1. 通信教育部トップ
  2. 各種サポート・バックアップ・奨学金

各種サポート・バックアップ・奨学金


ティーチングアシスタント(TA)制度

通信教育の学習をきめ細かくサポートしていくために、ティーチングアシスタント(TA)制度を設けています。
東洋大学大学院に在籍または修了したTAが、入学時のオリエンテーションや学習相談会など、さまざまな機会を通して、
学習の仕方、リポートの書き方、参考文献や資料の探し方、卒業論文への取り組み方などを丁寧にアドバイスしています。
また、文書、メール、面談、電話などによるサポートも随時行っています。

事務局(エクステンション部通信教育課)

事務局では、学習科目の履修相談、資格取得に関する相談などを通じて、みなさんの不安や悩みを払拭するお手伝いをしています。それ以外にも、奨学金の申し込み、リポート・単位認定試験(論文)の提出、学割の申請など、キャンパスライフに関わるさまざまな質問や各種手続の対応を行っております。

就職活動支援・進学(正科生対象)

東洋大学通信教育課程の正科生は就職活動支援などの行事に参加したり、個別の相談を受けることができます。また、大学院への進学も可能です。

図書館・PC 教室

東洋大学では、白山・川越・朝霞・板倉の全キャンパスに図書館があります。もちろん通信教育課程の学生もすべての図書館を利用できます。白山図書館は、蔵書数約98万冊、閲覧席は1,570席(2016年3月時点)を有し、入館・資料の貸出などは学生証(科目等履修生証)で利用できます。
通信教育課程の学生は郵送での図書の貸出・返却なども利用できます。また、多くのデータベースを導入し、利用方法の説明会を実施しています。積極的に活用してください。

山手線沿線私立大学図書館コンソーシアム

東洋大学の学生証(科目等履修生証)で、青山学院・学習院・國學院・法政・明治・明治学院・立教大学の図書館を利用できます。
詳しくは図書館ホームページをご覧ください。
図書館ホームページ「山手線沿線私立大学図書館コンソーシアム」

自習PC教室・各種WEBサービス

自習PC教室の利用

学内LANに接続されたPC教室のパソコンは、インターネット利用のほか、ワープロソフトや表計算ソフト、統計ソフトなどの各種アプリケーションも利用することができます(※1)。
開室時間は通常月曜日~土曜日の朝9時00分~夜21時30分までです(※2)。
※1 パソコンの利用には入学時に配布する「情報システム利用通知書」に記載されているアカウントID・パスワードが必要です。
※2 開室時間は行事や休暇等により変更になる場合があります。詳しくは東洋大学ホームページ内「ToyoNet学内情報システムポータル」をご確認ください。

メールサービス・各種システム利用

ToyoNetでは、学生のメールサービスやシラバス参照、履修登録を行う学務システム(ToyoNet-G)、メディア授業で使用する授業支援システム(ToyoNet-ACE)サービスを提供しています。
※ メールサービス・各種システムのログインには入学時に配布する「情報システム利用通知書」に記載されているアカウントID・パスワードが必要です。
※ 詳しくは東洋大学ホームページ内「ToyoNet学内情報システムポータル」をご確認ください。

学割・通学定期券(正科生対象)

スクーリング受講、単位認定試験(筆記)受験や通信教育にかかわる行事に参加するなどの目的で、JRの乗車(鉄道、バス)または乗船の片道100キロを超える区間を利用する場合、正科生は学割が使用できます。割引率は2割です。
また、スクーリング受講・通年スクーリング受講のため通学するときは通学定期券が利用できます。

郵便料金の割引

リポート、単位認定試験(論文)・質問用紙(学習に関する内容のもので、指定用紙に限る)を大学に送付する際は第四種郵便が適用され、郵便料金が割安です。
(上記以外の証明書申請や各種照会、その他事務手続上の郵便はすべて普通郵便となります)

所得税の控除(正科生対象)

年間所得が一定額に満たない方には、勤労学生控除が適用され、税金が控除される場合があります。
詳しくは、所轄の税務署にお尋ねください。

学生教育研究災害傷害保険(正科生対象)

本学は、財団法人日本国際教育支援協会が運営する「学生教育研究災害傷害保険」に加入しています。この保険は大学の教育研究活動中に生じた急激かつ偶然の被災事故によって傷害を負った場合に限り対象となります。病気は対象となりません。保険料は大学が全額負担しています。

被災見舞金(正科生対象)

正科生の自宅、アパート等が風水害、火災などにあったとき、災害の程度に応じて見舞金を給付する制度を設けています。

奨学金(夏期スクーリング受講の正科生対象)(2017年度予定)

正科生で夏期スクーリングを受講する学生の方は、日本学生支援機構の奨学金の貸与を受けることができます。

ただし、貸与には条件と審査があります。貸与種別と金額は以下のとおりです。

日本学生支援機構 奨学金(第一種・無利子)(貸与額:8万8千円)

日本学生支援機構 奨学金(第二種・有利子)(貸与額 : 3、5、8、10万円から選択)
 

セミナーハウス(正科生対象)

自然環境に恵まれた場所にセミナーハウスを設けています。
レジャーやスポーツなどさまざまな目的に利用することができます。