1. トップページ >
  2. 災害時マニュアル

災害時マニュアル

大規模地震対策特別措置法に基づき、大規模地震発生の判定会議が招集されたとき、または警戒宣言が発令された場合・各災害が発生した場合、生徒諸君がどのような行動を取るか、学校がどのように安全を確保するかについて記したものです。

1 生徒在宅時の対応   

A 台風・大雪等により、文京区・千代田区・新宿区・豊島区・北区・台東区・荒川区のすべての区に「大雨警報」「暴風警報」「大雪警報」「暴風雪警報」のいずれかが発表される場合

(1) 午前6時に警報が発表されていない(解除されている)ときは、平常授業とします。

(2) 午前6時に警報が発表されており、午前8時に解除されているときは、3時限目から授業[登校は午前10時15分]とします。

(3) 午前6時・午前8時に警報が発表されており、午前10時に解除されているときは、土曜日を除き、5時限目から授業[登校は午後0時40分]とします。

(4) 午前6時・午前8時・午前10時に警報が発表されている(解除されていない)ときは、臨時休校とします。 

※ 原則として、緊急連絡網やメール等による連絡は行いません。

※ 授業が行われる場合でも、登校が困難の場合や安全確保に不安がある場合は、自宅で待機してください。後日、保護者からの届け出により、欠席・遅刻の扱いとならないように配慮します。

B 大地震・台風・大雪等により交通機関が運転見合わせ(運休)の場合

通学に利用する交通機関が運転見合わせで、代替の交通機関によっても通学が困難のときは、安全に登校できるようになるまで自宅で待機してください。

※ 登校できなかったときは、後日、保護者からの届け出により、欠席・遅刻の扱いとならないように配慮します。

C 東海地震に関する情報が発表された場合

(1) 「東海地震に関する調査情報(臨時)」が発表されたときは、学校からの指示があるまで自宅待機とします。

(2) 「東海地震注意情報」が発表されたとき、もしくは、内閣総理大臣が「警戒宣言」を発したときは、その解除まで臨時休校とします。

解除後については、1A(1)~(4) に準じるものとします。

D 大地震・台風・大雪等により校舎の破損・断水・停電などが発生して、学校が授業の実施困難と判断した場合

緊急連絡網により、学校から各家庭に連絡します。随時、本校のホームページで確認してください。

 

E その他の場合

各家庭で登校できるかどうかを判断して、学校(学年・担任)に連絡してください。

例 ・限られた地域内の災害(火災・浸水・ガス事故・広域停電・計画停電等)

・大きな事故等による利用交通機関の不通

 

 

 

2 生徒在校時の対応

A 地震発生の場合

(1) 1次避難(授業中の教室等での避難)

①机の下にもぐり頭部を保護する      ④体育館での授業時は中央に移動する

②外に飛び出さず、教員の指示で行動する  ⑤実験・実習中のときは火の始末を行う

③校庭での授業時は校舎から離れる     ⑥静かに本部の指示(緊急放送)を待つ

(2) 2次避難(校庭への避難)

①本部の指示(緊急放送)に従って避難を開始する

②避難の際は、その時間担当の教員の指示に従うとともに、落下物等に注意する

③校庭では避難訓練と同じ隊形で集合し、担当の教員の点呼・確認に協力する

(3) 3次避難

①学校周辺の安全及び各交通機関の運行状況を把握した後、集団(複数)で下校する

②帰宅困難者は学校に残留し、宿泊の措置を行うこともある

 

B 東海地震に関する情報が発表された場合

 「東海地震に関する調査情報(臨時)」 が発表されたときは、2A(3) に準じて、集団(複数)下校とします。

 

C 台風・大雪の場合

学校周辺の状況等を勘案し、校長が 「安全確認まで待機」「早めに帰宅」等を判断します。

 

3 生徒登下校中の対応

自宅から学校までの通学経路沿いにある避難場所に避難してください。

※ 避難場所については、ご家庭で打合せ・確認しておいてください。

※ 携帯電話は通じにくくなることがあるので、日頃から公衆電話の場所を確認しておくとともに、テレホンカードを携行しているとよいでしょう。

4 生徒校外学習・校外活動時の対応

引率教員が当該地域の関係諸機関と連絡を取った上で、地域の対策本部の指示に従いますので、生徒は教員の指示に基づき、冷静に行動してください。

※ 生徒の状況等が把握でき次第、学校から保護者に情報提供します。