1. トップページ >
  2. 東洋中だより(2015年10月アーカイブ)

東洋中だより(2015年10月アーカイブ)

東洋中だより

平成27年 10月30日

動画配信始めました!!

ICTを使用した授業を行っていますが、どういった使い方が子供たちへの効果を上げるのかということを日々模索しております。

新しい試みとして、“動画配信”を始めました。幾何の授業において、授業の予習を動画で行い、授業時間には問題解説をするという、いわゆる「反転授業」というものです。予習を一人で行うのではなく、動画を見て行えるということで、スムーズに学習を進められているようです。また、練習問題にもヒントの動画を用意し、自分の力で解答する手伝いができているように感じます。さらに、定期考査や模試の問題も解説動画を用意し、生徒たちの復習や学習の仕方の定着に役立ってくれると思います。

010

では、その動画はどのように撮っているのでしょうか? そういった疑問に今日はお答えしましょう。

020

こんな感じです。ちょっと寂しいですね(笑)

ですが、生徒たちの理解のため、これからも動画配信を続けていこうと思います。

平成27年 10月27日

読書の秋!

 本校には、蔵書約4万冊を誇る大きな図書館があります。高校生や大人が読むような難しい本から、絵本や雑誌など心が和む内容のもの、辞書や図鑑に写真集まで、あらゆる本がズラリと書架に並んでいます。

010

020

 芸術鑑賞の日も近づき、感受性や思考力により一層磨きをかけてもらおうと、去る19日・20日の8限は、「新しい世界にチャレンジしよう」というテーマで読書を行いました。

まず初めに図書館へ行き、司書の先生のアドバイスを参考にしながら「私の1冊」を選びます。インターネット上の書店や文学作品が読めるウェブサイトは確かに便利ですが、検索機能などを用いて目的の本を効率的に検索してしまうため、あれこれ迷いながら色んなジャンルの書架を眺め歩いたり、自分が探していた本の隣りにある「偶然の1冊」に巡り会ったりすることはほぼありません。

しかし、自分の意識だけでは出会えないさまざまな世界に触れることは大変重要で、生徒自身の世界観を大きく広げるきっかけになってくれます。実際、生徒たちはみな瞳をキラキラさせて、「えっ!何これ!?こんな本あるんだ!」「あ、この人知ってる!こんな本書いてたのかぁ。」と、新しい発見に夢中になって館内を歩き回っていました。

 本が決まったら、さっそく読書です。借りるまでのにぎやかで楽しいムードは一転、静謐な空気が教室内に満ち、みんな黙々と活字を目で追っていました。森鷗外や夏目漱石、村上春樹など、高校生の教科書に載っているような文豪作品にチャレンジする生徒もいれば、哲学に関する本や古代神話、古典作品などに興味を示した生徒もいました。自分が興味を持った世界と1対1で向き合う姿は、たかが読書とあなどることなかれ、非常に凛々しく、美しく、健やかな聡明さを感じさせてくれました。

030

040

今回チャレンジした本については、ミニレポートにまとめて教室内に掲示する予定です。他のお友達がどんな本に挑戦したのか、ぜひ、眺めてみてほしいと思います。

050

平成27年 10月23日

「届けよう,服のチカラ プロジェクト」活動がスタートしました。

 本校では,7月1日に行いました講演会「服のチカラ プロジェクト」の趣旨に賛同し,この事業に協力することにしました。過日,この事業の推進のための生徒の組織が発足し,本格的な活動がスタートしました。

010

 この事業は「服」を通して世界の情勢,特に「難民」について理解し,グローバルな視野を育て,人権尊重の精神や思いやりの心を育てることをねらいとするものです。

 具体的な活動は,不要になった「子供服」を集め,「世界各地の難民の皆様の所へ送る」活動です。

平成27年 10月20日

高円宮杯第69回 全国中学生弁論大会 茨城大会に本校より一年生が出場しました。

010

 78名の出場者のうち、一年生はひとりだけ。二年生も数えるほどでほとんどの出場者が三年生という中で引けをとらないスピーチを披露することができました。残念ながら関東大会に進むことはできませんでしたが、大いに刺激となった一日でした。

020

 スピーチタイトルは"My First Philosophy Lesson" ――東洋大学附属牛久中学校の生徒となり、建学の精神を支える『哲学』の授業を通して巡らせた思いを発表しました。いつも何かを「どうしてだろう」と考えているラッコのぼのぼのや、♪ソ,ソ,ソクラテスかプラトンか、という歌が登場したりと、とても楽しいスピーチとなりました。

平成27年 10月15日

中高合同の「教職員研修会」で中学生が英語の発表をしました。

 文化祭(創造祭)で発表した男子生徒2名による英語のレシテーションや高円宮第67回全日本中学校弁論大会に出場した女子生徒の弁論の発表を,東洋大牛久全教職員の前で発表させていただきました。

010
レシテーションの様子

生徒はかなり緊張していたようですが,今もっている自分の力を十分発揮し,立派な発表が出来ました。また,司会を務めた生徒も上手に進行することが出来ました。

020
弁論の様子

こういった経験の一つ一つが生徒の力になると信じ,これからも続けていきたいと思います。

平成27年 10月10日

本日は校外からのお客様をたくさんお招きして、開校記念公開授業が実施されました。生徒たちは、これまでの学習成果をプレゼンテーションの形で力いっぱい発表しました。

数学

010

数学の担当者は、数学の発表と兼ねて、各教科のふだんの授業におけるiPadの活用方法を説明してくれました。生徒たちもその便利さ、効果の高さを具体的に感じているようで、導入した意義が大いにあったことをわれわれも実感しました。

体育

020

体育では器械運動におけるスローモーション撮影の活用事例を紹介しました。指導の結果、多くの生徒が「仰向け跳び」に成功した動画を上映し、ご参会の方々から感嘆の声をいただきました。

理科

030035

理科では創造祭で「木炭電池」の研究に取り組んだ班の研究成果が報告されました。内容は、試行錯誤した過程から、創造祭での発表、そして今後に取り組むべき課題までとしっかり整っており、基本的な発表技術が身についていることが感じられるていねいな発表でした。

国立歴史民俗博物館見学

040

この発表班は、6月に実施した博物館見学、および「教養」の授業で実施したレポート作成とプレゼンテーションについて発表しました。これまでの取り組みに加え、今後さらに発表技術を向上させて2年後の海外語学研修では日本文化を発表したいという目標まで、力強いことばで語ってくれました。

国語

050055

国語は「語源調べ」の発表として、「ポンジュース」と「源氏パイ」の語源を発表してくれました。ポンジュースは日本一の「ポン」、源氏パイは流行していたドラマから、と身近なものでも語源を探ると意外なほどに面白いという、探究する楽しみがいっぱいに伝わってくる発表でした。

英語

060065

英語は男子二人の掛け合いによる"Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear?" のレシテーションと英語のスピーチを行いました。英語のスピーチでは本校の授業で「哲学」を学んだ感想"My First Philosophy Lesson"が発表されました。身振り手振りを交えた感情豊かな発表で、会場にもその思いは十分に届いたと思います

070

司会として発表を取り仕切ってくれた二人を含め、試験勉強の時間を割いて発表練習に協力してくれた生徒のみなさんのおかげで、公開授業は大成功に終わりました。

平成27年 10月7日

3日(土)に、第3回授業参観が行われました。3限の社会・代数、4限の代数・理科の授業を多くの保護者の方々が参観してくださいました。写真は、その際の様子です。                 

010020
B組代数、A組社会

030

今週は第3回定期考査1週間前ということで、部活動は中止で、勉強に専念する週です。

お子様は、目標・計画を立て、しっかり家庭学習をして欲しいと思います。学校での学習は、私たちが指導させていただきますので、ご家庭では、計画表にも目を通していただき、お声掛けをよろしくお願いいたします。

生徒たちの、努力の成果に期待しています。

平成27年 10月3日

9月26日に通知表を渡しました。中学校に入って初めての通知表ということもあり、自分の成績に一喜一憂していました。

10月に入り、後期がスタートしました。更衣の移行期間ということもあって、夏服・冬服が教室に混在しております。

010

久しぶりのネクタイ・リボン姿は締まりのある雰囲気を作り出してくれています。寒暖の差が激しく体調を崩しやすい季節ですが、本校の制服のバリエーションの豊富さを活かして、体調の自己管理に努めてほしいです。さらに、13日からは第3回定期考査が始まります。後期最初の大きな行事ですので、心して試験勉強に励んでほしいです。

020
英検の過去問に挑戦

また、10月9日には、英検にチャレンジします。9月14日から毎週月・火の8時間目を使って、英検対策講習を実施しました。1か月間の強化を実らせ、各自の目標とする級を取得してほしいと思います。