1. トップページ >
  2. 2018年度入試 募集要項

2018年度入試 募集要項

東洋大学京北高等学校 2018年度 募集要項


■全日制課程 普通科 170名募集(男子・女子)

【抜粋版】

推薦入試

 
入試種別
推薦入試
 

単願推薦入試
 
公立併願推薦入試
(埼玉県・千葉県・茨城県など対象)
入試日
1/22(月)
 
募集定員
80名
 
出願資格 
 ・2018年3月に中学校卒業見込の者
 ・中学校長の推薦のある者
 ・本校を第1志望とする者 
 ・推薦基準を満たす者
 
 
 ・2018年3月に中学校卒業見込の者
 ・中学校長の推薦のある者
 ・国・公立高校を第1志望と し、本校が第2志望の者
 ・推薦基準を満たす者
 

Web出願事前入力・
受験料払込期間

 
  
 1/4(木)〔0:00〕~ 1/18(木)〔16:00〕
 
受験料
22,000円
〔クレジットカード決済、コンビニエンスストア支払、金融機関ATM(ペイジー)払込にて〕
 
出願書類 
 ・志願票 (Web出願サイトより印刷)
 ・調査書(私立中高協会統一様式または公立高校様式)
 ・推薦書(本校所定用紙、本校ホームページよりダウンロードし印刷)
 
出願書類郵送期間
(郵送のみ)

1/15(月) ~ 1/19(金)〔必着〕
 

試験科目
 
 適性検査(90分/国語・英語・数学)
集合・開始時刻
集合 9:00 開始 9:30
 

合格発表
 

1/22(月)
16:00 ~ 17:00
本校窓口
 

入学手続
書類交付

 
入学手続
(入学金振込期限)
1/24(水)まで 
公立高校一般入試第1回の 合格発表日の翌銀行営業日まで、入学金振込を延期できます

【県別入学手続き締切日】
埼玉3/12 千葉3/8  茨城3/15
 

【納入金】入学金:250,000円(銀行窓口での振込に限ります)
 
一般入試
参考受験

2/11(日) 集合 8:15 国語・英語・数学(各50分)
 

■推薦入試に出願される場合、事前に個別相談を経た上で「エントリーカード」の提出が必要です。

 

一般入試

 
入試種別
一般入試
 

一般入試 第1回
 
一般入試 第2回
入試日
2/10(土)
 
2/11(日)
募集定員
70名
 
20名
出願資格
  ・2018年3月に中学校卒業見込の者
  ・2017年3月に中学校を卒業した者
  ・公立併願優遇制度についてはその基準を満たす者
 

・第1志望優遇制度あり
・東京都・神奈川県の受験生には公立併願優遇制度あり
    
・第1回入試において申請かつ受験した者に限り、第1志望優遇制度あり
Web出願事前入力
・受験料払込期間

1/4(木)〔0:00〕~ 2/8(木)〔16:00〕
※ただし、公立併願優遇制度出願者は
1/4(木)〔0:00〕~ 1/30(火)〔16:00〕
 
1/4(木)〔0:00〕~ 2/9(金)〔16:00〕
受験料
22,000円 
〔クレジットカード決済、コンビニエンスストア支払、金融機関ATM(ペイジー)払込にて〕
※同時に2回分の出願をする場合は、1回分の受験料で受験可能です
 
出願書類
・志願票 (Web出願サイトより印刷)
・調査書(私立中高協会統一様式または公立高校様式)
 
出願書類郵送期間
(郵送のみ)

1/25(木) ~ 2/9(金)〔必着〕
※ただし、公立併願優遇制度出願者は
 1/25(木) ~ 1/31(水)〔必着〕
 
 1/25(木) ~ 2/10(土)〔必着〕
試験科目 
国語・英語・数学(各50分)
 
集合・開始時刻
集合 8:15 開始 8:30
 
合格発表
2/10(土)
20:30 ~ 21:30
インターネット発表
 
2/11(日)
20:30 ~ 21:30
インターネット発表
入学手続書類
交付

2/12(月)
14:00 ~ 15:30
合格書・手続書類交付
本校窓口
 
入学手続
(入学金振込期限)

2/14(水)まで
 

 公立併願延納制度利用者は、公立高校一般入試第1回の合格発表
 日の翌銀行営業日まで、入学金振込を延期できます

【都県別入学手続き締切日】
東京3/2 埼玉3/12 千葉3/8 神奈川2/28 茨城3/15
 

【納入金】入学金:250,000円(銀行窓口での振込に限ります)
 

■一般入試の第1志望優遇制度は、本校を第1志望とする受験生の合格得点に配慮する制度です。出願時に申請が必要です。
■一般入試の公立併願優遇制度は東京都・神奈川県の受験生対象の制度で、国・公立高校を第1志望とし、本校が第2志望の受験生に対し、  内申点を参考に合格点に配慮する制度です。第1回入試に限ります。事前に個別相談を経た上で「エントリーカード」の提出が必要です。基準は公立併願推薦と同じです。