまで出来上がっても、途中で倒れてしまうこともあり、歓声や悲鳴、笑い声が聞かれました。

030

図書館ガイダンス (1年生)

040

図書館の使い方、注意点などのガイダンスを司書の先生から受けました。
その説明の後に、指定された本を探すという課題が課せられ、みんななんとか見つけだすことができました。

050

ガイダンス後にさっそく本を借りている生徒が見受けられました。
4万冊の蔵書を誇る本校の図書館を積極的に活用してほしいです。

平成28年 4月11日

対面式 (1,2年生)

今日は、入学式後最初の行事として対面式を行いました。

新中学校1年生78名、新高校1年生561名を迎え、中学校、高等学校合わせて、総勢約1800名で行った対面式でした。

010

新1年生は、ここまで大きい規模の学校は体験したことはないでしょう。
こうして、全校で集会を行うと東洋牛久の一員としての自覚が芽生えてくると思います。気を引き締めて毎日の生活を行って欲しいと思います。

020

対面式では新入生を代表して、中学生、高校生からそれぞれ挨拶をしました。中学生の挨拶は、高校生にひけを取らない立派な挨拶でした。

対面式後は、1年生は初期指導で、LHRを2年生は通常授業を行いました。
特に2年生は、今日から3日間コンテスト期間として、計算コンテスト、スペリングコンテスト、漢字コンテストを行います。
日頃の学習成果をしっかりだしてほしいと思います。

フレッシュマンセミナー (1,2年生)

午後には、生徒会が中心となってフレッシュマンセミナー(校舎案内や部活動紹介)を実施し、2年生と1年生が交流しました。

030

校舎案内では、1年生を目の前にした途端、顔つきが先輩になってきました。とても頼もしさを感じます。

部活動紹介では、各部の代表者が、活動状況について説明しました。

040

どの部活も楽しく活動している様子が伝わってきました。新入生の部活動は、第1回定期考査後から活動していく予定です。

いよいよ、学校生活が始まります。新2年生も新1年生も、それぞれが1日1日ずつ成長してくれるでしょう。2つの学年になった中学校がますます楽しみです。

平成28年 4月9日

平成28年度 東洋大学附属牛久中学校第2回入学式

平成28年4月9日、本校講堂にて東洋大学附属牛久中学校第2回入学式を行いました。

010
校長式辞

新2年生も後輩の入学を心待ちにしており、新入生が校舎に入った時に、新2年生が自らすすんで後輩の案内をする等、先輩としての自覚を持っている様子が見られました。

式が始まり、新2年生たち、教職員一同、保護者の皆様方からの温かい拍手の中、新入生計78名が講堂に入場しました。

020
入場する新入生

厳粛な式の中、新入生の皆さんは中学生としての自覚を実感しているようでした。
校長先生や来賓の皆様方の話を真剣に聞くその表情からは、頼もしさも感じました。

041
中学校PTA会長 松本將様

在校生代表の田口将太郎さんによる新入生への歓迎の言葉の後、新入生代表の松田悠央さんの誓いの言葉がありました。
春風の下、中学生になったんだという自覚と、立派に学校生活を送るんだという決意を、生徒を代表して立派に表明してくれました。
緊張し続けだった入学式後は、どこかほっとした顔になっていました。

050
田口さんの歓迎の言葉

060
松田さんの誓いの言葉

新入生のホームルーム

070

この黒板アートは、4月8日の放課後に新2年生が遅くまで頑張って描いてくれたものです。

080

帰り道では、校内の満開の桜の下、記念撮影をする姿が多くみられました。
咲き誇る桜は新入生の青春の1ページになってくれたことと思います。

平成28年 4月8日

平成28年度が始まりました

010

本日、平成28年4月8日、体育館にて高校生と合同で始業式が行われました。
新2年生は新しいクラスで新学年がスタートし、また知らない先生も多く戸惑ったような表情を受かべる生徒もいましたが、式中はしっかりと先生達の話を聞いている姿から、先輩になるんだ! という意識が伝わってきました。

015

始業式の後はLL教室にて入学式のリハーサルが行われましたが、話の聞き方やお辞儀、起立、着席といった式中の作法はほぼ完ぺきにできていました。
明日の入学式本番では新入生に対して、東洋大牛久中学校第1期生としての素晴らしい先輩たちの姿を披露できると感じました。
本番でも国歌と校歌を大きな声で堂々と歌えることを期待しています!

020

025

そしてHRです。2年A組、B組それぞれの担任の先生からお話がありましたが、今年は『1年目だから』が通用しなくなるということを言われた生徒たちの引き締まった表情が印象的でした。
宿題の提出の時には丸つけ忘れがないかなどバタバタと慌てる生徒もいましたが、ほとんどの生徒が提出できたようでしたので素晴らしいと思います。
また、今日は配布物も多いのですが、大切な通知もありますので、保護者の皆様にはお手数ですが、ご確認をよろしくお願いします。

放課後は・・・

030

035

生徒会の生徒達が中心となり、明日入ってくる新入生の教室の装飾をやってもらいました。
「あーでもない」「こーでもない」「絵が描けない」「丸が上手く書けない」など、試行錯誤していましたが、男女の隔たりもなくみんなで仲良く楽しそうに作業を行っていました。
明日はどんな教室になっているのか楽しみですね!

今年度第1号の東洋中だよりということもあり張り切って少し長くなってしまいました。
これからもみなさんに東洋大学牛久中学校を知って頂くべく情報をお伝えしていきます。
中学校職員一同、生徒達のために最善を尽くして参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。