沿革

1887(明治20)年井上円了により哲学館(現東洋大学)創立
1899(明治32)年井上円了により京北尋常中学校開校
1904(明治37)年中野区江古田に哲学堂・四聖堂建設
1905(明治38)年京北幼稚園設立
1906(明治39)年井上円了、京北中学校名誉校長となる
1908(明治41)年京北実業学校設立(湯本武比古、初代校長に就任)
1913(大正2)年京北・東洋大学財団と合併して東洋大学財団となる
1947(昭和22)年新学制実施 中学校は高等学校・新制中学校に、実業学校は商業高等学校となる
1951(昭和26)年学校法人京北学園設立(東洋大学財団より分離)
1988(昭和63)年東洋大学と京北学園、教育提携を結ぶ
1998(平成10)年創立100周年記念式典挙行
2002(平成14)年京北商業高校を、京北学園白山高等学校に校名変更
2011(平成23)年学校法人東洋大学と合併して併設校となる
2015(平成27)年

東洋大学京北中学高等学校と校名を変更
東洋大学附属校となる
男女共学になる