1. トップページ >
  2. 国際教育・異文化体験旅行「オレゴンサマープログラム」(アメリカ)に行ってきました

国際教育・異文化体験旅行「オレゴンサマープログラム」(アメリカ)に行ってきました

7月25日~8月8日の2週間、アメリカ合衆国オレゴン州を訪ねる「オレゴンサマープログラム」を実施しました。今年は高校1、2年生合わせて43名の生徒たちが参加しました。このプログラムの目的は、ホームステイを通してアメリカの文化に触れること、また、英語を自ら積極的に発信することによってコミュニケーションを図ることです。

平日の午前中は、3クラスに分かれて英会話を中心とした授業を受け、午後は観光やラフティングなどのフィールドトリップを中心に過ごします。また、週末はホストファミリーと終日過ごすというプログラムです。

1

  

初日は、9時間のフライトの後、ポートランド市内観光、そして、ホストファミリーとの初対面となりましたが、疲労と緊張からか生徒たちの笑顔もままならず、正直コミュニケーションを積極的に図るという感じではありませんでした。しかし、家から授業への送り迎えや日ごろの家庭生活を通して少しずつ慣れていき、自らコミュニケーションを図りながら楽しそうに会話をする姿が日に日に見られるようになりました。特に週末の生活では、ホストファミリーと一緒にキャンプに行って大自然の中での生活を体験したり、ポートランド市内のフェスティバルでアメリカの文化に触れたり、ショッピングモールで一緒にお土産を選んだりしながら、それぞれが充実した日々を過ごし、さらにホストファミリーとの関係を深められたようです。

 

2  3

 

そして、あっという間に2週間の時が流れ、最終日には、涙を流してホストファミリーとの別れを名残惜しむ姿が見られました。

  

参加した生徒たちは、プログラムを終えて日本に帰国した今、オレゴンでの様々な思い出を懐かしむ日々を送っていることと思います。2週間を通して得た貴重な経験は、楽しかったことや大変だったことの全てが生徒たちの今後の生活に良い影響を与えてくれるであろうと思います。