1. トップページ >
  2. 第2回「哲学エッセーコンテスト」審査結果

第2回「哲学エッセーコンテスト」審査結果

第2回「哲学エッセーコンテスト」審査結果

 (※優秀賞のタイトルをクリックすると本文が開きます)

 

【中学の部】

優秀賞

 

友達イコール?(I.D) [PDFファイル/548KB]

<受賞理由>

親友以外は友達とは言えないのだという、強い主張がなされています。「私の心は一定量」なので、友達をたくさん作るような器用な真似はできない。人にたとえ裏切られても最後まで信じる、これが私にとっての友達であり親友なのだと書かれています。自ら「深く重い」と述べる友達の定義が、明確に述べられている点が高く評価されました。 

                                                                        

なぜ人は何かの奴隷なのか(A.H) [PDFファイル/548KB]

<受賞理由>

人間の本能を「何かに夢中になること」ひいては「奴隷であること」と解釈しているところが面白い論点であると評価されました。最後のまとめで、本能に従っている(奴隷である)あいだは、一見不自由そうであるが、気持ちは「リラックスしている」と捉える点に、読み手にも考えを深めさせる視点があります。             

                                                                     

死ぬってなんだろう(M.S) [PDFファイル/548KB]

<受賞理由>

人が本当に死ぬときはいつか。それは人として動けなくなる時でも心臓が止まるときでもなく、人の記憶から消えてしまうときなのではないか。だとすれば、人は死の後も人の心の中で生き続けることができるという発見が評価されました。                                                                            

                                                                                   

生徒賞 

なぜ人はひまをつぶそうとするのか(T.S)

<受賞理由>

「暇つぶしにのめりこんで振り回されてしまう」という身近なエピソードに対して、鋭い視点で分析をし、わかりやすくまとめた文章となっています。人はひまをつぶしているのか、それとも「ひまにつぶされているのか」という独創的な論点が評価されました。                                                                                   

人間にはなぜ内心があるのか?(Y.H)

<受賞理由>

「内心」という、誰もが持ち合わせている自分だけの内面の世界について、具体的な例を使って誰が読んでもわかりやすいエッセーにまとめてあります。特にコミュニケーションと関連させて、自分の意見をはっきりと述べている点が審査員の評価を集めました。                                                                                   

                                                                                   

佳作

 

愛について(R.M)

<受賞理由>

「愛」とは何なのかという大きなテーマに対して、真剣に向き合って取り組んだ姿勢が評価されました。なぜ人を守る愛と人を傷つける愛があるのか、愛という目に見えないものだからこその難しさについて、一貫した論理性をもって考えることができていました。             

                                                                   

頭にだけ脳があるのはなぜか(K.I)

<受賞理由>

あたりまえの前提にとらわれず、「もしも頭以外の場所にも脳があったら」という独創的な仮説を立て、大胆な思考実験を試みており、「頭にだけ脳がある」ことの理由・利点をユニークな切り口で論じている点が評価されました。見慣れた日常の世界に対して問いをたて、全く異なる視点から分析を試みることは、「哲学する」ための大切な方法です。                                                                            

なぜ空は青いのか(I.N)

<受賞理由>

科学的に説明できる問いに対して、作者自身の詩的な感性から論を進めるという独創性が高く評価されました。せわしい日常生活のなかであたりまえに見過ごしている空の青さや天気の変化、宇宙のなかにある地球の存在など、ふと立ち止まって考えてみましょう。哲学的なゆとりをもつという企画の趣旨に最も合致した、哲学的な雰囲気が漂うエッセーでした。                                                                            

 

「常識」とはなにか(R.S)

<受賞理由>

筆者は「常識とは言葉にされないまま、知って、学ぶことだ」と書いています。そのため、人により常識が違う場合がある、人と違うことも含めて常識であると考えました。常識という概念をひっくり返すような考え方が評価されました。                                                    

 

 

【高校の部】

優秀賞 

 

偏見とは何か?(M.M) [PDFファイル/548KB]

<受賞理由>

健常者は障害者に対して「偏見」を持っているのではないかと自問し、自分の中に偏見が生まれてくれば、そのつどこれを克服し、健常者と障害者が「共生」できる世の中を作っていくべきだと主張しています。他者や社会を批判するのではなく、自分自身の中にある問題を深く省みて、生き方を問い直す姿勢が高く評価されました。(余談ですが、右手の人差し指を頭上にあげ時計回りに回転しながら、そのまま胸のあたりまで持ってくる。回転はどうなっているでしょうか?)                                                                                   

 

「正義」の反対は?(I.H) [PDFファイル/548KB]

<受賞理由>

作者は、ヒーローは悪を滅ぼすものであり、それは正しいもので、正義感のある人というのも正しい人であると思っていました。しかし、自分の掲げる正義は他者にとっての悪になりうると考察し、正義の対義語は正義であるとの、結論に達しました。ある物事を違う立場から見れば、まったく違う考えになりうると、辞書の定義を使いながら自分なりの結論に達した点が評価されました。

                                                                                   

「命」とは何か(H.K) [PDFファイル/548KB]

<受賞理由>

抽象的な「命」という言葉を「生きる価値」であると定義し直し、さらに「積まれていく自己の価値」であるとも発展的に言い換えています。このような独創的な考えは、命と真剣に向き合い、突き詰めて考え出されたからこそ、導き出されたものでしょう。未来への展望も感じられる、清々しいエッセーです。

                                                                                   

なぜ、立っているのか。(H.M) [PDFファイル/548KB]

<受賞理由>

人類は立ち上がり、手を使うことによって文明をつくり上げてきたのであり、一般的にはそれを「進化」と考える。しかし、科学技術の進展は利便性を向上させ、やがて歩くこと、ひいては足をも人類から奪うことになるのではないかという逆説的な視点が評価されました。                                                                                   

                                                                                   

生徒賞

 

平和を生み出すものは何か  withあなたはきのこの山派ですか、たけのこの里派ですか?(Y.K)

<受賞理由>

「きのこの山派とたけのこの里派」という印象的なタイトルで審査員の注目を集めました。まとまりがあり読みやすい文章であることのほか、「きのたけ戦争」の対立と全体を俯瞰する第三者による和解の中に、戦争をもたらす人間の傲慢さや愚かさといった本質が指摘されていることも高く評価されました。                                                                                

 

「大人」とはなにか。(C.Y)

<受賞理由>

私たち高校生が大人になったときに、このエッセーを思い出し、もっとこうしよう、がんばろうと思えるような内容でした。人は理想を掲げて努力し続けることで、様々なことを経験できるのだと感じます。エッセー全体を通じて問いかけの文が多く、読み手の思考を喚起すると同時に、筆者自身の考えもしっかりと示された、優れたエッセーでした。                                                                                

                                                                                   

佳作

 

属するとは(N.K)

<受賞理由>

人は生まれたときから所属があり、「属する」ことからは逃れられないように思えます。しかし、筆者は「属していない」自己を見つめ、そのまとめとして「属する(ぞくする・しょくする)」を2つの読み方・意味で捉えています。そうした独自の分析によって、人の存在価値を見い出すところまで思考を深めました。読み手にわかりやすく、まとめの上手いエッセーであったと思います。                                                                         

 

自分と他人は共有し合えるのか(T.W)

<受賞理由>

世間では人の気持ちを思いやるなど、あたかも人が他人の気持ちを完全に理解することができるようかのように思われていますが、それは無理であり、できることはその人の気持ちに近づくことだけであるという冷徹な考察が評価されました。     

                                                                              

生と死の違い。(A.Y)

<受賞理由>

作者は、授業で読んだヴィクトールEフランクルの『夜と霧』の中の「死んでいった」という表現から、人の死とは肉体的に死ぬだけでなく、精神的に死ぬことも死なのではないかと、考えるに至りました。生と死を考えると多くの疑問があり結論が出ないというもやもやした気持ちを整理しきれないこともとても哲学的でした。                                                                            

普通って、幸せって、何だろう(K.N)

<受賞理由>

「普通」や「幸せ」はそれぞれが感じるものであって、比較できるものではない…と述べられています。障害者にも健常者にも、発展途上国に生きる人にも先進国に生きる人にも、それぞれの「普通」や「幸せ」がある。それを他の視点から「かわいそう」「不幸だ」と評価してしまうことの問題が指摘されています。上から、下からではなく水平からの目線が大切なのであろうと思わされました。本気で哲学していることがこの文章から伝わってきます。                                                                            

人間が人間であるための基準とは(F.M)

<受賞理由>

なぜ私たちは人間と人間でないものを区別できるのかという、人間ひいては事物の存在に関する本源的な問いをたて、その問いに多様な観点から向き合い、結論を出そうとした姿勢が高く評価されました。作者がその判断基準を「人間の常識」に求めたことで、人間の人間たる所以が明らかになる部分は読んでいて非常に迫力がありました。                                                                                   

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)