1. トップページ >
  2. 必修科目「国語で論理」

必修科目「国語で論理」

中学必修科目『国語で論理』(中学1~3年全員)

この授業では、「論理的に考える力」と、考えた経過と結果を「相手に伝えること」を学ぶための時間です。「読む」「書く」「話す」「聴く」という四つの技能を用いて、授業で出される様々なテーマについて「分析」、「考察」、「表現」という段階を経て実践をしていきます。

 《授業例》

・(要約)「相手の話をまとめよう」「テレビ番組の内容をまとめよう」「文章をまとめよう」

…メモを用いて相手の話や情報を取り出し、再構成して伝えていく。

・(分析・考察)「インタビューをして先生はどんな人なのか考えよう」

…質問を通じて相手の人の考えを知り、どのような人なのかを考察する

・(表現・要約)「自分がおすすめする本をわかりやすく伝える」

…本の魅力をPOPという形で紹介し、発表する

 ・(分析・考察・表現)「小論文を書く」・「ディベートを行う」

 …テーマについて自分の立場を明らかにし、理由とともに意見を述べる

また、「哲学」や「国際教育」といった本校独自の取り組みとも連携し、「哲学」では自ら問いを立てて考えることを、「国際教育」では表現することを、学んでいきます。