1. トップページ >
  2. 高校1年生 「学祖の日」の行事を行いました

高校1年生 「学祖の日」の行事を行いました

本校では、創立者である井上円了博士の命日月である6月に「学祖の日」の行事を設置し、本校の教育の原点に触れる機会としています。

今年度は、6月5日(月)1時間目に、東洋大学法学部法律学科の朝倉輝一教授をお招きし、「学祖井上円了の経歴と学び伝えてきた哲学」と題するご講演をいただきました。明治維新の中、世は実学を奨励し法学を学ぶ学校を創立する中、なぜ井上円了が哲学にこだわったのか、どのような思いからなのかなどについて、具体例を挙げながらお話しいただきました。

生徒たちも少しずつ学祖の思いに近づくことができたと思います。生徒たちは、最後に、朝倉教授を通して以下のような井上円了からのメッセージを受け取りました。この思いを胸に、本校での3年間を充実したものとするとともに、今回感じたことを将来に活かしていってほしいと願います。

 

「さまざまな目の前で起こる出来事を、その場の感情や思い込み、あるいは他人がそう言っているからといってわかった気になることからいったん離れて、“本当”を根底まで探ること、そしてその時に出会う本当の不思議を大切にすること。」

学祖の日