1. トップページ >
  2. 必修科目「哲学」

必修科目「哲学」

中学必修科目『哲学』(中学1~3年全員)

中学1年から3年まで、週1時間の必修科目として「哲学」の授業を行います。哲学の知識や既成の道徳を先生が一方的に教えるのではなく、さまざまなテーマについて皆さん自身が考え、話し合い、発表し合うことで、今まで見えていた世界の「あたりまえ」や「常識」を問い直します。

授業中に扱うテーマは様々ですが、常に「自分ならどう考えるか」と自問し、思索を深めていきます。意見がほかの人と違っていることは、まったく恥ずかしいことではありません。むしろ大切なこととして、同じように他の人の意見も大切にできるようになることが大切です。授業担当の先生は2人一組で、年に4回入れ替わります。個性的な先生方と様々な問いについて考え、自分とは異なる意見を持っている仲間たちと対話することは、多くの気づきを得る機会となります。

 

《生徒が立てた問いの例》

人に迷惑をかけなければ、何をしてもいいのか

なぜ人は仕事をするのか

人の命と蚊の命の価値に違いはあるのか

「努力は必ず報われる」というのは本当か

なぜ時間はあるのか

大人になるということは20歳になるだけでいいのか

なぜ日本人の多くは空気を読むのか

どうして大人は子どものように遊ぶことができないのか

1  2

3  4