1. トップページ
  2. 東洋大学出版会
  3. 【書籍紹介】髙畠純夫先生が『ペロポネソス戦争』を出版しました
MENU CLOSE

【書籍紹介】髙畠純夫先生が『ペロポネソス戦争』を出版しました

  • English
  • 日本語

ペロポネソス戦争

ペロポネソス戦争【目次情報】
    第一章 アルキダモスの苦悩
    第二章 プラタイアの場合
    第三章 アテナイ開戦
    第四章 ペリクレスの思い
    第五章 ミュティレネの場合
    第六章 ケルキュラの場合
    第七章 シケリア遠征
    終章   結末
ペロポネソス戦争は、二十七年間にわたってギリシア世界(ポリスの世界)のあちこちでさまざまな形で戦いが繰り広げられた戦争であった。陰に陽に、当時のギリシア人の生活を規定し、種々の行動を生み出す背景となった。この戦争を伝える同時代の歴史家トゥキュディデスの一書は、そうした行動とその結果を詳細に描き出している。本書ではトゥキュディデスを深く読むことによって、そこに語られるエピソードを再構成し、それにかかわる人間の心理を推測するとともに、その背景にあるポリスのあり方を探り出す。






【著者履歴】 髙畠純夫(たかばたけ・すみお)

東洋大学文学部教授。1954年生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。富山医科薬科大学助教授、東洋大学文学部助教授を経て、2002年より現職。専攻は古代ギリシア史。著書に『アンティポン/アンドキデス弁論集』(訳・註解、2002年、京都大学学術出版会)、『アンティフォンとその時代』(2011年、東海大学出版会)、『古代ギリシアの思想家たち』(2014年、山川出版社)