1. トップページ >
  2. 東洋中だより(8/1)ダンス部かっぱ祭り,科学部天体観測

東洋中だより(8/1)ダンス部かっぱ祭り,科学部天体観測

東洋中だより

東洋大牛久の中高一貫コースの学校生活のようすをお届けします。
過去記事の一覧はこちら

平成30年 8月1日

ダンス部 かっぱ祭り参加

今年も中学校ダンス部はかっぱ祭り鳴子連の踊りに参加させていただきました。

010

台風の影響で残念ながら日曜日のみの発表となりましたが高校生と一緒の演目を踊るということで、みんな楽しみにしているイベントです。
特に1年生は初の外部発表となりますが、暑い中でしたが張り切って元気よく踊りました。

020

衣装や髪の毛の上に着けるつのやたすきなどいろいろわからないところを高校生に教えてもらいながらもなんとかみんなで頑張りました。

030

次回は創造祭での発表です。また頑張ります。

 

科学部 天体観測

「先生,天体観測やりたいです!」という生徒の声に応えて,今年の夏は2年ぶりに望遠鏡で天体観測を行いました。

火星の大接近が話題になっていますが,今年の7~8月は火星だけでなく,金星・木星・土星のすべてを一度に観測できる絶好の機会です。
当日は科学部だけでなく,理科に関心のある他部の生徒も集まってにぎやかな観測会になりました。

010

当日は昼までの曇り空だったものの,夕方から一気に晴れ上がり,最高の観測日和に。久しぶりの望遠鏡操作に少し苦労しましたが,何とか金星に照準を合わせると,半月型をしているその姿に驚きの声があがりました。

020
金星の位置を指さして教え合う生徒たち

その後は次々とガリレオ衛星を従えた木星や,土星の大きな輪の観測に成功し,中学1年生も大感動。
そして最後に地平線から上ってきた火星のマイナス2.8等の輝きはまさに圧巻で,すべての惑星の魅力を最大限に味わえた天体観測に生徒たちは大満足でした。

理科の大きな魅力の一つは,世の中の自然現象の魅力を肌で味わえることにあると思います。教科書だけでは味わえない感動を生徒たちとともに大切にしていきたいと思っています。

 

平成30年 7月20日

夏休み前の全校集会

今日で夏休み前の授業は終わりです。中高の全校生徒が集まって集会で校長先生のお話を聞きました。

1315

全校生徒が集まると,体育館が非常に暑くなります。
熱中症の警報が出ている折でもありますので,生徒には半袖の体操服の着用を許可し,エアコンと扇風機をフル稼働しての全校集会となりました。

校長先生からは,徹底的に話し合うこと,議論することの大切さについてお話がありました。
これを思考の種として,深くいろいろなことに触れて考える夏休みにしてほしいと思います。

 

中学校集会での表彰

引き続き,中学校全学年が集まっての集会が行われました。

1323

教頭先生から夏までの学校生活の総括についてお話がありました。
どの学年も頑張ってきたところをよく見てもらえていたように思います。

続いて生徒指導部から夏休み中の生活安全についての注意と,特活部からの表彰がありました。

1356 1342
インタラクティブフォーラム優秀賞 / 運動部入賞者

1374
ディベート甲子園予選・敢闘賞

インタラクティブフォーラムと運動部各部では上位大会に進出を決めた生徒が多数います。
夏休み中のさらなる活躍を期して大きな拍手が送られました。
ディベート甲子園・関東甲信越大会では,予選を勝ち抜いて代表決定戦まで進みましたが惜しくも敗れ,全国大会進出はなりませんでした。しかし去年の先輩たちにも劣らない彼らの健闘には大きな拍手が送られました。

これらの課外活動以外にも,夏明けの文化祭や海外語学研修に向けて,各自がいくつもの課題を抱えながら夏休みが始まることとなります。
一まわり大きくなった自分を心に思い描いて,各自で最大限の努力をしていってほしいと思います。

 

平成30年 7月13日

待ちに待ったiPad (中学1年)

生徒たちはこの日をとても楽しみにしていました。
「iPadはいつ配られるんですか?」
「カバーは自分で用意していいんですよね?」
という質問が徐々に増えてきた一学年。
いよいよ7月13日(金)、1年生59名に「iPad使用ガイドライン」と共にiPadが配られました。

便利なツールである分、使い方には十分気を付けなければいけません。
まずはガイドラインに沿って学校内でのルール、個人情報の扱い方、パスコードの設定の仕方などを確認しました。

310
ガイドラインを見ながらしっかり説明を聞きます

320 330
実際に使ってみます

最初は恐る恐る触っていたiPadですが、ガイダンスの時間内でどんどんスムーズに使えるようになっていきました。きっと、すぐに使い方をマスターしてしまうのでしょう。
さすがデジタルネイティブと呼ばれる世代の中学生。
先生たちに教えてくれるようになる日は近いと思います。

iPadの導入は全国各地で行われてきていますが、活用は始まったばかりです。
「答え」がないからこそ可能性は無限大です。便利であるからこそ、その裏側には多くの危険が伴っています。
その危険性を十分理解してツールを使いこなしてほしいと思っています。

 

平成30年 7月11日

水泳学習 (中学1,2年)

今年度2回目の水泳学習を行いました。
今年もジョイフルアスレティッククラブ荒川沖での実施です。

200

事前の泳力調査をもとに編成された各班でレッスンが始まります。
1回目のときからレベルアップした生徒もおり、各自がそれぞれ課題をもって泳いでいました。

201
ひたすら3時間泳ぎ続けます

次の水泳学習は9月です。どれだけ泳げるようになったかのテストがあります。みんなの成果が今から楽しみです。

 

平成30年 7月10日

頑張れ・茨城国体 ~フラワープランターづくり~

2019年,茨城県で国民体育大会が開催されます。

本校がある牛久市でも,空手道・軟式野球の2競技が開催される予定です。
今日は県を挙げての国体応援に協力する第一歩として,応援用のフラワープランターを中1生で作成しました。

400

中1を担任する守部先生は,レスリング競技で6回にわたり国体に出場した経歴の持ち主です。
「これまで各県でお世話になった恩返しに」と,想いを込めてプランター作成を指導してくれました。

400

牛久市からいただいた赤ちゃんのような花の苗を,プランターへと大切に大切に植え,丁寧に水をかけます。
「先生,ベビー下さい!ベビー苗!」と男子も女子も大いに盛り上がって植え付け活動を進めてくれました。

7130

最後に,シール班の作成した応援メッセージを貼り付けて完成です。
今回の育成は練習ですが,来年はこのプランターにいっぱいの花を咲かせて,全国からの選手を迎えることになります。

先生,生徒の思いが一つとなって美しい花になることを期待しています。

 

平成30年 7月5日

ダンス部 講演会報告

中学校ダンス部は6月23日の高校ダンス部引退公演に参加させてもらいました。

650

中学校ダンス部の方針は「自分でできることは自分でやる」。
3月から曲決め、ふり、衣装アレンジなど自分でできるところまで一生懸命やりました。
特に衣装づくりは初めてのリメイクに挑戦。
出来上がりの想像がつかない生徒が多かったのですが袖を外したり、新しくリボン付けをしたりなどいつもおうちの人にやってもらっていることも,積極的にすすめていました。
リハーサルでできなかったところも最後まであきらめず,打ち合わせして本番に臨みました。

当日準備では高校生の先輩が使う風船を200個膨らませる準備をするなど自分たちでできることを進んで行いました。 

010
楽屋の前が風船でいっぱいに。

020
記念撮影もとってもかわいくできました。

ラインに気を付けたり、どうやったらきれいに見えるかよく考えていました。指導の大島先生も今までで一番いいダンスでしたとほめていただきました。

400

高校生の先輩たちがお客様のお見送りをしているときに去年と同様,舞台の片づけを進んでやれました。

次はカッパ祭りの参加です。しっかり基礎練習してまたみんなでがんばります。

以上中学校ダンス部でした。

野球応援練習

本日7月6日に全校生徒が体育館に集合し,野球応援練習が行われました。

明日開会する夏の高校野球選手権の茨城県予選に向けて,中・高の全校生徒が硬式野球部にエールを送りました。

0840

定期考査も終わって,さわやかな気持ちの下で思いっきり声を出し,生徒たちは気持ちの良い応援の時間を過ごしたようです。
8日に行われる一回戦の藤代紫水戦への応援参加希望も続々と届いています。

一貫校ならではの中高一体となっての野球応援,一人でも多くの中学生の応援が選手に届き,その力になってくれるといいなと思います。

0841