スマートフォン向け表示
  1. 東洋大学 スポーツ
  2. 陸上競技部長距離部門 第94回箱根駅伝壮行会を開催しました(動画公開中)
メニュー
東洋大学 スポーツ
Facebook
SPORTS 東洋大学
スポーツ東洋

陸上競技部長距離部門 第94回箱根駅伝壮行会を開催しました(動画公開中)

第94回箱根駅伝壮行会 集合写真

”鉄紺Days"最終日の12月11日(月)、井上円了ホールにおいて開催

2017年12月11日(月)、白山キャンパス井上円了ホールにおいて、第94回箱根駅伝に出場する陸上競技部長距離部門の壮行会を開催しました。壮行会の模様は、朝霞、川越、板倉、赤羽台キャンパスに同時中継され、学生や教職員、卒業生、地域の方々など、全キャンパスに総勢1,003名が集まりました。

壮行会では、酒井俊幸監督、谷川嘉朗コーチの挨拶に続き、箱根駅伝エントリー選手とマネージャーが、それぞれ箱根駅伝に向けて意気込みを語りました。

■酒井監督

「私はこの中から必ずヒーローが出ると思っています。今回のエントリーメンバーは、1・2年生12名、3年生3名、4年生1名と、これまでとは違う構成ですが、箱根で活躍できる選手、また卒業後も実業団等で活躍していける若手の選手たちばかりです。下級生もしっかりとトレーニングを積んでいます。今回の箱根駅伝は、10年連続3位以内のかかった節目の大会となります。最低でも3位以内。あくまでも王座奪還を狙って、東洋らしい攻めの駅伝を目指していきたいと思いますので、大会当日はぜひ熱いご声援をお願いいたします」

■駅伝主将 小笹椋選手(経済学部3年)

「箱根駅伝では優勝争いをしながら、最低でも3位以内を目指して、チーム一丸となって頑張ります」

酒井監督小笹選手

ステージに登壇した監督、コーチ、選手たちに、会場からは大きな拍手と声援が送られました。

最後に各キャンパスの学生による寄せ書きで埋め尽くされた横断幕が選手たちに手渡され、応援指導部による校歌・応援歌・エールで会場が一つになりました。

箱根駅伝の大会当日も、皆さんの熱い声援と鉄紺色で、沿道を染めましょう!

 

動画

当日の様子を動画公開中です。

皆様の応援をお届けしました

応援総数応援する気持ちの分だけボタンを押していただく「応援ボタン」企画を鉄紺Days特設サイトで実施してまいりました。
壮行会開催直前の12月11日午前11時までの集計値として「135,006」の応援が集まりましたので、この応援総数を酒井監督にお届けしました。

この応援ボタンは箱根駅伝復路のゴールまで実施しますので、引き続き皆様の熱い応援の気持ちをボタンに込めてください。