1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 通信教育部
  5. 文学部日本文学文化学科(通信教育課程)
MENU CLOSE

文学部日本文学文化学科(通信教育課程)

  • English
  • 日本語

 文学部日本文学文化学科(通信教育課程)

 文学部日本文学文化学科

概要

深く、正しく、日本を知るために。
広い視野で
日本文学・文化を探求します。

国際化時代だからこそ必要な自国の知識。私たちは、どれほど日本のことを知っているのでしょうか。本学科は、“世界から日本を見る”という新しい視点を導入し、国際化時代にふさわしい教育・研究を実践しています。通学課程とほぼ同等のカリキュラムを提供するだけでなく、必修科目をできる限り少なくすることで、選択の幅を持たせた履修システムを取り入れています。

また、通学課程の授業が履修できる通年スクーリング(通学課程聴講制度、正科生のみ受講可)も導入し、より深く奥行きのある授業を各担当教員が親身になって展開していきます。

ページトップへ 

教育研究上の目的

1 人材の養成に関する目的
文学部の通信教育課程では、学生の学びの多様化と国際化、グローバル化を視野に入れた多角的な教育実践を目指した独自の授業構成や展開を構築するとともに、通学課程(Ⅰ部・Ⅱ部)の学生と同様の教育機会や内容を提供することにより、現代社会の変化とニーズに適応していける柔軟性の高い、新しい時代を切り拓く人材を育成する。  

2 学生に修得させるべき能力等の教育目標
日本・日本人を知り、伝統的な学問・日本文化を継承すると同時に、世界から日本を見るという視点を導入している。カリキュラムの中心となる演習科目では「日本語分野」「古典文学文化分野」「近現代文学文化分野」「比較文学文化分野」という四つの専攻分野を設置し、専門的な探求を行っている。選択必修科目では専攻分野間の横断的な学習が可能で、日本文学文化を総合的・包括的に視野に収めていく。

3 その他の教育研究上の目的
国語科・書道科各教員免許状の取得や、図書館司書・学校図書館司書教諭の資格を取得する。

ページトップへ

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

日本文学文化学科は、日本語・日本文学を中核に、さまざまな日本文化の特色を考察することにより、日本や日本人を知り、伝統的な学問、日本文化を継承するとともに、世界から日本を見るという視点をもち、伝統と創造の融合の上に新しい時代を切り拓く、豊かな見識を備えた人材の育成を目標とする(東洋大学学則に定める、本学科の「人材養成に関する目的」および「学生に修得させるべき能力等の教育目標」を参照のこと)。

そのため「日本語」「古典文学文化」「近現代文学文化」「比較文学文化」の四分野を設けている。
学生は履修を通して日本語・日本文学文化を総合的に理解するとともに、ことばや人間のあり方を多面的に学び、高い教養と豊かな人間性を培い、国際化が進む現代社会に対応できる能力を身につける。
また、諸資格(国語教諭・書道教諭、図書館司書、司書教諭)科目を履修し、知識と実践力を兼ね備えた専門家として活躍する道をめざすこともできる。

本学科が求める学生は、こうした教育の目的・特色を理解し、文学作品や文化事象に深い興味をもつ人、ことばに対する強い好奇心をもつ人、歴史や社会を背景とした「人間」に飽くなき関心をもつ人、諸外国の文学文化と日本との比較に強い興味をもつ人などである。
ことばやそれに基づく文学文化を探求・理解するには、歴史的・社会的に考察する眼や論理的に思考する姿勢が求められる。

上記のような観点から、本学科では入学までに修得しておくべき内容としては、以下のような点が挙げられる。いずれにおいても高等学校卒業程度以上の学力水準が必要である。

(一)「国語」:日本の古典文学および近代以降の現代文に関する知識と読解力。
日本文学に関する歴史的な知識。日本語に関する知識と表現力。
本学科の教育では、多くの文献等を読み、それを理解し、そのうえで自己の考えを論理的に構築して表現することが基本的には求められるので、十分な「国語」の能力は不可欠である。

(二)「外国語」:英語をはじめとした外国語の基本的な運用能力。
日本文学文化を諸外国の文学文化を視野に収めて理解するためには、外国語の能力と外国語への興味関心は大切である。

(三)「社会」:日本や諸外国の歴史、政治、経済などに関する知識と興味関心。
文学文化はつねに社会の変化の中にある。その歴史的背景を知り、また、現代社会の諸問題を理解し、探究していくことは文学文化を学ぶ上で大切である。

ページトップへ

カリキュラム・ポリシー(教育課程養成・実施の方針)

日本文学文化学科では、「日本を知って世界を見る」、「世界から日本を見る」というコンセプトのもと、広い視座から日本やその伝統を理解し、その理解を糧に社会に対応できる豊かな見識と能力を備えた人材を育成するという教育の目的・目標を実現するために、次の点を意図してカリキュラム(教育課程)を編成している。

(一)四分野の横断的な履修:「日本語」「古典文学文化」「近現代文学文化」「比較文学文化」の四分野を設け、横断的学習を通して専門領域を深くかつ学際的に修得し、高い教養と豊かな人間性、洞察力や判断力を涵養する。

(二)段階的学習:一年次を専門分野への基礎導入期、二年次を基礎充実期、三年次を発展応用期、四年次を完成期と位置づけ、段階的・有機的な学習を展開する。
一年次の必修の「基礎ゼミナール」を本学科の学問の基礎と位置づけ、二年次までに必修科目の「日本文学文化概説」「日本語概説」を履修。二、三年次は専門科目を中心に選択必修科目を多く配置し、四年次で必修の「卒業論文」を課して四年間の学問の成果を結実させるように編成している。

(三)充実したゼミナール科目群:一年からの一貫した少人数のゼミナールを基幹とし、論理的思考力・問題解決力の向上をめざし、自己管理の重要性や他者との協働を学び、主体性をもった社会人としての基礎力を身につけさせる。

(四)卒業論文:卒業論文を本学科での勉学の集大成として位置づける。一年次よりゼミナール授業や学科配布の手引きを通じて継続的に卒業論文への意識化を行い、学生自らが選択したテーマに沿って、教員によるきめ細かい個別指導のもと、研究の成果をまとめる。

(五)幅広い教養:選択必修科目として、ゼミナール科目のほかに、日本語学、文学史、四分野の特講、比較研究、作家作品研究などの科目群を配しているほか、「日本の伝統芸能」「日本の方言」「中国の古典」「万葉文化論」「王朝文化論」「室町文化論」「映像文化論」「マンガ文化論」ほかの多様な科目を置いている。さらには、選択科目として「書道」などの科目もあり、広範な関連分野で学生の興味・関心が伸ばせるように編成している。

ページトップへ

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

日本文学文化学科では、「日本を知って世界を見る」、「世界から日本を見る」というコンセプトのもと、グローバルな視座から日本のことばや文学文化を理解し、それを糧に社会に適切に対応できる豊かな見識と能力を備えた人材の育成を教育の目的としている。
したがって、その目的に沿った能力を身につけるべく、本学科の教育目的およびカリキュラム・ポリシーに則って編成された教育課程表に定められた授業科目を履修し、下記の所定の単位数を修得することが学位授与の必要要件である。

(一)基盤教育科目(28単位以上):東洋大学が大学の教育の根幹におく「哲学」を基  礎として、人間や社会に関する幅広い知識をもって様々な事象を理解することができる。

(二)専門科目(70単位以上):本学科の卒業生として、その教育内容を十分に身につけ、かつ、グローバルな社会において有用な人材として活躍できる、多面的で総合的な思考力と問題解決能力、協働力を身につけている。

上記の(一)~(二)の要件をすべて満たしたうえで、卒業必要単位数124単位を修得した者に対して、本学科の卒業生として学位を授与する。

ページトップへ