1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 東洋学研究所
  5. 国際シンポジウム「フランスの研究者による禅研究」
MENU CLOSE

国際シンポジウム「フランスの研究者による禅研究」

  • English
  • 日本語

東洋学研究所・国際禅研究プロジェクト 共催
国際シンポジウム「フランスの研究者による禅研究」

国際シンポジウム「フランスの研究者による禅研究」概要

日時

2018年6月16日(土) 入場無料・予約不要

会場

東洋大学白山キャンパス6201教室

プログラム

1.ディディエ・ダヴァン氏(国文学研究資料館准教授)研究発表

「大燈派の特徴を考えて―公案の扱いを中心に」(日本語)

2.張超氏(日本学術振興会外国人特別研究員・駒澤大学研究員)研究発表

「大慧派禪僧仲.曉瑩及宋代禪林筆記文」(中国語/日本語訳を配布)

3.フレデリック・ジラール氏(極東学院名誉教授・駒澤大学研究員)研究発表

「玄奘と日本の禅宗―新しい寺院のモデルを求めて」(日本語)

※ 発表題目は何れも仮題ですので、変更される場合があります。

 2017年度より、東洋大学東洋学研究所の伊吹敦研究員(東洋大学文学部教授)を研究代表者とする、日本学術振興会の科学研究費助成事業(基盤研究(A))による共同研究「海外の研究者との連携による中国・日本における禅思想の形成と受容に関する研究」(17H00904)において、東洋大学東洋学研究所内に「国際禅研究プロジェクト」を設置して研究が進められています。

 このたび、東洋大学東洋学研究所と国際禅研究プロジェクトとの共催で、上記のとおり国際シンポジウムを開催することになりました。入場無料・予約不要です。ご興味のある方は、どうぞふるってご参会ください。 

詳細

国際シンポジウム「フランスの研究者による禅研究」 [PDFファイル/467KB]

お問い合わせ

03-3945-7401(国際禅研究プロジェクト) 
kokusaizenkenkyuproject@gmail.com

国際禅研究プロジェクトホームページ

http://www2.toyo.ac.jp/~ibuki/kokuzenken/index.html

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)