1. トップページ >
  2. 夏季休業前日の全校集会を行いました

夏季休業前日の全校集会を行いました

本日、夏季休業前日の全校集会において、校長先生から生徒たちに次のようなメッセージが送られました。


 

今日は、みなさんもよく知っているトーマス・エジソンの話をしようと思います。エジソンは「天才とは1%のひらめきと、99%の努力である」と言っています。

 

そんなエジソンは、1947年、アメリカのオハイオ州で生まれました。小学生に入るようになると、担任の先生に「なぜですか?」「どうしてですか?」と毎日のように質問し、担任の先生を困られてしまったようです。その結果、エジソンは入学後わずか3ヶ月ほどで小学校をやめることになってしまいました。

 

エジソンのお母さんは小学校の先生でしたが、好奇心旺盛な息子のために家の地下に実験室をつくり、思う存分実験をさせたそうです。やがて、1877年に蓄音機を発明し、その後もたくさんの発明をすることとなります。

 


 

そんなエジソンが残した言葉を紹介します。

 


 

「私達の最大の弱点はあきらめることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう1回だけ試してみることだ。」

この言葉は、決してあきらめることなく頑張ること、成功するまで頑張り抜くことを私たちに教えてくれています。

 

また、「私は失敗したことはない。ただ、1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ。」とも言っています。

 


 

明日から夏季休業となりますが、みなさんの本分は勉学ですから、休業中もこの精神で勉学に励んでください。夏期講習も、自己の学習も頑張る夏にしましょう。特に高校3年生は勝負の時です。みなさんの頑張りを期待しています。