1. トップページ >
  2. 東洋中だより(2016年2月アーカイブ)

東洋中だより(2016年2月アーカイブ)

東洋中だより

平成28年 2月29日

生徒会選挙

2月29日(月)、生徒会の中学委員長を決める選挙が行われました。中学委員長に立候補した生徒たちは、事前に、「自分が委員長になったらどんなことを実現したいか」を紙に書いて掲示し、それぞれが意欲的な志を表明してくれていました。

010020

定期考査終了後、各クラスの学級委員が選挙についての説明を行い、ひとりひとりに投票用紙を配布しました。配られた生徒たちは静かに用紙を見つめ、心のなかで決めていた立候補者へ投票を行いました。

030040

050050

その後、学級委員が別室へ集まり、先生の監督のもと、開票を行いました。得票数を何度も確認し、数が合っていることを確かめ合いました。

070080

 どの立候補者にもそれぞれ独自のアピールポイントがあり、投票を行う側の生徒たちも大変悩んだ様子がうかがえました。このように、自分たちの手で組織を創り、運営し、毎日をより良いものへ変えていくという一連の流れの第一歩を、今回の選挙で体感できたことでしょう。

もうすぐ、後輩の新中学1年生も入学してきます。自分たちのためだけでなく、後輩たちのためにも、選ばれた中学委員長は自信と誇りを持って、これからの任務に当たってほしいと思います。

平成28年 2月26日

インフルエンザで欠席していた生徒もいましたが、ほぼ回復の兆しです。

今日からはいよいよ一年生最後の定期考査が始まります。

先日は、カードを使って神経衰弱(memory)を楽しみながら、動詞の活用を覚える様子をご紹介しました。今日の授業の最後はスラップ(slap)で熱い戦いが繰り広げられました。

010

ぐるりと広げたカードをひとりひとりめくります。カードを引いた生徒はその動詞を読み上げて真ん中に置いていきます。今日のルールは過去形の動詞が2度続いたらそのカードにタッチ! 一番遅かった人がその場で開いたカードを全部引き受けます。

020

不規則変化の動詞に自信がないと、つい手をだすのに不安が…ということでカードがたまってしまいます。つまり、最後にカードの多い人が負け、となります。

このアクティビティは授業の終わりの数分間。白熱しすぎてウォーミングアップには向かないのです!

平成28年 2月12日

体育で武道「弓道」の授業が始まりました!

平成20年3月改訂の中学校学習指導要領に,第1,第2学年の保健体育で武道が必修になることが明記され,平成24年度から完全実施されることが明記されました。
これに伴い本校では,種目の特性から「落ち着いた態度を育てる」や「内面の強さを育てる」という観点から「弓道」を選択し実施することとしました。

010
説明を聞きながら弓道着を着ている様子

この単元での目的は,武道の学習を通じて我が国固有の伝統と文化に,よりいっそう親しむこと。もう一つは,「心と体を一体としてとらえ,運動や健康・安全についての理解と運動の合理的な実践を通して,生涯にわたって運動に親しむ資質や能力を育てるとともに健康の保持増進のための実践力の育成と体力の向上を図り,明るく豊かな生活を営む態度を育てる」ことにあります。

 1限目は,弓道着の着方について学習しました。生徒は,帯の締め方に苦戦したものの最後は上手に着ることが出来ました。

020
初めて弓道着を着ての記念写真

 2限目は,弓道の歴史や道具,実技について学習しました。

 3限目は,実際に「弓道練習機」を使って学習しました。弓道の動きとして「射法八節」((1)足踏み(2)胴造り(3)弓構え(4)打越し(5)引き分け(6)会(7)離れ(8)残心)という言葉があり,これに則って学習が進められました。

030
まさに矢が放たれようとする瞬間

平成28年 2月9日

学力推移調査(テスト)の第3回を実施しました。

020

このテストのために,しっかりと準備をした生徒と残念ながら十分な準備ができなかった生徒がいました。日々の授業を大切にし,準備をしっかりとしてテストに臨ませたいものです。

平成28年2月5日

活躍する理科係

中高一貫型で理科のカリキュラムを進めている本校では、10月から化学分野の学習が開始され、まさに実験のラッシュに入っています。


赤ワインの沸点測定

本校では教員による演示型実験よりも、生徒たちが自らの手で行う主体的な実験を重視しています。先生がやって見せるだけの実験よりも、自らの手で薬品を計量して準備を進めた実験セットで良好な結果が出たときの感動は、また格別です。


ふくらむカルメ焼きを動画で撮影!!

ただ、この方式で大変なのは実験前後の用意。

生徒人数分の用具や薬品の準備・片付けを行わなければならないため、先生一人で全部を行うのは現実的に厳しい状況です。

そこで大活躍しているのが理科係です。

030
放課後に働く理科係。ときには自主的に手伝ってくれる生徒も。

実験の前後の日の放課後の時間に集まり、試薬の調製や計量、用具の準備を行ってくれています。
まさに「縁の下の力持ち」、その頼もしい作業っぷりに「そろそろ先生がいなくても、自分たちで実験を企画できるのでは?」などとさえ思います。

このあと3年、4年先に生徒たちは課題研究を行う予定ですが、それに向けて少しでもこの体験が生きていけばいいなと願っています。

平成28年 2月2日

2月になり、新年からひと月が経ちました。

1月始めの学活で、新年の抱負を書きました。
その目標を達成するために、コツコツと努力を続けられるか、3日で忘れてしまうかで差がついてしまいます。
大きな目標を達成するためには、毎日の小さな目標を決めて達成することが大切です。
その集大成として大きな目標が達成できるのです。

010
小テストマラソン ランクイン表

例えば、学習の小さな目標を持てるように、先日は英語検定が行われました。
また、国語・数学・英語・理科では小テストマラソンやコンテストを実施しています。
今週末には、学力推移調査が、3月には、数学検定も計画されています。
この時期は、1年間の学習のまとめの時期です。
皆さんの頑張りを期待しています。